競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京10R 青竜ステークス 予想:本命12グリム

time 2018/05/12

東京10R 青竜ステークス(OP) ダ1600m
馬場想定:良~稍、標準ダート想定

展開予想

土曜は雨が残っていて稍重表記だったが時計的には若干軽かったか?というぐらいでそんなに感じなかった。一応標準ぐらいとみておきたい。

展開予想だが、前を行く馬がそれなりに多く、内からまずはダンケシェーンがハナを主張、マイネルオスカルが芝スタートでも前目をとっていてこれが先行、これを外からスマハマが様子を見ながら先行していく形。アイスフィヨルドなんかも砂を被りたくないと思うので2列目の外ぐらいだろう。グリムが好位の外目、内からはオメガパフューム辺りかなと。ペースは最序盤はそれなりに流れて48ぐらいでは入る。48-49.5ぐらいとみておきたい。

予想

◎12グリム
○04オメガパフューム
△06スマハマ
△09スウィングビート
×08アイスフィヨルド10アスターソード
3連複◎軸○△×BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△×

<PR>

―――――――――――――――――――――――――

【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<PR>

◎グリム

何頭か強そうな馬がいるんだが、その中で馬券的に適性を上積みして妙味がありそうなのがこのグリム。前走の阪神1400の勝ち方が東京マイルで嵌りそうな感じで、右左の差はあるが35.9-36.1と平均ペースで前半をコントロール、12.5 – 12.3 – 11.7 – 12.1と緩い流れからL2最速地点で番手からしぶとく先頭に並びかけてL1で突き抜けた。時計的にもなかなか優秀だが、後半の3Fで早いラップを踏んでのものでこれは立派だし、ペースを落として息を入れられているのはむしろ距離が延びて良さが出やすいだろうと。外枠を引いたが、前がある程度引っ張ると思うので無理せず好位外ぐらいで後半勝負の競馬に持ち込んでほしい。はこべら賞までのパフォーマンスは物足りないので基礎スピードはあまり問われないほうがいいはず。3~4角の中弛みで取り付いてL2最速の流れで好位外からすっと抜け出すイメージ。

○オメガパフューム

新馬戦・500万下のインパクトはかなりのもの。新馬戦では京都の1800で51.6-49.4とかなりのスローではあるが13.3 – 13.1 – 12.5 – 12.1 – 11.7とL1最速で好位外からキッチリと突き抜けたし、2着ハーベストムーンもすでに500万下を楽に勝ち上がった。前走の500万下戦では阪神1800で48.7-51.2とかなりのハイ、12.6 – 12.8 – 13.0 – 13.1 – 12.6 – 12.5のラップ推移で前がばてたところを徐々に押し上げて最後まで落とさずの1:52.7は時計的にも申し分ない。トップスピードの質、また基礎スピードがある程度問われてやれたのは強みだし、スウェプト×ゴールドアリュールで本質的には短距離が噛み合ってもよさそうな感じ。芝スタートで五分に出れればとか、包まれてどうかというのはあるが能力を期待して。

△スマハマ

ヒヤシンスSよりも2走前の500万下勝ちの方を評価したい。京都1800で稍重ではあったが当時はそこそこ時計が掛かっていた。その中で49.8-49.8と平均からの13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 12.7とL2最速戦で逃げて出し抜き完勝。ヒヤシンスSもペースをコントロールして48.8-49.7とややハイからの12.7 – 12.8 – 12.6 – 11.8 – 12.5とL2最速でしっかりと出し抜いてきたが稍インパクトに欠けた感はある。2走前は時計的にも準OP雅Sと互角以上の内容だといえるし、個人的には1800の方が合っているかなという感はするので連下としておきたい。

△スウィングビート

4走前の新馬戦、東京マイルで見せた決め手は非凡。50.0-49.8と平均からの12.9 – 13.2 – 13.0 – 11.9 – 11.7と中弛み2Fの直線勝負なので、外から動いて出し切る形になったのはもちろんかみ合ったにせよ、この時点でこのラップ推移で差し切ったという点は高く評価したい。そこまで低レベルではなかった中で3着以下をぶっちぎっているので今回も中弛みでの差し込みに警戒したい一頭。

×アイスフィヨルド

芝の馬だがクリストワイニングの仔なのでもちろんミスプロ系、初ダートがプラスに転じる可能性もある。この馬の場合は一応芝でも基礎スピードをそれなりには見せていた馬で、マイルの淀みある流れにも対応できていたので府中の芝スタートのマイル戦で外枠なら対応してきても、という感じ。思ったより人気もないし、相手関係が強敵なのでヒモでひっかける、という感じで。

×アスターソード

前走の端午Sからメイショウイサナと悩んだけどこちらを上位に取った。前走は34.4-38.6と京都1400としては異常に速い流れになっていて、11.7 – 12.1 – 12.1 – 13.3 – 13.2と4角出口では13.3で非常に減速している状況。中団馬群の中目で少し待っていて4角出口に誘導してからの追い出しになったのに対して後方外から勢いをつけて直線で外に出してじりじりL1で突っ込んできたメイショウという対比。特にアスターソードは直線でも少し狭くなっていながらラストまで踏ん張れていた。後半勝負でもある程度やれているのもあるし、こちらを上位に取りたいかな。

―――――――――――――――――――――――――【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――

ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。