競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

安田記念 2018 出走予定馬:サトノアレス&蛯名確定

time 2018/06/01

安田記念 2018 出走予定馬:サトノアレス&蛯名確定

第68回 安田記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月3日()
コース:東京1600m

予想用・出走予定馬一覧

サトノアレス(蛯名確定)

一昨年の2歳王者、重賞でも善戦を続けている実力馬サトノアレスが安田記念に出走予定だ。今年も東京新聞杯2着、京王杯スプリングカップ3着と府中の重賞戦線で健闘を続けているがあと一歩の甘さも露呈。2歳王者の意地を見せ、府中のマイルで久々の勝利の美酒を浴びたい。

何か決定的な弱点があるというわけではないんだが、マイル前後でも決定的な武器がないなというのが正直なところかな。前走の京王杯で時計的なめどを立ててきたのは大きいし、ここでも怖さはあるが強敵が揃ってきたので相手関係と枠次第。

東京新聞杯(GIII)2着

東京芝1600m良 16頭2枠3番
1:34.3(+0.2) 47.6-46.5 S^1
12.4-11.4-11.6-12.2-12.4-11.1-11.0-12.0

2走前の東京新聞杯2着から振り返りたい。少し力の要る馬場でペースはややスローだが中盤で緩みがあってそこからのL2最速11.0。ただL3で11.1と最速に近いし仕掛けが早いのと、12.4-11.1とギアチェンジそのものは問われているというところで、割と後半の総合力勝負という感じ。

3番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方馬群の内内で進めてアドマイヤリードの後ろ、前に少しスペースを置いて3角。3~4角でも後方内内で我慢、ここで前が緩めて凝縮してくる中で差を詰めながら後方の内を取り切る。序盤でそこから最内のスペースを突いて中団まで押し上げ、L2では2列目に近いところまでくる。L1では外のダイワキャグニーとの戦いを制したがリスグラシューとの差は詰まらずの2着完敗。

内からうまく器用に立ち回れたし、12.4-11.1と加速していく地点ですっと動けたようにギアチェンジは高い。一方でL2までは良い脚を使っていたがL1でリスグラシューを詰めるところまではいかなかった。瞬間的な切れ味は高いレベルだけど、TS持続力に関してはトップレベルと比べるとちょっと見劣るなというのが正直ところ。

京王杯スプリングC(GII)3着

東京芝1400m良 18頭1枠1番
1:19.5(+0.0) 34.2-34.1 M
12.3-10.9-11.0-11.2-11.2-11.2-11.7

前走の京王杯スプリングCでは1400で結構流れた中でもしっかりと脚を使えたのは評価できる。自身では35.6-32.7とかなりの後傾バランスでトップスピードの質・持続力を高めてきたなというのはあるが。それでも詰めの甘さは露呈してしまった。

1番枠から出負けして後方からの競馬。そのまま道中も後方内内で進めていたが淡々とした流れなので割と縦長で前にスペースを取れた状態、このスペースを3~4角で最内を通しながら差を詰め、4角でもロスを最小限にしながらうまく外に誘導して後方で直線。序盤でそこから追い出されてダンスディレクターを楽に交わしてここで切れる。L2でそのまま2列目、L1で飲み込みたかったが最後はジリジリでムーンクエイクに及ばず、2着も確保できなかった。

3角地点が速いラップで、ここでロスなく立ち回れた分が直線での伸びにつながったと思っているので、内容的にみるとロスの多かったキャンベルジュニアの方が強い競馬をしているかなとは感じる。ただここでトップスピードの質の高さを見せてきていて、直線の速い段階でのキレは流石だった。この感じだと1200ぐらいでも高速馬場ならやれそうな競馬だったかなと。逆にマイルだとどうしても出負けして後ろからすべてまとめてといえるほどの武器がなく、ギアチェンジやトップスピードの質は結構いいものを持っていてもTS持続が物足りないか。

キャピタルS(OP)2着

東京芝1600m良 18頭1枠2番
1:32.6(+0.0) 46.9-45.7 S^1
12.4-11.2-11.6-11.7-11.5-11.3-11.4-11.5

3走前のキャピタルSでもダイワキャグニー相手に悪くはないが届かずの2着。ペースは1.2でスロー、前半が遅く中盤以降はそうでもなく、L3最速なので3~4角での立ち回りは結構重要だった。

2番枠から五分には出てそこから無理せず楽に好位の内内を確保する。3~4角でも好位4列目の内でひっそりと立ち回って直線。序盤でうまくスペースをさばきながら3列目、L2でするっと伸びて2列目から抜け出してダイワに襲い掛かるがL1で詰め切れないままの2着だった。

3着以下は完封できているし、ゲートもここ2走よりはいいので悪くはないが、スローの流れの中でうまく4列目と良い位置をとってロスなく立ち回って直線中盤までは切れたとなると、やっぱりL1の伸びきれなさが目立ってしまうかなという感じはある。マイルはこのレベルまでくるとちょっと長いかも?というのは感じるところかな。

2018安田記念への展望

一つはやはりゲートが拙い。基本的には出負けするという意識でないといけないので、そこから末脚勝負で突っ込んで来れるメンツかどうか、またある程度どこかでポジションを押し上げるチャンスがあるのかどうか。このあたりを見て判断しないといけない。少なくともスローの決め手勝負だった東京新聞杯ではうまく立ち回った中でラストが甘かった。ここ2走要所の切れは優位性を持てていたが、キャピタルSも含めてL1はちょっと甘くなっているし末脚の絶対量はトップレベル相手には足りない。また前走の京王杯SCにしたって内をうまくロスなく立ち回れていたのはある。このあたりがかみ合ってこないとという感じ。内枠から何とかゲートを出るか、どこかで取り付けないと難しいと思うしそれならそれでスワーヴやリアルスティール辺りも前半無理なく入れば対応できるので強敵も多くなってくる。現状どういう展開になったとしてもゲートの拙さ、TS持続がちょっと甘いとなると強くは狙えないか。3着ヒモまでで、消す可能性も枠次第では十分にある一頭。

◆◆この勢いは止まらない!ただいまGI4連勝中◆◆
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイルC】 2万1840円的中
【ヴィクトリアM】   8850円的中
【オークス】      3360円的中
【日本ダービー】    7950円的中
―――――――――――――――――――――――――

5週連続東京GI完全制覇は目前!

もちろん今週の安田記念もお任せください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
情報通りに決まれば3連単なら300倍超も!
―――――――――――――――――――――――――
スワーヴリチャードに迫る超穴馬は必見!

【絞りに絞った3頭】無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。