競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

宝塚記念 2018 出走予定馬:ミッキーロケット&和田竜想定

time 2018/06/20

宝塚記念 2018 出走予定馬:ミッキーロケット&和田竜想定

第59回 宝塚記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月24日()
コース:阪神芝内2200m

予想用・出走予定馬一覧

ミッキーロケット(和田竜想定)

中日新聞杯で2着、今年は天皇賞春でも4着と善戦を果たしたミッキーロケットが宝塚記念に出走予定だ。3歳時にはサトノダイヤモンド相手に善戦した神戸新聞杯、明け4歳時に日経新春杯を制したところまでは良かったがそこからの物足りなさも事実。成層圏を突き抜けるほどの弾道で急浮上を果たせ。

競馬ブックの印を見る限りでは、前走の天皇賞春の評価が重要かなと感じる。個人的には今回の宝塚記念ではちょっと怖いなと思っている一頭なんだけど、天皇賞春は時計・ラップ的にみると意外と低調だった感じはある。復活というよりはうまくかみ合ったのとメンツに恵まれた感覚が強いかな。個人的には言うほどポテンシャル能力が高いというわけではなくて、全体の競馬に持ち込んだ方がいいタイプではあると思うしハイペースで流れたときには少し怖さはある。その点で少し渋ってハイペース、という中でまぎれてくればの一頭。

日経新春杯(GII)1着

京都芝外2400m稍 14頭4枠5番
2:25.7 60.2-60.9 M
12.8-11.5-11.3-12.2-12.4-12.3-12.3-12.5-12.0-12.5-11.8-12.1

思い出しておきたいのが昨年の日経新春杯勝ちかな。ペースは0.7でややハイに肉薄する平均。ラップ推移的にみて注目すべきなのは実はL2最速で12.5-11.8とL3の地点では少し息が入っているレベル。ここで前が落ちていて、この馬が馬なりで取り付いてきている感じなのでおそらくミッキーロケットはそこまで早く仕掛けているわけではないとみている。このレースではパワー型の基礎スピードが一番重要だったかなと。

5番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと馬なりで楽に好位を確保する。道中も離れた4番手ぐらいで進めて特に動きなく3角。3角で離れた3列目からじわっと外々、4角で馬なりで取り付いて2番手に押し上げて直線。序盤でもまだ仕掛けを待っていたが先に仕掛けたシャケトラに一瞬前に出られる。しかしそこからしぶとく踏ん張ってL1で差し返す形での勝利となった。

もちろんこの時点でもある程度そういう認識ではあったんだが、改めて考えてもこのレースで勝ち切れた要因はやっぱりポジショニングにあると思う。シャケトラが自身より後ろから先に仕掛けざるを得ない展開、こちらは馬なりで取り付く形だがL3の地点では前が減速しているだけでおそらくこの馬としてはまだ本仕掛けを待って直線に入れている形だと思う。シャケトラは先に仕掛け多分L2の地点での伸びは良かったが、L1で甘くなった。こちらは仕掛けを待つことができて2F戦に近い形でしぶとく粘り切ったとみることもできる。全体のペースをある程度引き上げて後半特化にせずに仕掛けを待てた。後の結果を見てもこのイメージは重要だと思っている。

日経新春杯(GII)4着

京都芝外2400m良 12頭6枠8番
2:27.2(+0.9) 62.0-59.4 S^3
12.9-11.4-11.7-13.0-13.0-12.6-12.3-12.5-12.3-11.6-11.4-11.6

その典型のレースとなったのが今年の日経新春杯。今年の場合は力の要る馬場という点ではある程度昨年と共通していたがペースが全く違うし、L3の段階で最速に近いラップを踏んでいるというのはある。トップスピード戦というには微妙なラップだが後半特化の競馬になったのは間違いのない事実かな。

8番枠からまずまずのスタートを切って先行策も取れたと思うが控えて好位。道中もドスローの流れで好位の中目でスペースを前に取りつつ、途中で外目に誘導して3角へ。3角で外から正攻法で上がっていき、4角では2列目外という位置になるがここでロスがあって直線。序盤で早々に手ごたえ微妙、L1まで良いところなく上位3頭からは離されて完敗の4着だった。

これがこの馬の今の現実ではあると思っている。後半勝負に特化して末脚で勝負するには明らかに足りない。トップスピード戦ならまだ中日新聞杯でもそれなりにやれてはいたが、低調なメンバー構成でのもの。昨年と違うのは全体のペースというのもあるがもう一つ決定的に違う面があって、前述している通りL3からそこそこ速かった。京都の外回りでL3地点は4角地点になる。外から押し上げていこうとするとロスが多くなるのだが、昨年はここの地点が12.5とレースラップで減速して遅かった。ただ今年の場合は11.6と加速していく過程でのもの。そこが違った中で外から動いて甘くなった。後半要素のポテンシャル面はこのレベルまでくると明確に足りないといって差し支えないと思っている。まあこのレースの前からそれはわかっていて、昨年の宝塚記念がスローロンスパの中で良さが出ていなかったからね。

天皇賞春(GI)4着

京都芝外3200m良 17頭1枠1番
3:16.2(+0.2) 60.1-75.5(FA12.58)-60.6 M
13.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.4

この天皇賞春の判断が難しいところだが、個人的な意見としては時計・ラップ的には平凡だったと思っている。1000万下の1400m戦で21秒は切っていたのでやや高速ぐらいにはあったと思うし、もちろんこれは単騎逃げ、実際は中盤少し緩んでいたとしても後半のラップが平凡だったというのは感じる。おそらくはやや中弛みからのポテンシャル戦だが、正直レベルは疑問があると思っている。

1番枠から五分には出てそこから押して先行策をとろうとするが外の各馬も主張するので好位ぐらいでまずは入っていく。スタンド前の段階では前にカレンミロティックを置いて好位の内内で我慢。1~2角で単騎逃げの状態になったヤマカツライデンに対して2列目以降はここで息を入れていたが後ろのまくりを誘発し、3角までには中団の内とポジションダウンにはなる。それでも3~4角でロスなく立ち回って中目を追走、4角で広がった2列目勢の後ろで我慢して直線。序盤で中目から内に切り込んで最高の形で2列目付近までくる。ただL1で甘くなって最後は3着争いまで。

3~4角でレースラップを刻む先頭の馬が加速していく中で後続が後ろから差を詰めてきていたと。その流れの中で好位の中目でロスなく立ち回って脚を温存というのは淀の外回りではかなり重要な立ち回りになったと思うしここはかみ合った。それに本仕掛けがL2で少し遅かったというのもこの馬としては良い材料だったはず。ただしL1では12.4と前も大きく落としているにもかかわらず差はつまらなかった。このあたりからも後半の決め手には欠けるが、前半中盤と流石にある程度流れていたことで各馬の末脚が削がれていた分と3~4角の立ち回りがこの馬にとっては追い風になったと見ている。この一戦を見ても全体でタイトに流れてしまってそこからの一足勝負が今は一番合っているというのは感じるかな。後半のポテンシャル、スローロンスパでは難しいと思う。

2018宝塚記念への展望

宝塚記念は基本的に2パターンが主流だと思っていて、ラブリーデイが勝ったときのようなTS持続特化の感じは例外的だと思う。一つは昨年のようなスローロンスパ、もう一つはマリアライトの年のような全体でペースが流れた中での消耗戦。この2パターンが主流で、この馬が得意なのはおそらく後者。もちろんそのパターンでもド不良だった昨年秋の天皇賞では崩れている。ただこの場合は脚を使えた動向もあるが3~4角で大外をぶん回しすぎてポジションダウンしているし、3着まで3~4角で内を通しているから何とも。ただ日経新春杯勝ちにせよ、前走の天皇賞春にせよ割と前後半でフラットな時に良さが出ているので前半の基礎スピードがこの馬にとっては武器になる。ここで後続の脚を削ぐ形になるのが理想で、全馬余力がある中だとトップスピード戦でも中日新聞杯では足りないし、ポテンシャル戦でも昨年の宝塚から明確に足りないと。ハイペースの中で無理なく好位~中団の流れに乗れたときに警戒が必要なタイプかなと思っている。バランス的にハイになりやすいので出来れば時計が掛かってほしいが、道悪自体が得意なわけではないので難しいところ。近走も高いパフォーマンスとは思っていないので、ひっかけるとしても3着ヒモまでという感じでいる。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中

サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。