競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:ブラストワンピース&池添確定

time 2018/05/24

日本ダービー 2018 出走予定馬:ブラストワンピース&池添確定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

ブラストワンピース(池添確定)

新馬戦、ゆりかもめ賞、そして前走の毎日杯と無傷の3連勝を果たしたブラストワンピースが日本ダービーに出走予定だ。前走の毎日杯では2番手から鮮やかに抜け出しての勝利と力を見せてきた。裏街道から勝ち上がってきた実力馬が台風の目となるか。

ゆりかもめ賞が圧巻だったし、前走の毎日杯でもある程度流れた中でしっかりと先行してすっと抜け出していた。雨の影響もあったので馬場差が読みにくいところはあるが、君子蘭賞と比べて圧倒的というほどではなかった。これをどう評価するかかな。レースレベルは高かったと思うし器用さも素材も魅力。人気もしそうで扱いが難しいけど…でも強いとは思うんだよなあ。

——PR——-
 ダービージョッキー大西直弘曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑

 

新馬戦1着

東京1800m良 14頭5枠7番
1:51.4 52.2-46.1 S^6
13.0-12.5-13.3-13.4-13.1-12.6-11.6-10.8-11.1

新馬戦から順を追ってみていきたい。府中の1800m戦でペースは極端に遅く、そこからの3F戦。L2最速は10.8なのでかなり速いラップを踏んでいるものの流石にここまで遅いと参考にしづらい面もある。

7番枠から五分のスタート、そこから無理せずじわっと促しながら2列目に入っていく。そこからはコントロールで折り合って3角。3~4角で前に壁の状態、最内で我慢を強いられながら直線。序盤で2列目から進路がない状況で待たされて外に誘導。L2でもまだ進路確保できず半ばで確保するとすっと反応して先頭に並びかける。L1でそのまま突き抜けた。

ギアチェンジが問われる中で前が壁、進路確保したのがL2の真ん中坂の上りでここが10.8。加速していく過程でスムーズに加速ができたし、ドスローなので難しいにせよ10秒台の脚を楽に引き出してきたというのは確かなこと。加速性能が高いのが大きかったかなと。あとはペースが上がってどうか、長く脚を使う形になってどうか。

ゆりかもめ賞(5下)1着

東京芝2400m稍 14頭7枠12番
2:27.6 61.6-60.8 S^1
12.7-11.5-13.1-12.1-12.2-12.6-12.6-12.9-12.5-11.9-11.8-11.7

2走前のゆりかもめ賞では東京の2400m、ダービーと同じ舞台で突き抜けた。ペースはややスローだが馬場を考えれば結構流れていたし、その中で直線で一頭だけ違う競馬をしてきたと。

12番枠からやや出負け、そこから無理せずにじわっと促しながら中団に入っていく。道中も中団馬群の中で進めながら直線。序盤で進路を内に切りながらすっと伸びて2列目。L2でそこから一気に抜け出して先頭に立つ。そのままL1までぶっちぎっての圧勝だった。

レベルもあったかなと思っていたが、この2着のドレークがメルボルンTを勝ったし、ロジティナもまずまず安定している。ハイレベルとまでは言わないけど、決して低レベルではなかった中で脚が違ったなと。この馬場でこのペースでしっかりと速いラップを踏んできていると思うし、しかも特筆すべきは中団馬群からL2に入るまでに加速して2列目まで入ってきているというところ。素材の高さも目を見張るけど、このあたりもこの馬の良さだと思う。

毎日杯(GIII)1着

阪神芝外1800m良 10頭1枠1番
1:46.5 48.0-46.2 S^2
12.9-11.6-11.5-12.0-12.3-12.1-11.5-11.1-11.5

毎日杯も強かったがこのレースはどちらかというと器用さを引き出してきた一戦だと思う。ペースはかなりのスローだがハロン12では流れている。そこからの3F戦でL2最速11.1。そこまで速いラップを踏んではいないがL1を11.5でまとめてきたのは一定の評価をしたいかなと。

1番枠からやや出負け、そこからじわっとリカバーして二の足良くすっと2番手まで上がる。最終的にはそこから控えてコントロールし2列目の内ポケットだがこの感じでもしっかりと折り合って3角へ。3~4角でも2列目のポケットで進めながら直線。序盤で最内からすっと反応してここで一気に先頭に立つ。ラストも外のギベオンに食らいつかれそうだが、寄せ付けずの2馬身差完勝だった。

ここではゲートは拙かったもののそこからリカバーして番手、さらに2列目のポケットに控えてという入り方をした。促したので少し掛かるかな?と思ったがそこからのコントロールも楽だったしこれなら本番でもある程度前半で勝負に行くこともできるかなと。もちろんこの位置を確保するのは難しいだろうが、好位~中団ぐらいの位置を狙う可能性はある。また要所で内に入ってからしっかりと動けた辺りは流石だろう。

2018日本ダービーへの展望

あくまで別路線でのものだが、それでも高いレベルで素材の高さと要所の反応といったギアチェンジ面を見せてきている。前走の毎日杯でもL2の地点で10秒台を意識できるレベルの脚は使えているし、ポジショニングをある程度とった中でも良い脚を使えた。またゆりかもめ賞では力の要る馬場で前半からある程度流れても末脚を長く維持できたしTS持続力も非凡で要所でここでも動いてきていると。内から器用に立ち回れて素材的にも高いレベルなのでもちろん不気味なのは間違いない。単純な適性面での不安はほとんどないかな。ただし、今年のクラシック戦線、NHKマイル路線はなんだかんだ言っても朝日杯組が中心にはなっている。皐月賞は非朝日杯組で決まったが、そこまでの路線を見てもダノンプレミアム、ステファノスといったところが結果を出してきていたし、組としてみてもスプリングS組、ホープフルS組が上位。毎日杯もギベオンが頑張っているので楽しみはあるし、この馬にとって1800はちょっと忙しかったかもしれないが、去年のアルアインが勝った毎日杯と君子蘭賞との比較でみると、今年の方が差は小さい。日曜の馬場を見ても少なくとも高速馬場だったので、そう考えると時計的には特筆するほどではないかな。これをどう考えるかだが、底を見せていない魅力に加えて要所で動けるというギアチェンジは侮れない。8番枠も良いと思うので、軽視はできないかな。結構悩ましい一戦だ。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週までNHKマイル・ヴィクトリアM・オークスと東京G13連続的中で今ノリにノっています!
 そして今週の日本ダービーは、大西騎手本人がサニーブライアンで逃げ切り勝ちを収めたレース。ダービー勝利騎手として熟知した東京2400Mだけに、この過酷なコースを乗り切れる馬を見抜けるのだという。
 大西騎手曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!
 
先週!5/20 東京8R
3連単1万8540円的中
——————
先々週!5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中
——————
3週前!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
——————
4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
——————
4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
一頓挫あったダノンプレミアムは大丈夫?
 
ブラストワンピースはここでも通用する?
答えはダービージョッキーに聞け!
↓↓↓↓↓↓

 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。