競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

平安ステークス 2018 出走予定馬:ナムラアラシ&加藤祥想定

time 2018/05/16

平安ステークス 2018 出走予定馬:ナムラアラシ&加藤祥想定

第25回 平安ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年5月19日(土)
コース:京都ダ1900m

予想用・出走予定馬一覧

ナムラアラシ(加藤祥想定)

アルデバランステークス、仁川ステークスと今年はオープン特別を連勝したナムラアラシが平安ステークスに出走予定だ。前走アンタレスステークスでは2番人気に支持されながらも後方から追走に苦労して8着完敗。それだけに再び距離を延長し、持ち味の末脚を引き出すことに尽力したい。若武者加藤祥太とともに嵐を起こせ。

前走のアンタレスSに関しては正直グレイトパールもミツバもそうだと思っていたが、高速ダートで基礎スピード負けした感じが強い。特にこのナムラアラシは基本的に後半のポテンシャル型ではあると思うし、その点でもちょっと忙しかったと思う。仁川Sが強かったし、かみ合った時の怖さは当然あると。

仁川ステークス(OP)1着

阪神ダ2000m良 16頭1枠1番
2:04.1 61.3-62.8 H^1
12.4-11.3-11.9-13.5-12.2-12.3-12.7-12.6-12.4-12.8

まずは2走前の仁川Sから。阪神2000はペースバランスだけでは測りにくいところがあって、一応1.5でかなりのハイに肉薄と流れているが、最序盤の3Fが芝スタートで速く35.6。13.5と1~2角で緩んでいるわけで、ここで取り付けばそこまでしんどくない。それよりも後半のL6最速ポテンシャル戦という側面の方が強い。前の馬には厳しかったと思うが、後半のポテンシャルをいかに引き出せたかという点に注目したほうがいいだろうと。

1番枠から芝スタートでも五分のスタートだったが行き脚がつかないので最後方近くまで下がる形になる。最序盤は最高峰列の内内で無理せず入って2角でペースダウン、という流れ。そこから向こう正面で一気にペースが上がってここからロンスパの流れ、後方内内で3角に入っていく。3~4角では最内をキレイに立ち回って中団まで押し上げて直線。序盤でそこからサンライズソアの後ろをとってじりじりと伸びてくるがまだ1馬身半はある。これをL1でしぶとくとらえて突き抜けて1馬身1/4差完勝。

強かったのは間違いないと思うが、向こう正面で上がり切ってしまって3~4角で内のスペースが空いたところを最短距離でロスなく押し上げることができたのも勝因としてはあると思う。6Fのロンスパでロスなくとはいえラストまで伸びてきているようにこの馬のポテンシャルそのものが非凡なのは確かだが、この流れで前目で進めたサンライズソアの方が厳しい競馬になっていると思っているのでその点を踏まえると、うまく福永の騎乗が嵌ったのもあるかなと。ただ、内内でキックバックを受けても問題ないというのが強みの一つにはある。

アルデバランS(OP)1着

京都ダ1900m稍 16頭1枠1番
1:57.9 49.3-49.8 M
7.2-11.1-11.7-12.9-12.8-12.4-12.3-12.1-12.5-12.9

3走前のアルデバランSは平安Sと同じ京都1900m戦。この中で平均ペースだが中盤12.9-12.8と緩んでからのL3最速でポテンシャル戦となっていると。ある程度速いラップを踏んでいてその中で最後まで脚を使って強い勝ち方だった。

1番枠からまずまずのスタート、そこからある程度押されるがそれでも中団ぐらい、そこまで下がらずに進めていく。道中もある程度縦長になっていて、その中で中団やや後方ぐらいから内目を通しつつ3角へ入っていく。3角では内内で我慢してロスなく立ち回り、4角で少し外に誘導しながらだが進路がなく後方に下がって直線で外。序盤でそこから捌いてくるとぐんぐん伸びてくる。L1でそのまま一頭違う脚で2馬身突き放しての完勝。

最速地点でロスなく立ち回りながら4角出口で外に持ち出すまでに少し苦労したがそれでも伸びが強烈。4角でうまくさばけていたらもっと伸び始めも早かったかなと感じさせる内容だし、これは圧巻だった。京都の下り坂で勢いに乗せる競馬が合っている印象はするし、何よりこのレースもそうだが内内で包まれて窮屈になってもひるまずに伸びてくるのは強みだと思う。

アンタレスS(GIII)8着

阪神ダ1800m不 16頭1枠2番
1:50.6(+0.8) 47.9-49.6 H^2
12.7-10.7-12.3-12.2-12.3-12.0-12.3-12.3-13.0

アンタレスSでは高速ダートとなった中で全く淀みなく進んだ。これでもそこまで速いというほどではないが、ここ2層と違うのは道中は終始12秒前半でまとまっていて、L4最速とよどみがない中で基礎スピードを要求されたのが響いたかなと。

2番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も押していくがついていけずに最後方、よどみもない中で取り付けないまま単独の最後方で3角。3~4角でも内目から何とか押し上げようとするが押し上げられず最後方から中目を突く。序盤でそれなりには伸びてくるが前との差は致命的。ラストもジリジリとなだれ込むだけに終わっての8着完敗だった。

流石にこれだけタイトな流れでかつ軽いダートで絶対的な基礎スピードを高いレベルで要求されてしまうと難しかった。最後もL1での伸びという点で物足りなかったのはあるし、レースの流れが終始早かったので展開上で取りつくタイミングがなかった。その分消耗してしまったので1800のスピード勝負への適性の問題かなと。こうなると難しかった、という感じの競馬にはまってしまった感じ。

2018平安ステークスへの展望

単純な地力という点では2強には見劣るかなと思うが、この馬のいいところは内内で砂を被ってもひるまずに動けるという点、そして後半のポテンシャルにある。1800mだと前走のように雨が降って高速ダート、騎手の意識が強くなってよどみがなくなってしまうと取り付くタイミングがなくて基礎スピード負けを起こす。京都1900の良馬場ならまず緩和してくれる可能性が高いので、そこは良い材料。ミツバやグレイトパール辺りは積極的に進めると思うので、そうなると中盤の緩みがあまり出てこない可能性もあるが、1900mならまだもう少しマシになるはず。それに基本的に京都1900m戦は3角のくだりからのロンスパになりやすい舞台ではある。そこで勢いをつけて3~4角でロスなく立ち回り、おそらく前にいるテイエムジンソク、そして勝ちに行くであろうグレイトパールやミツバの流れの中で内でひっそり立ち回って直線でサウンドトゥルーやっちゃう可能性は十分にあるかなと。馬券的妙味という点ではこの馬がおもしろい。あとは上位2頭やサンライズソア、ミツバ辺りと比較してどのぐらいの評価をするかだろう。完全に嵌るだけの条件はそろっていると思うので、あとは内枠でも引いて中弛みからのロンスパで内内となれば。

AD)ヴィクトリアマイル的中!~次はオークス!

手堅く勝つと予想される、つまり軸候補の本命馬、
番狂わせで勝ちをおさめ、利益を跳ね上げる可能性の高い穴馬。
いずれも利益を出す上で欠かせない馬です。

 

競馬大陸では「利益本命馬」と「利益穴馬」をうまく組み合わせて大きな利益を手にしており、日々、成果報告のメールが届いていますよ!

今すぐ見た方が良いですよ!「利益直結馬」

サイトはこちら

最新の重賞馬券速報は「ヴィクトリアマイル

5月13日も即効利益
(13日)東京11R ヴィクトリアマイル 3連単 636,400円 的中

まずは無料情報を見て競馬大陸を体感してみてください!

【無料コンテンツ】

■今週の利益直結馬(毎週金・土更新)

1日5レース公開されています。

「利益本命馬」と「利益穴馬」のナイスな組み合わせ!

■ナビゲーターの重賞攻略ガイド(毎週火・木・金 更新)

「かせげる君の~これは押さえとけ!~」

「ドル彦の~ゲキ推し!$ウマ~」

「ガッポリ仙人の~データが示す重賞見解~」

サイト内会員になると最新的中情報が見れますよ。

メルマガ受信は無料ー簡単登録のみーこちら



ヴィクトリアマイル2018の展開予想動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。