競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ラビットラン&川田確定

time 2018/05/10

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ラビットラン&川田確定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ラビットラン(川田確定)

昨年のローズステークスではクラシック戦線で活躍していた同世代のライバルをまとめて差し切る強烈な末脚を披露したラビットランがヴィクトリアマイルに出走予定だ。それ以降はなかなかその持ち味を発揮しきれないまま勝利から見放されてしまっているが、果たしてこの条件で脱兎の如き末脚をよみがえらせることができるか。

ローズSの勝ちっぷりが強敵相手に相当なインパクトだった。ただそこからが物足りない競馬になっている…。重馬場消耗戦の秋華賞がそこまで悪くないし、ローズSが1800で流れた中での破壊力と考えると微妙にマイルは短いのかも?というのはあるかな。

ローズステークス(GII)1着

阪神芝外1800m良 18頭7枠14番
1:45.5 46.4-46.9 M
12.4-10.9-11.3-11.8-12.2-12.0-11.6-11.3-12.0

まずは5走前のロースS勝ちから振り返る。この時は台風が来そうで大した影響がなく普通に高速馬場。その中でペースも平均で中盤のゆるみも多少はあったがそこまで顕著ではなくL2最速11.3とそこまで速いラップを要求されなかった。1800のなかで、基礎スピードを結構高いレベルで問われ、そのうえでのTS持続力勝負。

14番枠から五分には出てそこから二の足がいまいちで無理はせずに後方で進めていく選択をとる。道中も前が比較的淡々と進めて縦長の中で後方の外目で進めて3角。3~4角でも後方外目から手を動かしながら追走、後方馬群の外々で直線に入ってくる。序盤でそこから追い出されるがここでしぶとく伸びて好位列に並びかけてくる。L1でずどんと突っ込んできて一気に粘るカワキタエンカを捕えての勝利だった。

1800m戦としてはタイトな流れになったし、もちろん突き詰めれば中盤で少し息が入っているので前半無理をせずという競馬がかみ合ったのもあるだろうが、それでもL2-1の区間での伸びは圧倒していたし、この破壊力はこの世代でも屈指とみていい。もちろんリスグラシューなんかはたたき台だったとは思うが、それでもこの距離と流れで圧倒してきたのは評価したい。

ターコイズS(GIII)4着

中山芝外1600m良 16頭6枠12番
1:34.3(+0.1) 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

ただ3走前のターコイズSは少し物足りない競馬になった。中山のマイルで外目の枠ということも響いたがそれを考慮に入れても最後の伸びが足りなかったかな。ペースはややスロー、ラップ推移的には終始11秒代後半を刻みながらのL2最速戦で2F戦に近い。

12番枠から五分には出たが外枠でもあり最序盤は追走しつつも中団の外で進める形になる。道中も中団の外で進めて、3~4角でも外からエテルナミノルが上がってきたのでそれに合わせて外から進出も手ごたえ微妙、それでも好位列まで押し上げる。序盤でそこから追い出されるがじりじりと伸びきれない。ラストは甘くなったところを内から差し込まれての4着完敗だった。

まあ確かにロス自体はあったと思うが、それでも展開的にみるとそこまで決定的ではなかったと思う。3~4角地点のレースラップはまだ11秒台半ばなのでペース自体そこまで上がってなかったし、実際一つ外を通したエテルナミノルとの比較でみても何とかクビ差で先着したというレベル。正直ここのパフォーマンスはローズSとの比較でみると物足りない。ペースは遅めだったがそれでもマイル戦でこの流れでついていこうとすると良さが出なかったのかもしれない。中山マイルのトリッキーなコースもあったかもしれないが、いずれにせよこの流れで脚を削がれている感はあると。だとするとちょっとマイルは短い。

阪神牝馬ステークス(GII)9着

阪神芝外1600m良 13頭8枠13番
1:35.3(+0.5) 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

前走の阪神牝馬Sではマイル戦だったがドスローで後半のTS持続特化戦というような感じ。3.4で極端に遅いし最序盤の3Fが特に遅く、ここでのポジショニングも重要だった。

13番枠からやや出負け、無理はせずに後方で進める。中団の外から促しながら3角で進めていくがあまり反応が良くない。後方で置かれながら直線に入ってくるが序盤からじりじりで伸びる気配はあまりない。ただL1では前が落としたのもあるが大外からそれなりに伸びてきてなだれ込んでの9着。

エンジンのかかりというのもあるだろうが、シンプルにこの馬場でかなり速いラップを問われていたことからキレ負けしていたんじゃないかなと。L1のTS持続そのものは見せたと思うんだけど、11秒フラットに近いラップをL3-2で踏んでいてここで速度的に難しかったかな。なので前半がドスローになってキレにシフトした競馬になったのが影響している感じはする。実際ローズSと比べてこの馬自身の上がり3Fでみれば0.3こちらの方が速いわけで。ローズSで評価すべきなのはあのペースで良い脚を使えたところだと思う。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

マイルだと前半の基礎スピード的についていけない可能性が高い。特にゲートがあまりうまくないのでその辺りを踏まえても東京マイルでこのメンツでとなると後方からになる可能性が高くなるだろう。流れた中でもローズSでは良い脚を使っているが、1800だからというのはあるしマイルだとそこまで中盤緩まないことも多いのであの位置から届くのかどうか。これまでのマイルでの競馬を見てもちょっと前半が忙しそうな感じがしたので、流れてしまうと個人的には不安が大きい。かといってスローだと追走自体は楽だろうが前走みたいに質の高いトップスピードを要求されてどうか、というのが出てくると。リスグラシューとの比較でみてもローズSで圧倒できたのは位置取りもあったし1800で基礎スピード的についていけた面があるかなと。近走のパフォーマンスもシンプルに物足りない、高速馬場は良いと思うがマイルだと?基礎スピード・キレ負けというリスクもある中でなかなか狙いづらいかな。

―――――――――――――――――――――――――

【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――
ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。