競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

宝塚記念 2018 出走予定馬:アルバート&藤岡康想定

time 2018/06/21

宝塚記念 2018 出走予定馬:アルバート&藤岡康想定

第59回 宝塚記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月24日()
コース:阪神芝内2200m

予想用・出走予定馬一覧

アルバート(藤岡康想定)

長距離界の雄、ステイヤーズステークス3連覇など重賞4勝の古豪アルバートが宝塚記念に出走予定だ。前走の天皇賞春では持ち場の長距離路線の大一番だったが結果は8着、涙を呑んだ。仕切り直して宝塚記念は中距離路線となるが、ここで真価を発揮できるか。

この馬の場合は顕著に基礎スピード面での不安がある馬なので、正直この宝塚記念の舞台でとなるとスローロンスパ以外は難しいと思っている。前半から上がったら個人的にはほぼノーチャンスかなと。理想的な展開を敢えて言えばラブリーデイが勝った年のようなL3最速で11.0から減速していくTS持続特化。高速馬場の方が阪神2200なら走りやすいと思っているので、あとは条件が揃ってくれば警戒したい。

ステイヤーズS(GII)1着

中山芝内3600m良 10頭8枠9番
3:43.0 62.2-101.4(FA12.68)-59.4 S^3
13.3-11.3-13.0-12.4-12.2-12.6-12.7-12.9-12.6-12.5-13.1-12.7-12.3-12.0-11.9-12.0-11.7-11.8

3連覇を成し遂げた昨年のステイヤーズSから振り返りたい。この時は結構高速状態で1000万下のマイルでも1:33.4で最速ラップがL2の11.0という感じ。その中でペースは一貫して超スローという流れからの5F戦でL1まで11秒台でまとめてきている。ステイヤー的な後半のポテンシャル特化戦とみていいだろう。

9番枠からやや出負け、押してポジションを取っていくが中団の後ろぐらいで進めていく。1周目は特に無理せず、フェイムゲームを視界に入れながらまずは余裕をもってゆったりと。2週目のスタンド前でフェイムの後ろで様子を窺いつつ向こう正面。特に動かずフェイムが3角辺りで動いていったのでその後ろ、外々から追走しながら2列目まで押し上げて直線。序盤でフェイムが抜けだしを狙うが許さず、並びかけてくる。L1で見事に競り落として3着以下は子ども扱い、堂々3連覇を果たした。

高速馬場ではあったと思うし、この馬自身も高速馬場の方が得意だとは思う。その中で後半の5F戦でL1を11.8でまとめてきたインパクトは小さくない。もちろんL3-2辺りでは11秒半ばの脚を使ってきているとは思うが、長く脚を使ってきているし、この展開でベストの競馬をしたフェイムゲームを差すというあたりからも長距離でのポテンシャル面の高さは疑う余地もない。ただし、前中盤は緩かったし、基礎スピードを全く問われない中山3600mという舞台だったことも大きいかなというのはある。

天皇賞春(GI)8着

京都芝外3200m良 17頭7枠14番
3:16.8(+0.6) 60.1-75.5(FA12.58)-60.6 M
13.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.4

天皇賞春はロスもかなり多かったのである程度仕方がないとはいえスマートレイアーにも差されたというのはちょっと不満かな。ペースは実は平均で少なくとも前半は2番手でみてもそこそこ速かった。中盤でヤマカツライデンだけリードを広げていてしかもヤマカツでみても緩めているので実質はもう少し顕著な中弛み。とはいえ前後半でフラットなように基礎スピード面をステイヤーズSと比べてかなり問われたことは間違いないだろう。

14番枠から五分には出た、という感じ。そこから促されるがやはりポジショニングで苦労して後方からの競馬になってしまう。スタンド前でも中団やや後方の外目を回しながら。向こう正面以降はヤマカツライデンが飛ばして割と中団列が雁行状態となる中でその一番外を回す形。3~4角でも結局大外をぶん回しての競馬で4角出口でしんどくなりながら直線。序盤ではまだ踏ん張って脚を使おうとしていたがさすがにL1で甘くなってスマートに差されての8着完敗。

もちろんかなりロスがあったことは間違いない。淀の長丁場で一番やってはいけない加速していく過程で4角で大外をぶん回す形。まだレースラップ的にはL2最速でそこまでL3は速くないのでマシだが、それでも6頭分ぐらい外となると話が変わってくると。ただ、もちろんポテンシャルで勝負しないといけない馬なのでこれで外から動いて甘くなった、というのはちょっと物足りないと思う。レースレベル的にも結構チャンスがあったと思っているので、ロスがあったのは確かでももうちょっと最後まで踏ん張ってほしかった。もしかしたらやはり前半そこそこ流れたことも影響したのかなと。

アルゼンチン共和国杯(GII)4着

東京芝2500m良 16頭6枠11番
2:30.7(+0.7) 60.4-59.2 S^1
7.4-11.3-11.2-12.2-12.1-12.3-12.2-12.1-11.8-11.8-11.9-11.6-12.1

個人的にはやはり4走前のアルゼンチン共和国杯が気になる負け方だった。ペースは1.2でややスローだが割と流れたほう。道中も終始12秒前半で進めて後半5Fの競馬からL2でもう一段。後半だけ見ればこの馬にとっては良い展開だったと感じるが、結果的にみても前半の基礎スピード面が課題だった可能性が高いなと。もちろん58.5kgのハンデも厳しかったとは思うが。

11番枠から坂スタートで五分のスタート、そこから無理せずじわっと追走で中団の外目で入っていく。道中も割と前がペースを作る中で中団の外で変わらず進めながら3角へ。3~4角でも中団外々でロスの多い競馬、中団の外で直線を迎える。序盤で追い出されてさすがの伸びを見せてきたがL2辺りで甘くなってソールインパクトとの差が詰まってこない。ラストは少しソールとの差も開いて4着と馬券圏外となった。

ここも外から勝ちに行く形でロス自体はあったと思うが、やはり前半でペースがある程度上がった時に後半のポテンシャルが削がれているなというのは感じる。実際ステイヤーズS、特に昨年の場合は外から5F戦で勝ちに行ってねじ伏せていること、しかも相手がフェイムゲームと考えるとかなり高いレベルでのポテンシャルを見せてきているといえる。しかし、このアルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャードはある程度仕方ないにせよ、ソールインパクトとの比較で甘くなってしまった。通したところの差はあるが、やはり前半の基礎スピード面で後半のポテンシャルが削がれていると考えるほうがいいのかなと。

2018宝塚記念への展望

高速馬場の方がいい、というのは一つある。持ち味はポテンシャルの高さにあるし、TS持続戦でも強いのはシュヴァルグランの2着となったアルゼンチン共和国杯でもダイヤモンドS勝ちでも見せている。高いパフォーマンスはいずれもゆったり入って後半勝負に特化しているときに限定されるし、そうであれば多少外を回しても構わない。が、前半から流れてしまうと持ち味である後半の末脚は引き出せない印象だ。これはTS持続戦でもポテンシャル戦でも、という感じ。瞬間的なトップスピードの質は足りないけどこの宝塚記念ではそこは問題ない。前半の基礎スピード面がはっきり不安、というだけなので逆に言えばスローになれば出し切りやすい宝塚記念、立ち回り次第でのチャンスはある程度あると。前走の天皇賞春もかなりロスの多い競馬になったのも事実。あとはここ2走を使ってきて感覚が半端に空いての宝塚記念、状態面がポイント。追い切りを見ると個人的には直前追いはあまりよくは感じなかった。1週前は悪くない感じだったのでその辺りをどう判断するかだろう。スローになったときの怖さはあるので、その辺も踏まえて。阪神2200なら個人的には高速馬場の方が断然いいと思う。そういう状況でバランス的にも顕著にスロー、内目からうまく立ち回ってくればのバテ差し一発は警戒しても良いかもしれない。もちろん高速馬場でも59秒台とかそうなってくると難しいので狙うとしたら顕著なスローになるというギャンブルができる状況かな。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中

サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。