競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

安田記念 2018 出走予定馬:アエロリット&戸崎想定

time 2018/05/29

第68回 安田記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月3日()
コース:東京1600m

予想用・出走予定馬一覧

アエロリット(戸崎想定)

昨年のNHKマイルカップの覇者、今年も中山記念で2着と牡馬相手にも健闘のアエロリットが安田記念に出走予定だ。前走のヴィクトリアマイルではスローで2番手から抜け出しを図るも伸びきれずの4着。今回は強敵牡馬が相手だが、持ち味のスピードを武器に積極策で粘り込み番狂わせを狙え。

戸崎のイメージがなあ。エポカドーロのダービーでもっとスローにしたいって言ってたとなるとやっぱりあんまりレースメイクの意識が強い方じゃないからなあ。NHKマイルCのレベルも何ともだけど、平均で飛ばしてなんぼ。スローに持ち込もうとしてしまうと難しいだろうね。少なくとも瞬間的なトップスピードの質は足りない馬。

NHKマイルカップ(GI)1着

東京芝1600m良 18頭8枠16番
1:32.3 46.1-46.2 M
12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8

まずは昨年NHKマイルC勝ちから。ペースは平均でラップ推移的にも中間の淀みも小さいし、しかもここで外からアエロリットは取り付いてきた。L1も11.8でまとめていて時計も優秀。当日の準OPがスローとはいえ1:33.8なのでかなり速い。

16番枠から好発を切ってそこからじわっと出していきつつも内の各馬が速いので無理はせずに2列目の外で入っていく。道中も平均ペースなのだがコントロールするような感じで流れに乗って3角。3~4角で前もそこまで落としていないのだがここで外から取りついて先頭列で直線。序盤でそこから追い出されてしぶとく伸び、内で踏ん張るボンセルヴィーソをL2で交わすが外のリエノテソーロがここで来る。これをL1で逆に振り切って差を広げての勝利となった。

この時点ではまだL2の地点でもそこまで悪くないが、結局一番高く評価しないといけないのはL1の踏ん張り。前で勝負に行ってねじ伏せている立場なのに、L1でむしろリエノテソーロを引き離していると。レースレベル的にはその後の上位勢が微妙なので何とも言い難いが、かなりの高速とはいえ前目で1:32.3という時計を3歳時にたたき出してきたのは立派の一言。L1も踏ん張ったが高いレベルではこれがこの馬の持ち味になると思う。

ヴィクトリアマイル(GI)4着

東京芝1600m稍 18頭5枠10番
1:32.4(+0.1) 46.8-45.5 S^1
12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7

前走のヴィクトリアマイルではこの馬にとっては不運だった。直前に目立って雨が降ったことで、騎手の方もペースをコントロールする意識が働いた。ただ結果的にみると雨の割には馬場の悪化がほとんどなかったことで、結局前半が遅くなってしまったと。

10番枠から五分のスタート、そこから押してリカバー、じわっと押し上げて番手と悪くない入り方だがペースはこれでも遅い。3~4角で外から勝ちに行って先頭列に並びかけて直線。序盤でそこから追い出されてしぶとく伸びるがジリジリ。L2で外から一気にレッドアヴァンセに前に出られてしまう。L1はそこから結構食らいついているんだが及ばず4着まで。

結局はこれだけ遅いとジュールポレールやレッドアヴァンセ、リスグラシューといった府中でトップスピードの質を引き出してくるタイプにキレ負けしてしまう。L1の踏ん張りは悪くないんだが、L2のまだラップが速い地点で来られてしまっているようにキレ負けの方が大きいと思う。クイーンCでミヤビに2着した時もL2で来られてL1では思ったより踏ん張る形なので、もう少し全体のペースを引き上げていれば違ったかな。まあこの競馬で1:32.4とある程度の時計を出せていたし、もうちょっと前半を引き上げれば31秒台も視野に入れられるというのは安田記念に向けて一つの材料にはなる。

中山記念(GII)2着

中山芝内1800m良 10頭8枠10番
1:47.6(+0.0) 47.7-48.4 M
12.8-11.7-11.7-11.5-11.5-11.8-12.2-11.9-12.5

2走前の中山記念の内容がおもしろかった。このレースは前2頭はこのラップ通り、3番手以降はスロー寄りの競馬で別の競馬となった。その中でこの馬は2番手でこのラップに近い競馬をしたんだが、L3で緩んでからL2再加速の流れで踏ん張っての2着。

10番枠からまずまずのスタートからすっと二の足を利かせて番手、逃げるマルターズアポジーについていく。道中もこの流れについていってマルターズの2馬身後ろで3角へ。3~4角でも2馬身後ろキープしながら4角で追い出すが反応が鈍くウインに交わされて直線。序盤で狭いところを通して手ごたえ以上に踏ん張る。L1では前のマルターズに迫り、ウインとの差も若干縮めての2着だった。

L3-2で再加速になっていてここで仕掛けを待っていたらウインに交わされてそこからの仕掛けになってしまった。それでもL1で窮屈ながら差し返しているようにポテンシャル面で良さが出てきた感はあると。基礎スピードはもちろんあるんだけど、この馬の良さってのは案外突き詰めればTS持続だったりポテンシャルだったり。前後半のバランスもだけど、出し切ってしまったほうがいいんだと思う。

2018安田記念への展望

流石に超高速馬場のマイルでとなると1:31.5を基本と考えるとしても、前でこの時計を出すというのはかなり難しい。ロゴタイプが昨年前で1:31.5を刻んでこれはかなりのインパクトだったが、勝ち負けするなら今年もこのレベルを要求されると思う。今年はサングレーザーやレッドファルクスといったところが31秒台の競馬に対応できているし、京王杯の感じからもキャンベルジュニア、サトノアレス、もちろん勝ち馬ムーンクエイクも対応してくるだろう。強敵が多い中でポイントはレースメイク。ゲートはそこまで安定しないが二の足は速いし、究極的な切れ味は足りないが早めに仕掛けても最後まで踏ん張るTS持続は武器。それとヴィクトリアマイル組と比べるとぶっつけから叩いて2走目のこの馬が一番伸びしろがある。今回の強力なメンバー構成で本命までは打てないかなと思っているし、戸崎のレースメイクの不安というのはどうしても出てくるのでしっかりと強気のコメントを陣営が出してくるかどうか。時計はやってみないとわからないが、それでも詰めるとしたら前半というのは前走のヴィクトリアマイルで示していると。いくら余裕を持って入っても後半4Fでも45秒半ばぐらいまでしか出せないと思うので、そうなると最低でも前半を46秒前後で踏む意識。むしろ後半少し落としても良いので前半を45秒台に入れるぐらいの強気の競馬が欲しい。力の要る馬場でもいいと思うし、中間の雨がどの程度影響するか。はっきりした逃げ馬がいるわけでもないので、怖がらずにAプランで逃げる、ある程度引き上げておいて行く馬がいれば控えるBプランを用意するぐらいの気合で運んでくれればチャンスは出てくるかな。最大評価で単穴ぐらい、連下候補には入れたい。ノリなら本命でもというところで戸崎だとレースメイクがネックかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[4.1.0.5]、2人気[2.1.0.7]、3人気[0.2.2.6]。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むG1・6勝)、09年ウオッカ(G1・7勝)の名馬4頭。G1で主役を張る実力馬ばかり。

昨年の1人気イスラボニータは8着に敗れ7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。一昨年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12任期クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が8度と人気馬同士の決着にが少ない荒れるG1である。

過去10年の年齢別の成績では6歳馬4勝を挙げている。6歳馬の優勝馬は昨年のサトノアラジン、16年ロゴタイプと2年連続で優勝。5歳馬ではジャスタウェイ、ロードカナロア、ウオッカなどの優勝馬がいる。出走頭数の多い5.6歳馬の活躍が目立つ。

昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!
今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きG1連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組みからは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどG1馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。昨年は馬連で万馬券的中の安田記念、今年も帯封獲得可能な勝負情報を入手しているのでお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。