競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

ユニコーンステークス 2018 出走予定馬:ハヤブサマカオー&石川裕想定

time 2018/06/13

ユニコーンステークス 2018 出走予定馬:ハヤブサマカオー&石川裕想定

第23回 ユニコーンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年6月17日()
コース:東京ダ1600m

予想用・出走予定馬一覧

ハヤブサマカオー(石川裕想定)

新馬戦、なでしこ賞、兵庫ジュニアグランプリと無傷の3連勝を果たしていたハヤブサマカオーが復権を賭けてユニコーンステークスに出走予定だ。ただマイルの全日本2歳優駿では10着惨敗、前走の端午ステークスでも9着と結果を残せず。新馬は1700mで圧勝しただけに、マイルの舞台で何とか浮上のきっかけをつかみたい。

う~ん…新馬戦の感じからももうちょっとやれていいと思っているんだけど、正直全日本2歳優駿、端午Sの内容が悪いのは気になるね。ダート路線でかなり期待していた一頭なんだけど、ここ2走をどう評価するか。

兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)1着

園田ダ1400m良 12頭6枠8番
1:27.8 (4-3F 48.8-39.0)(FA12.2-13.0)

レースラップが無いので難しいがとりあえず兵庫ジュニアグランプリから見ていこう。細かいラップは分からんが、この馬の上がり3Fから逆算してペースバランスでみるとおそらく超ハイぐらいまで行く(前半3FをFAから36.6と仮定して36.6-39.0)。まあもちろん概算だけどハイペースは間違いないところ。

8番枠から五分のスタート、そこから楽に二の足でハナを取り切り主導権を握る。向こう正面でも楽な手ごたえで進めていて2列目が突いてくるので手を動かして恐らくペースを落とさず3角へ。3~4角でも押して追走、外から絡んでくるアスターソードとのたたき合いをしっかりと退け3着以下は突き放した。

ここではしっかりと逃げ切ってきたが相手関係は結果的にみると楽だったかもしれない。アスターソードなんかはその後あんまり結果が出ていないし、中央勢もいまいちだからね。基礎スピードで押し切る形で結果を出したとは言えるかもしれないけど、この一戦をそこまで評価はできないかな。

端午ステークス(OP)9着

京都ダ1400m良 12頭6枠7番
1:26.2(+1.1) 34.4-38.6 H^4
11.8-10.9-11.7-12.1-12.1-13.3-13.2

前走の端午Sでは惨敗を喫した。1400mでも芝スタートでみての通り4.2と超超ハイ。ラップ推移的にみても全く淀みない流れで厳しい形となっている。

7番枠から五分のスタート、そこから促して前に入っていくだけのテンのスピードは見せる。ただそこから前2頭が速いので控えて2列目の後ろで前にスペースを保って3角。3~4角で最内で進めていくが手ごたえがない。4角でパンと合図があって追い出されているが食らいつくのがやっと。直線で手前も換えず、それでも2列目に食らいついていたがL1で失速した。

ここでは芝スタートでついていくこと自体はできたけど、多分これだとオーバーペースになってしまったかなという感はある。ただ4走前のなでしこ賞でかなり強かったことを考えると、シンプルに力の要る馬場が合わなかったのかもしれない。力の要る馬場だと脚を削がれてしまうが、軽い馬場の方がいいのかなという感じはする。

全日本2歳優駿(JpnI)

川崎ダ1600m良 13頭2枠2番
1:43.7(+2.1) 50.3-51.3 H^1
12.5-11.4-12.5-13.9-11.8-12.7-13.9-12.9

全日本2歳優駿では前半から流れに乗ったといってもそこまで速い流れでもない中で後半のロンスパの競馬で甘くなったとみるほうがいいかもしれない。1秒程度のハイで川崎マイルとしては割とゆったりしたほうだしね。

2番枠からまずまずのスタートを切ってそこから先行策、外からサザンヴィグラスが来たので行かせて番手とまずまずいい入り方。向こう正面に入ってからのロンスパの流れで番手で押しながらだが3角辺りから手ごたえ怪しくなって4角出口で後続に取り付かれて直線。そこからは失速した。

川崎なので上げたり下げたり、というトリッキーな競馬にはなっているが本質はL4からのロンスパではあるので後半で長く脚を使う形になって甘くなるのが早かったと考えるべきかなと。基礎スピードで単調に押し切る形で良さが出たなでしこ賞、兵庫JGで結果を出した、新馬があるのでややこしいが前半のスピード色が勝っている感が強い。

2018ユニコーンステークスへの展望

新馬が強かったのでイメージが違ったが、新馬戦はもしかしたら低レベルだったかも。古馬の500万下でも1:44.9が出ていたし、まあ突き放していたにせよ2着も1:45.6。3歳未勝利と同レベルなので悪くはないんだがラップ推移的には特に目立ったところもない。突き放しているので評価できると思っていたけど、あまり後半勝負が合っているタイプではないのかなと。2走前の全日本2歳優駿の負け方が酷かったし、ロンスパで4F戦では甘くなるのが非常に速かった。適性的にみると基礎スピードは本来ある程度高いレベルにあるし、おそらく仕掛けを待ちたいタイプ、或いは単調な競馬がいいと思うので、府中なら前半ハイ、中盤緩い流れからのL2最速戦になりやすいのでその点は悪くないかもしれない。それと軽い馬場で結果が出ている印象が強いので道悪になればなでしこ賞のような競馬も期待できるか。ただ基礎スピードだけで押し切るのは難しい府中マイルだし、緩めたとしても速い脚を使える保証はこれまでの内容からも疑問符が付く。雨が降って高速馬場なら少し浮上も個人的には様子を見たい一戦かな。本賞金900万組のメンツに依るし今の時点では消すかどうかまではまだ何とも言えない。が、今の時点でもグリムやルヴァンスレーヴ以上の評価をするのは難しいだろう。あっても3着ヒモ穴で押さえるところまで。

PR )*ユニコーンS*今年も指数上位馬が狙い目!!

1996年に創設されたユニコーンS
創設された当初は、ダート3冠の1冠でしたが、
2001年以降ジャパンダートダービーの前哨戦となりました。

タイキシャトルアグネスデジタルカネヒキリG1馬を輩出!

今年で23回目を迎えるユニコーンS」。
見逃せない一戦ですね!!

人気を集めているのは・・・
スマハマ、レピアーウィット、ドンフォルティス

といったところでしょうか。
人気馬はしっかりと抑えておきたいです。

最近、友人に流行の指数サイトを教えてもらって…先週、見事に的中しました!
今までマイナス収支ばかりで落ち込んでいたのですが・・・
この指数サイトに出会えてからやっとプラス収支が少しづつ出るようになってきました。
教えてくれた友人に感謝です。
このまま自分の予想だけを信じて馬券を買っていたら破滅していたかもしれません。。
指数サイトに頼ってみるのも有りですね。

ー無料登録はコチラをクリックー
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

昨年のユニコーンSの指数及び結果です。

赤文字の数値が低いのが人気馬です。指数30以下をチェック!
オススメの買い方は、指数上位4~6頭に注目してボックス買いをするだけ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎23,310円プラス収支◎
3連単の4頭ボックスで買っていたら点数は24点。
各100円だったら投資金額は2,400円。
25,710円の払い戻し金がくるので23,310円のプラス収支が出ます。

◎233,100円プラス収支◎
各1,000円だったら投資金額は24,000円ですが、
257,100円払い戻し金が来るので233,100円のプラス収支が出ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

指数人気馬のボックス買いは夢があります。

指数サイトの【うまコラボ】では運営の北条氏が週末に予想をアップしていて、
これがまた参考になる情報を出しているので皆さんにも是非見てもらいたいです!

無料登録で1R~6Rの指数予想が見れて過去の指数結果のデータも見れますよ。
うまコラボでしか出せない指数予想をチェック!

2年連続で指数上位馬が絡んでいる「ユニコーンS」。
指数を使って予想精度を上げて馬券的中の道を目指しませんか?

ーユニコーンSの予想を見るー
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。