競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:タイムフライヤー&内田博想定

time 2018/05/23

日本ダービー 2018 出走予定馬:タイムフライヤー&内田博想定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

タイムフライヤー(内田博想定)

昨年の2歳中距離王決定戦のホープフルステークスを制してGI馬となったタイムフライヤーが日本ダービーに出走予定だ。ただ今年に入ってからは若葉ステークスで人気を裏切り、皐月賞では二桁着順に沈んだ。存在意義が問われるGIホープフルステークスの勝ち馬として、意地でもここは結果を出したいところだが、果たして。

う~ん…正直難しいだろうなという感じ。やっぱり軽い馬場でのトップスピード戦への適性が微妙だし、それが唯一測れていた新馬戦のレベルが結果的にこのレベルでは微妙なライン。

ホープフルステークス(GI)1着

中山芝内2000m良 17頭4枠7番
2:01.4 59.6-61.8 H^2
12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2

ホープフルS勝ちから振り返ろう。年末の中山で時計も掛かっている状況。ペースは2.2でかなりのハイ、そこからL4-3でかなり前がペースを落としていてここで後続は取り付きやすい展開。中弛みも本来は仕掛けるべき地点にあったわけで、後ろからの競馬がはまりやすい展開だったのは確かかなと。

7番枠から五分には出たが二の足が遅く後方からの競馬となる。道中も前が飛ばしていく中で後方馬群の一番後ろぐらいで進めて脚を残しつつ、3角で外目を意識しながらじわっと仕掛けていく。3角ではまだ後方だがここで前がペースダウン、4角で外々から押し上げながら一気に2列目まで押し上げて直線。序盤でそのまましぶとく伸びるが内からジャンダルムも食らいつく。これをL1でしっかりと振り切っての勝利だった。

まあ嵌ったのは間違いない。前半がハイペースで前が3~4角で一気に落とした中で、サンリヴァルはなるべく先頭に立つのを待っていたのでこの減速に合わせていた。直線に向けて本来なら加速して入りたいところでこちらは緩みで楽に外から押し上げてそのままの勢いを維持できたし、その辺りを考えても前中盤で楽に入れたうえで末脚を出し切れた、前がしんどい競馬だったという視点でかなり嵌っていると思う。

若葉ステークス(OP)5着

阪神芝内2000m良 12頭8枠12番
2:00.5(+0.5) 60.4-59.6 S^1
12.6-11.3-12.1-12.4-12.0-12.3-12.0-11.6-11.7-12.0

若葉Sはかなりの高速状態の中でかなり凡戦だったかなと。その中で結果的に完敗。もちろん内が有利な馬場状態ではあったと思うが、ややスローでL3最速11.6とポテンシャル戦、割とまともな流れで強い馬なら勝負になったと思うんだけどね。

12番枠からやや出負け、外枠なので無理はせずに後方からの競馬となる。道中も割と淡々とややスロー、という流れで後方で動かず3角へ。3~4角でも正攻法で大外をぶん回しながらだが押し上げられず後方で直線。序盤で大外から追い出されるが伸びが地味。ラストも前が落ちているのに決定的な足は見せられずのなだれ込み5着完敗。

騎乗もあれだが能力を信頼して外から動いていったので、それでもL1であの伸びだったと考えると馬の力そのものに不満が多い。差せないまでもL1は決定的な伸びを見せてほしかったが、それが見られなかったのは致命傷かな。ホープフルSははまったとはいえ、正直このメンバー構成でなだれ込むだけだと難しいと思う。

皐月賞(GI)10着

中山芝内2000m稍 16頭1枠1番
2:01.9(+1.1) 59.2-61.6 H^2
12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

前走の皐月賞でも物足りない競馬に終わった。ペースはかなりのハイだがこれは前3頭。実質的にはエポカドーロの位置でみてややスロー~かなりのスローの間ぐらいだろう。そこからの後半勝負で完全に見劣った。

1番枠から好発を切って無理なく中団につけていく絶好の展開。道中も前が離れて進めている中で中団の中目で特に動きなく3角。3~4角でも中団馬群の中目で進めながら4角では結構前にスペースがある状況になるのだが置かれて直線。序盤でも馬場の中目でそこまで悪くないところなのだが置かれてしまう。ラストまで良いところなく完敗だった。

このレースは後ろの馬にとっては特に変な展開ではなく後半のポテンシャル勝負に近い競馬になったと思う。その中であの位置を取れたのは良かったはずだが全然脚を引き出せなかった。流石にこの状況で脚を一足も使えなかったというのは…。力の要る馬場でのポテンシャル戦で見劣ったのはやはり痛い。

2018日本ダービーへの展望

まあ正直ちょっと難しいだろうと。トップスピード戦では新馬戦で見劣ったが相手がロックディスタウン、シャルドネゴールドには先着したが…という感じでそこで期待はしづらい。基礎スピードは高いといってもホープフルSでは緩い流れで取り付けた、前がかなり厳しい競馬になったことが大きいし、実際皐月賞でサンリヴァルに見劣ったことで証明された感じ。高速馬場でまともな流れになった若葉Sが低調なメンバー構成の中で結果を出せなかった。前哨戦で内有利の馬場もあったし勝ち負けまではともかく、さすがにL1で流石というところを見せられなかったのは不甲斐ないというほかない。こうなってしまうと今回のメンバー構成、流れても強い馬が多いしスローだともっと手ごわい馬が多くなる。その中では序列は相当低くなる。おそらく馬券的に手を出すことはないかなと。ホープフルSのような感じでよほどトリッキーな流れにかみ合えばだが、それでも難しいと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(1勝)、NHKマイルC組(1勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.3.62]、京都新聞杯組[1.1.1.14]、NHKマイルC組[1.0.1.28]と連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。今年の皐月賞優勝馬エポカドーロは2冠達成なるか?また、注目は皐月賞を回避した無敗馬ダノンプレミアム。一頓挫あって間隔は開いたが、果たして無敗でのダービー制覇なるか。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。ダノンプレミアム(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来13年振りの無敗馬誕生となる。

また、別路線組みからの無敗馬ブラストワンピース(毎日杯組・3戦3勝)の存在も忘れてはいけない。毎日杯を使う前から皐月賞には向かわずダービー直行を断言していた陣営。気性面の問題もあるが、ゆったりとしたローテで1冠獲りを狙っている。鞍上はオルフェーヴルでダービージョッキーとなった池添。開業11年目で悲願のダービー制覇のチャンスが巡って来た大竹厩舎だが、GⅠ初勝利がダービーとなる可能性も十分ある。

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。