競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:サンリヴァル&浜中想定

time 2018/05/22

日本ダービー 2018 出走予定馬:サンリヴァル&浜中想定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

サンリヴァル(浜中想定)

皐月賞では9番人気に逆らう2着と結果を残したサンリヴァルが日本ダービーに出走予定だ。厳しい流れでも脚を使えるのが強みだが、弥生賞でも一瞬の切れ味はそう大きくは見劣っていない。府中の長い直線は初めてとなるが、強気の競馬で番狂わせとなるか。

藤岡が乗れないのは正直かなり痛い。というか、今の浜中は正直信頼できないからなあ。レースメイクが非常に重要だし、かつ今回はそこそこ前目に入ってくる馬が多い。ペースが激しくなる可能性も考えないといけないので、ベストの位置を取れるかどうかが非常に重要。適性的にはダービーは面白いと思っているが…あとは鞍上の問題。今の浜中がなあ…。

皐月賞(GI)2着

中山芝内2000m稍 16頭7枠14番
2:01.1(+0.3) 59.2-61.6 H^2
12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

まずは前走の皐月賞から振り返っておきたい。ペースは2.4でかなりのハイだがこれは前3頭が離していたのでそれらが刻んだもの。実質的に4番手のエポカドーロでみれば大体で61秒ぐらいなのでおそらくややスロー~かなりのスローぐらい。そこからの3~4F戦というところだろう。

14番枠から五分には出てそこからすっと二の足良く先行馬に取り付いていく。最終的に前3頭が飛ばしていくので離れた3列目でエポカドーロを見ながら進めていくという感じ。道中もエポカドーロをマークしながら前3頭は遊ばせて3角に入っていく。3~4角でエポカドーロの外から追い出しながら直線に入ってくる。序盤でエポカドーロと一緒に伸びてくるが少し内に刺さり気味。ラストはそれでもしぶとく踏ん張って2着は楽に確保した。

ここでは恐らく3~4角で加速していく過程を踏んでいると思うし、多分だがL2最速に近いんじゃないか(L3でも詰めているので何ともだがこの辺が実質的には最速だったかな)その中でエポカドーロが動いてその外から脚を使っていて直線入りで少し置かれたのは内に刺さっていたという面もあるのかもしれない。本来ならここでの動きがいい馬なので。それと、力の要る馬場で速いラップを要求されなかったというのもこの馬にとってはプラスに働いたかは微妙。ただそれでもポテンシャル戦の中で結果を出してきたのは幅を広げたという点で大きいかなと。パフォーマンスを上げてきたとまでは思っていないし、もともとこれぐらいは驚けない馬だという評価。

弥生賞(GII)4着

中山芝内2000m良 10頭8枠10番
2:01.3(+0.3) 61.5-59.5 S^2
12.5-11.0-12.5-12.8-12.7-12.4-12.8-11.7-11.0-11.6

個人的にはこの弥生賞も4着だが馬は評価している。藤岡はここでビビってしまってせっかく作ったリードをふいにしてしまったという感じ。一瞬だけ鋭い脚を使える馬なので、各馬が長くトップスピードを引き出し切る形では末脚の絶対量で苦しい。これは個人的にははまったように見えてこの馬の適性的には実は苦しい競馬になっているとみている。

10番枠からまずまずのスタート、ダノンの方がいいスタートだったがそれを外からカットするような感じでうまく逃げてしかもスローで単騎という理想的な入り方で向こう正面まで進めていく。ただし、3角地点でも後ろが追いかけないのもあってL4の段階でペースを落としてここでダノンに脚を使わせずに取り付かれてしまう。そのせいで一気に各馬が仕掛けの意識をもってこちらも追い出しながら直線。序盤でそれでも抵抗してダノン以外との差はそこまで詰まらせなかったが、L1では甘くなって最後はワグネリアン、ジャンダルムにも交わされ4着。

単騎で進められていたのをわざわざ3角で自分で緩めてペースダウンしたことで4角からの3F勝負に近い競馬にしてしまったのが最大の敗因。この馬は瞬間的にはそこそこ切れるけど、ギアチェンジを伴って良さが出る。3角でダノンが動いたように見えた(これはダノンが動いたというよりはサンリヴァルが落としたから相対的にそう見えただけ)ことで後ろが動く意識を持った。しかも小頭数で馬場差もある程度あったのでスペースを各馬が広く取れたことも大きい。その結果ラップ推移的にはこれでも出し切りやすい環境が整ってしまった。その中でリードがなくなって直線2Fで鋭く長く脚を維持するというのはできなかったという競馬。この馬の良さは基礎スピードやポテンシャルも含めて総合的な部分にあるし、ここまで直線勝負に特化してしまっては難しい。そういう点でここでの藤岡の乗り方は下手だったと思っている。

ホープフルS(GI)4着

中山芝内2000m良 17頭5枠9番
2:02.0(+0.6) 59.6-61.8 H^2
12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2

ホープフルSも敗れはしたんだが一番強い競馬をしたといっても良いと思っている。このレースは前半が速く、3~4角で前がばてたことでレースラップ的にみてもわかるように中弛みが生じている。この地点だと後続が動きやすくなるので前で緩みに合わせてしまうと難しい展開だった。3~4角で我慢しているうちに外から動かれて緩い地点でリードを詰められて、かつこちらは加速しないといけない、後ろから詰めた馬は勢いに乗っている。そういう差があった中で踏ん張った4着という認識が必要かなと。

9番枠から好発を切ってそこから楽に馬なりで先頭列に入っていく。道中も前の流れに乗っていく形で番手で3番手で進めながら3角で外に出して番手。しかしこのあたりから逃げているジュンヴァルロが苦しくなってペースダウン。ここで我慢していたが4角では後ろが追い上げてきたので仕掛けざるを得ない。そこから直線入りで出し抜きを狙うがさすがに外から動いてきた馬が手ごわくラストは甘くなっての4着だった。

これだけのペースを前で進めて、3~4角でペースダウンして12.8まで落としてから直線で11.9と1秒近くの加速をしている。L2の地点までは先頭列をキープできていてこの馬が明確に加速ラップを踏んでいるということは結構見逃せないポイント。中弛みのレースは基本的に前中盤まで含めてフラットに入った馬が有利だし、特に本来仕掛けるポイントとなるコーナーでここまで緩むと後ろからの押し上げがしやすい。そういった面を踏まえても、一番強い競馬をしているのは59秒台のペースに乗っていって、3~4角で緩みに巻き込まれて取りつかれながらも加速で一瞬は抵抗できたこの馬、という判断。このレースもそうだが、正直皐月賞までかみ合ってなかったので、皐月で2着と賞金を積めたのは追いかけ続けてきた自分的にはうれしかった。これでダービー、菊花賞まで賞金を気にする必要がなくなったからね。

2018日本ダービーへの展望

もともとダービーがいいと思っていた馬。ホープフルSで見せた適性は、速いペースに乗っていって息を入れても再加速ができる、というギアの上げ下げの上手さ。こういうタイプは距離を延ばしても対応できる馬が多い(ポジションを楽にとれる、息を入れて折り合えるという気性的な面)しトップスピード面もそこそこ持っているからね。皐月賞は力の要る馬場になって前3頭が離していた、その流れでスローで好位を楽にとれたこともあった。追い出されてから内にもたれていたりというのもあったし、芙蓉Sもそうだけど追い出されてから内にもたれる面は少し気になるかなというところ。トップスピードの質もある程度持っていて、芙蓉Sでは11.1の地点で1馬身弱の差を詰めて先頭に立っているので10秒は入ってないかもだが前目からそういう脚を引き出せるのは強み。いわゆる典型的な総合力タイプの馬で、高速馬場でペースがある程度速くなっても対応できるし、要所でしっかりと加速ができるし、トップスピードの質もそこそこのレベルで見せている。例年のダービーのようなある程度流れてそこからのL2最速戦、というようなパターンならこの馬にとってはフィットする可能性が高い。また馬場も選ばないし多少雨が降ったとしてもむしろ各騎手が適正ペースを読みにくくなる分だけこの馬の総合力が活きてくるかなと。要は極端な競馬にならない中で、ちょうどいい位置での競馬ができるかどうか。スローだとしても1秒~2秒程度で番手にいればやはり怖いし、59秒前後で前が流れれば好位ぐらいで良い。ただし、スローで決め手勝負という観点で見て弥生賞でダノンプレミアムには完敗だったのは確か。流れた中でもダノンは強いのでどこまでやれるかだが、勝つとなるとある程度ギャンブルが必要になってくる。ダノンより前をとってスローを狙うか、ペースが上がると見越して好位の内内で我慢してダノンが甘くなるところを狙うか、というところだろう。2400適性は高いと思っているので、下手に乗らなければ少なくとも掲示板という観点なら最も信頼度が高い一頭だと思う(ダノンは調整過程、エポカドーロはトップスピード戦への適応、ゴーフォザはゲート、ステルヴィオは血統面から距離、キタノはポジショニング、ブラストは相手関係)。もちろん4,5着では馬券的に困ってしまうが、それぐらいの総合的な実力は持っていると思う。あとは浜中がビビらないこと、そして全体のペースを見ながらちょうどいい位置を取れるかどうか。馬券的には今回も人気はしないだろうし、皐月賞も馬場が読みにくかったので正当な評価はしづらいだろう。弥生賞も強い競馬をしているので個人的にはここも重い印候補としておく。出足が早いので逃げ馬の近くの枠がいいかな。下手に内すぎると決めつけて逆に外から一気にポジションを上げられるケースも出てくるからね。

『ダノンプレミアムが出ても出なくても!この◎は揺るがない!』

日本ダービー◆絞りに絞った1点馬券を特別無料で教えます

◆◆◆◆絶好調!ただいまGⅠ3週連続的中!◆◆◆◆
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイルC】2万1840円・3140円的中
【ヴィクトリアM】8850円・4090円的中
【オークス】3360円・1190円・750円的中
―――――――――――――――――――――――――

もちろん今週のダービーも迷わずお任せください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年も絞りに絞った3頭で1点的中!
1点1万購入⇒【22万2000円獲得】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪情報通りに決まれば3連単なら300倍超も!≫
―――――――――――――――――――――――――
ダノンが出ても出なくても、この◎は揺るがない!
―――――――――――――――――――――――――

配当妙味は昨年以上!ダービーの1点もお見逃しなく!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本ダービー◆絞りに絞った1点馬券を特別無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。