競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

鳴尾記念 2018 出走予定馬:トリコロールブルー&岩田想定

time 2018/05/29

鳴尾記念 2018 出走予定馬:トリコロールブルー&岩田想定

第71回 鳴尾記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年6月2日()
コース:阪神芝内2000m

予想用・出走予定馬一覧

トリコロールブルー(岩田想定)

4歳世代から今年は飛鳥ステークス、大阪城ステークスと連勝のトリコロールブルーが鳴尾記念に出走予定だ。ここ2走はワンターンの1800mで結果を出してきたが、強敵相手に阪神内回りの2000m、1周コースという舞台がカギになる。相手も強敵が揃ったが、厳しい流れの中でも末脚を引き出せるか?

前半の基礎スピード面の課題は青葉賞の感じからは残っているかな。前走は好時計だが明確にスローで高速馬場でもあった。まだ今の段階ではあてにしづらい面が強い。

大阪城ステークス(OP)1着

阪神芝外1800m良 12頭2枠2番
1:45.3 47.4-45.7 S^2
12.7-11.1-11.4-12.2-12.2-11.8-11.5-10.7-11.7

まずは前走の大阪城Sから。1:45.3となかなかの好時計だが顕著に高速馬場。実際ペースバランスでみても1.7でかなりのスロー、そこからのL2最速10.7なので後半のトップスピード戦となっている。

2番枠から五分には出て、そこからじわっと促しつつ中団馬群の内目に入っていく。道中も前にグァンチャーレを見るような感じでかつ前にスペースを置いて良い感じで3角へ。3~4角でも最内を立ち回って前のグァンチャーレを目標にしながらだが詰まりそうなので外目に誘導。序盤で待たされながらも進路を確保しきって2列目。L1で内から抜け出しかけたグァンチャーレの外からしぶとく伸びて競り落とした。

この展開でグァンチャーレを撃破できたのは大きいし、トップスピードの質・持続力の両面で高いレベルのものを見せてきたといっていいだろう。ゲート自体はそこまでよくはなかったが五分に近いレベルで出ていた。内から外への誘導で直線で待たされてL2最速地点への入り方もそこまでよくなかった中で決め手でグァンチャーレに勝ったのはやはり価値がある。こういう競馬なら重賞でもメンツ次第でという感じは受けた。

飛鳥ステークス(OP)1着

京都芝外1800m良 11頭6枠7番
1:48.2 48.8-46.8 S^2
13.0-11.5-11.8-12.5-12.6-11.9-11.8-11.5-11.6

2走前の飛鳥Sでも同様にかなりのスローの競馬。ただし、この時は力の要る馬場状態で、4F戦からL2最速11.5とトップスピードはあまり問われず。割とポテンシャル戦だったという感じ。

7番枠からやや出負け、そこからある程度促してリカバーしていたが最終的には中団の外目で進めていく。道中も前がスローで進める中で中団列の外で進め、ナイトオブナイツ辺りを目標に3角へ。3~4角でも中団の外目で下りを利してじわっと加速しながらナイトオブナイツの後ろを通して直線。序盤で外からしっかりと伸びて2番手まで上がる。L1で粘り込むプロフェットをきっちりと捕えての勝利だった。

ここでは前にナイトオブナイツを目標において長く脚を使ってきての勝利。ラストまでラップが落ちていない中でしっかりと差し込んできたし、L2の地点で結構差を詰めていたのも評価できるかな。後半勝負でトップスピード戦、ポテンシャル戦の両面で結果を出してきたといえるし、素質は高く評価しないといけないかな。

スプリングS(GII)5着

中山芝内1800m良 11頭8枠11番
1:48.7(+0.3) 48.6-48.1 M
12.6-11.7-12.1-12.2-11.7-11.8-12.1-11.8-12.4

物足りなかったのがスプリングSの5着。ペースは平均で進んでいて途中の緩みもあまりなくL5最速のポテンシャル戦。基礎スピードとポテンシャルの勝負になった。

11番枠から出負け、後方で進める形になる。道中も後方から進めてウインブライトを目標にしながら3角。3~4角で外から動いていくウインの直後をとってうまく直線に入ってくる。序盤で外から追い出されるが伸びは地味。ラストまでなだれ込むがジリジリでサトノアレスと同じような感じで5着まで。

まあロスはあったし中山1800で外枠はかなり難しいと思っているが、それでも全体で流れたときに後半のポテンシャルをそこまで発揮できたのか?というのはあるかな。ウインブライトに全体的に一枚上の競馬をされてしまったし、サトノアレスなんかはやっぱりトップスピード戦でこその馬だと思う。全体で流れたときにどうかというのはそのあとの青葉賞でも完敗を喫しているので、少なくとも不安を解消はできていないだろうと。

2018鳴尾記念への展望

もちろん菊花賞を除けば昨年秋以降は底を見せていない。ただし、3勝はいずれもスローで後半勝負になっているし、全体のペースが上がった時に対応できるのかどうかがカギになる。前走の大阪城Sなんかは高速馬場への適性を示してきたと思うし、高速馬場なら仮に前が59-59で平均で進めても中団で進めて60-58ぐらいでゆったり入っていければ。あとは力関係かな。オープン特別の安定株であるグァンチャーレを相手が得意な展開の中で差し切ったのは評価できるが、それでも今回のメンバー構成で基礎スピード的にかなり高いレベルにある馬が揃っているのでその辺りを考えると微妙な面もあるかな。例えばマルターズアポジーなんかは平均ペースの流れでウインブライト相手に善戦していて、スプリングSのこの馬との比較でみれば上だし、トリオンフもここ2走が内容的に厳しい展開だったが流れた中での鋭い一足はトップレベルでもある程度戦えそうなめどは立てている。万全なら基礎スピードは最上位のタツゴウゲキも強敵だし、高速馬場でフラットな競馬だとサトノノブレスも得意な条件。マイペースを守ればなだれ込んでくるぐらいの競馬はできると思うしけど、勝ち切るところまでとなると内枠を引いてタイトに立ち回ってかみ合ってこないとという感じはする。現時点ではよくて連下、3着ヒモ辺りで考えている。

◆◆この勢いは止まらない!ただいまGI4連勝中◆◆
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイルC】 2万1840円的中
【ヴィクトリアM】   8850円的中
【オークス】      3360円的中
【日本ダービー】    7950円的中
―――――――――――――――――――――――――

5週連続東京GI完全制覇は目前!

もちろん今週の安田記念もお任せください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
情報通りに決まれば3連単なら300倍超も!
―――――――――――――――――――――――――
スワーヴリチャードに迫る超穴馬は必見!

【絞りに絞った3頭】無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。