競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エプソムカップ 2018 出走予定馬:スマートオーディン&武豊想定

time 2018/06/06

エプソムカップ 2018 出走予定馬:スマートオーディン&武豊想定

第35回 エプソムカップ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年6月10日()
コース:東京1800m

予想用・出走予定馬一覧

スマートオーディン(武豊想定)

マカヒキ世代の実力馬、東京スポーツ杯2歳ステークス・毎日杯と重賞3勝馬スマートオーディンがエプソムカップに出走予定だ。脚部不安もありダービー以降はここまで長引いてしまったが素質の高さは証明済み。4歳世代が活躍する中、先輩の意地を見せてもらいたいところだが、まずは無事走れるところを見せたい。

池江師のコメントや調整過程からも万全には遠いのかなという気はしている。万全としてみたときに、力自体はあるがスロー専用機っぽい感覚でもあるので、その辺がこのメンバー構成でどうか。前半は落ち着く可能性も高いのでそうなればかな。

毎日杯(GIII)1着

阪神芝外1800m良 10頭8枠10番
1:47.3 48.9-48.1 S^1
12.6-11.5-12.2-12.6-12.7-12.4-11.3-10.6-11.4

まずは1800の毎日杯から見ていきたい。ペースはややスローでそこからの3F勝負だが、中盤が極端に緩くL2最速10.6とトップスピードの質の高さをかなり要求されていると。

10番枠からやや出負けという感じ、そこから無理はせずに後方で進めていく。道中も少し掛かり気味だが壁を作りつつ後方で3角。3~4角でも楽な手ごたえで外目を回しつつ持ったままで直線。序盤で一気に切れて2馬身差を一気にとらえて先頭列に並びかける。L1で内で踏ん張るアーバンキッドをしっかりと競り落とした。

ここでは緩い流れで3~4角でもそんなに上がってこなかったし、その流れで外から勢いをつけて直線に入ってきたのもあってL2の最速地点でのキレで上回ってきたのはある。ただ相手もアーバンキッドやタイセイサミット、ロワアブソリューとトップスピード戦で結構強敵といっていい相手なので、素材的に上回ってきている以上、トップスピードの質はかなり高いレベルにあるとは思っている。重賞3勝は伊達ではないはず。

共同通信杯(GIII)6着

東京芝1800m稍 10頭1枠1番
1:48.7(+1.3) 47.9-47.4 M
12.7-11.3-11.8-12.1-12.1-11.8-11.5-11.8-12.3

ただその前の共同通信杯では伸びを欠いていた。稍重で標準馬場ぐらいだったと思うが、ペースは平均で流れたこともありL3最速11.5と速いラップを要求されなかった。基礎スピード面、後半のポテンシャルというところを総合的に問われた一戦で良さが出なかったといえる。

1番枠から五分のスタート、そこから掛かりながらでコントロールしつつ2列目のポケット。3角手前ぐらいでは落ち着いてそこから外目に誘導しながら直線。序盤で追い出されるが反応に乏しくふらつき、L2では後退気味。ラストまで良いところなくの完敗だった。

ディーマジェスティが後に皐月賞を制しているし、展開的にみてもおそらくそこそこ厳しい流れだったと思う。そのなかで掛かりながら前目に入ってしまったのも影響したと思うが鋭さを全く引き出すことができなかったことからも基礎スピード面で強気にはなれないかなと。

東京スポーツ杯2歳S(GIII)1着

東京芝1800m良 11頭8枠10番
1:49.5 49.3-47.1 S^2
12.9-11.7-12.3-12.4-13.1-13.4-11.5-10.9-11.3

東スポ杯を振り返っておきたい。府中の1800でベストバウトはこれ。見ての通り中盤で13.1-13.4と非常に緩く、そこから11.5-10.9と一気に加速するギアチェンジ面を問われている。

10番枠から出負けして二の足もつかずに後方からの競馬となる。ただ道中前もペースが遅くドスローなので団子状態のの後方馬群の中目で折り合いを意識して3角へ。3~4角でも後方馬群の後ろで外目から進出の機会を待つ。4角でも持ったまま直線へ。序盤で大外だが少し接触、立て直してL2の最速地点でしパッと切れてここで一気に先頭列に近いところまでくる。そのまま各馬を飲み込んだ。

府中ですごいなというのはこのL2の坂の上りでの瞬間的な切れ味。レースラップでも10.9なのでここで10秒台半ばを確実としているように、瞬間的なトップスピードの質は間違いないし、これを坂の上りでできる。この辺からも本来は府中適性が高そうな馬で、共同通信杯の場合は末脚を直線に瞬間的に爆発出来ず、1800mの距離全体の競馬になったことで末脚をそがれたとみるのが妥当だろうと。スロー専用の可能性が極めて高いタイプ。

2018エプソムカップへの展望

まずは状態面がまともかどうか…流石にいいころを期待するのは簡単ではないかな。まあ直前で追い切りを見たいところだが、坂路ばかりでの調整となっているのは気になる。23日が53.0-38.3-12.2でラストをしっかりと引き出してきているし、30日がラストを落としたとはいえ51.0の時計。ただこれでもこの馬はチップで走る馬なので2,3歳時と比べても良いとまでは言えない。常識的に考えれば非社台系で外厩が整っていない中でこれだけの調整過程でいきなりというのは考えにくい。馬券的にどうかはともかく、全盛期ですごかったのはトップスピードの質とギアチェンジ。逆にゲートが不安定だし折り合い面での不安も多く、また基礎スピードが高いわけでもないのでこのレベルでペースが上がってしまうと不安が多い。高速馬場でこその馬だと思うので、雨が降ってしまうと前がペースを引き上げて共同通信杯的な感じになる可能性も高くなる。良馬場でスローペースなら切れ味炸裂…というところだが、マイネルミラノがレースを作って分散してくると微妙なラインでもある。総合的にみて消すのが得策かな。ただどこかで復活してほしい馬だけどね…。トップスピードの質だけならトップレベルでも通用する馬だと思うし。

―――――――――――――――――――――――――
今週の勝負はエプソムC・マーメイドSではない!
―――――――――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼

【 日曜後半 】
重賞よりもさらに大きく狙える条件戦があった!!
―――――――――――――――――――――――――

クラス再編成直後の今だから
盲点になっている超伏兵がいる!

―――――――――――――――――――――――――

情報通り決まれば3連単大万馬券も!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日曜後半】大万馬券も狙える衝撃情報を『特別無料』で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆この春のハイシーズンも多数の高配当をお届け中!!

2回東京11日目9R
9万4680円的中

3回京都1日目3R
6万7370円的中

1回新潟5日目11R
4万5350円的中

1回新潟6日目2R
4万0400円的中

2回東京2日目1R
3万9050円的中

1回新潟6日目8R
3万8370円的中

2回東京7日目4R
3万6120円的中

3回阪神1日目1R
3万3090円的中

2回東京6日目7R
2万9340円的中

1回新潟3日目9R
2万2830円的中

2回東京6日目11R
2万1840円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日曜後半の大万馬券も狙える衝撃情報はコチラから!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。