競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京8R 青嵐賞 予想:本命04ムイトオブリガード

time 2018/05/27

東京8R 青嵐賞(10下) 芝2400m
馬場想定:良、かなりの高速馬場想定

展開予想

これでもかってぐらい逃げ先行勢がそろいもそろった。何が逃げるのかはもはや開けてみないと何とも。豊のコールストームが逃げるのをとりあえずムイトオブリガードは見ながら入りそう。外からサンデームーティエやパリンジェネシス、さらに外のマイネルカレッツァといったところまでハナ争い。ある程度速い段階で縦長、59秒ぐらいのペースでは入っていくのかなと。

予想

◎04ムイトオブリガード
○07ケイプルグラム
△11アジュールローズ
△13ジャーミネイト
×06ドラゴンズタイム10イチダイ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ムイトオブリガード

流石に前走の阪神大賞典はいきなり無理があったと思うが、2走前の小倉2600m戦の内容は良かった。あの当時はかなりの高速状態でペースは61.2-58.1と超スローから12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.3 – 11.9と2段階加速の中で逃げて楽勝。高速馬場でよさが出たのはダートからの転戦組としては大きい材料だし、3走前の京都2200m戦でも追走に苦労したが12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 12.9とポテンシャル戦の中で後方馬群の中で包まれて4角で少しブレーキするような感じになったし、捌くのも少してこずっていたがL1の伸びは本物。このレベルならと思うし、厳しい流れで別に前にこだわらなくても出し切れればというところかな。

○ケイブルグラム

相手は昨年の仔の青嵐賞で2着のケイブルグラム。この時の相手が強敵ルックトゥワイスで、61.0-58.7とかなりのスローではあるが12.2 – 11.9 – 12.0 – 11.7 – 11.5 – 11.6と後半はロンスパ気味の競馬。ルックが内からうまくさばいて突き抜けたがこちらも2番手からしぶとく踏ん張ってソールやステイブラビッシモ、ウインテンダネス辺りは退けた。まあソールは最後かなり詰めてきたけど、これだけやれればある程度出し切る、トップスピードの質をそこまで問われない流れなら本来最上位。あとは休み明けだけかな。

△アジュールローズ

この馬もちょっと安定しないけど、本質的にはトップスピード勝負でないほうがいいし、2走前の京橋特別の内容からも距離はもうちょっとあっていいかなと。60.3-58.4とかなりのスローからの12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 12.2とL2最速もかなりのロンスパという流れで中団中目から徐々に外に誘導してなかなか反応できなかったがL1できた。結構ポテンシャルが勝った印象なのでこの距離でなら流れても無理なく入って出し切れそうで面白いかも。ただケンホファヴァルトに見劣っているようにレベル的にはちょっと足りない感じもあるので連下まで。

△ジャーミネイト

流れてどうかというのは未知数な面もあるんだが、前走の鴨川特別でも京都2000で61.2-58.8とかなりのスローからの12.5 – 12.4 – 12.0 – 11.5 – 11.4 – 11.5と3F戦で好位列の中目から包まれた状態でL2で置かれてL1で食い込んでという感じだし、もうちょっと出し切るパターンの方が良さが出るかなという感じはあると。5走前の三春駒特別でも福島の2000の厳しい流れで好位からねじ伏せているし、基礎スピードも足りるはず。叩いて2走目で出し切れれば。

×ドラゴンズタイム

少なくとも適性的にはチャンスはある。ずいぶん過去になるが2年前の陣馬特別で60.5-59.3とややスローからの12.2 – 12.1 – 11.6 – 11.4 – 12.0とトップスピードをそこまで問われない中で内で待たされつつも結構すぐに反応してL2で伸びてきた。流石にこのレベルのパフォーマンスは1年4か月も休養明けして1度叩いた程度では期待できないが、条件は合うので無理せず入っての3着ぐらいは。

×イチダイ

微妙なところだが、ひとまずどういう展開でも対応できる。2走前の御堂筋Sのようにドスローからの12.5 – 12.1 – 11.4 – 11.2 – 11.6と3F勝負でも3列目内からジリジリと伸びてきているし、前走の陣馬特別でもL3最速TS持続で内からじりじり。基礎スピードが問われてどうかだが、前がオーバーペースになってこのメンツなら3着ぐらいに差し込んでくる可能性は十分あるかなと。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週までNHKマイル・ヴィクトリアM・オークスと東京G13連続的中で今ノリにノっています!
 そして今週の日本ダービーは、大西騎手本人がサニーブライアンで逃げ切り勝ちを収めたレース。ダービー勝利騎手として熟知した東京2400Mだけに、この過酷なコースを乗り切れる馬を見抜けるのだという。
 大西騎手曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!
 
先週!5/20 東京8R
3連単1万8540円的中
——————
先々週!5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中
——————
3週前!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
——————
4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
——————
4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
一頓挫あったダノンプレミアムは大丈夫?
 
ブラストワンピースはここでも通用する?
答えはダービージョッキーに聞け!
↓↓↓↓↓↓

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。