競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関東オークス 2018 予想:本命02ララプリムヴェール

time 2018/06/13

川崎11R 関東オークス(JpnII) ダ2100m
馬場想定:稍~重、標準ダート想定

展開予想

まあかなり難解な一戦で、今年のメンバーなら南関勢もチャンスあるかも?というところで南関勢も東京プリンセス賞組でも強い2頭が不在。展開的にはララプリムヴェールがハナを狙うかなというところで外のクレイジーアクセルが主張してくると思うしクレイジーがハナを取る。それを行かせてララプリムヴェールが番手、メイショウヒサカタも先行策かな。外からプリンセスノンコ辺りは好位を狙いつつ。ペースはそんなに上がってこないかも。

 予想

02ララプリムヴェール
○13プリンセスノンコ
△03クレイジーアクセル
△04メイショウヒサカタ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ララプリムヴェール

中央勢が貧弱だけどその中ではこの馬になる。もちろんこの馬も危険な可能性は高いので馬券的には手を出したくないレースだが、前走の阪神1800m戦では不良馬場で48.3-52.3と超超ハイ、12.3-12.6-12.5-13.9-14.2と消耗戦の流れで好位外からハイペースに乗ってばてずに踏ん張っての勝利なので長距離向きという感じはしない。2走前の未勝利勝ちも50.9-50.9と平均ではあるが12.8-12.5-12.8-12.8-12.6-12.7と一応加速ラップをL2で踏んで番手から抜け出す競馬だが時計的にはインパクトは小さくラップ的にも川崎向きという感じではない。ただ他に比べれば2100mへの対応力はあると思うしハイペースへの対応ができたのでその流れになった時の不安は小さい。逆に包まれて動けないケースの方がいやかな。まあ、正直予想的にはこうだけど、馬券的に難しいレースだわ。

○プリンセスノンコ

う~んまあ、正直かなり悩んだというか決め手に欠ける馬ばかりで難しい。その中でこの馬を選んだのは後半勝負が未知数というのと、アネモネSが案外良かったというところかな。もちろん芝のレースなんだけど、出遅れて後ろからの競馬も外から押し上げながらそこそこなだれ込めたしこれなら距離も多少はこなせそうな感じはある。あとはもう正直レベル的に微妙過ぎてどこから入るか難しいのと展開も読みにくいので外枠からある程度ポジションを決められる、ルメールというぐらいしかない。本当に中央勢で川崎2100で面白い馬が少ないのがなあ。一応前走強いけど47.0-50.9と超超ハイで基礎スピードに特化、12.1-12.5-12.5-12.8-13.1と消耗する中で好位から食らいついての2着という内容だから、川崎みたいに緩い流れでコーナーごとに減速、直線ごとに加速が合うかまでは正直分からない。はっきり言って見したいレース。

△クレイジーアクセル

まあ川崎2100向きっていう感じが一番強いのは中央馬も含めてこの馬かな。2走前のつくし特別で52.6-51.0とかなりのスローからの13.2-12.9-13.1-12.1-12.9と2F戦でしっかりと一足を使って出し抜く競馬。ただ川崎だとその前に4F戦になってポテンシャルが問われることが多いしそこが不安材料かな。2走前にしたって2,3着以下をぶっちぎったわけではないのでレベル的にも微妙なところ。悪くはないんだけど穴人気しているし、中央勢が貧弱といっても押さえまでかな。

△メイショウヒサカタ

う~ん、この馬も消していいかなあと思ったけど、一応押さえておく。正直前走の兵庫CSの内容が悪いのでどうしてもこの距離でというのはあるが、中京1400の昇竜Sのパフォーマンス自体は高く好位から12.3-12.7-12.4-12.8とL2での加速ラップである程度動けていると。単純なパフォーマンスだけならこの馬が一番だと思っているけど、2100に関しては不安しかないし、この評価までかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[4.4.0.2]、2人気[3.1.1.5]、3人気[0.3.1.6]と1.2人気は安定した成績を残している。過去10年、上位人気馬が揃って馬券圏外を外すこともなく大荒れする傾向はない。ただ、12年マイネルスターリー(15人気3着)、08年グラスボンバー(12 人気3着)など二桁人気の伏兵が馬券圏に好走し3連単では10万馬券の立役者となっている。平均配当では、馬連1240円、3連複1万1500円、3連単4万7450円。

過去10年の優勝馬で、17年ダッシングブレイズ、15年エイシンヒカリ、14年ディサイファ、12年トーセンレーヴ、11年ダークシャドウ、08年サイライズマックスの6頭がエプソムCで初重賞制覇しているように、同レースで重賞初優勝馬となる馬も多く出ている。また、エイシンヒカリ、ディサイファはその後も活躍し重賞4勝の成績を残している。

昨年のダービー以来となる重賞3勝のスマートオーディンが同レースで復帰。その他、サトノアーサー、ダイワキャグニーなどが出走。今年のメンバー構成では抜けた馬もおらず混戦模様。実は「今のデキなら勝てる」と豪語する、とある陣営からの勝負情報を独占入手!さらに、人気薄確実な穴馬の激走情報も緊急入手!週末の情報は絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。