競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:シュウジ&横山典想定

time 2018/05/09

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:シュウジ&横山典想定

第63回 京王杯スプリングカップ(GII)出走予定馬展望

日程:2018年5月12日()
コース:東京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

シュウジ(横山典想定)

長らく短距離路線で活躍してきた実力馬シュウジが京王杯スプリングカップに出走予定だ。今年はこれですでに5戦目とかなり使ってきているが、やや迷走している感もあるだけにこのあたりで何とかきっかけをつかみたい。鞍上に再度横山典弘を迎え、復活の狼煙を上げられるか。

う~ん…ちょっと流れが良くないというか、シンプルに馬の走りたいように走らせてどこまでやれるか見たほうがいいと思うんだけどね。前半はあまり無理をさせないほうがいいけど、かといって後ろから長く良い脚を維持するタイプではないから、前走みたいなのはレースレベルが低くてできたことと思ったほうがいいと思うんだけどね。高いレベルではある程度の流れを前で進めて一足を使うイメージかな。

阪神カップ(GII)1着

阪神芝内1400m稍 15頭1枠2番
1:21.9 34.9-35.4 M
12.5-11.1-11.3-11.6-11.6-11.3-12.5

かなり遡ることになるが一昨年の阪神カップ勝ちを見ておきたい。この一戦はかなり強い競馬で、イスラボニータやここにも出てくるダンスディレクターらを撃破している。ペースは平均、力の要る馬場だったのもあるがL2最速は11.3、そこからL1で12.5とかなり落ち込んでいる。

2番枠から出負けして最初は後ろからだがリカバーしつつうまく好位の中目に入っていく。3~4角でも好位3列目でダンスディレクターの後ろを意識しながら直線。序盤で3列目からダンスの後ろを通しつつ外に誘導、ここではまだ伸びきれない。ただL1でしぶとく伸びて抜け出したイスラボニータを3列目からキッチリと伸びてとらえ切った。

ここでは力の要る1400mという舞台で平均ペースと阪神1400としてはそこまで速いペースではなかった。そこからの直線勝負で言うほど反応は良くなかったがそれでもL1の坂の上りで前が減速したところで一気に差し切ったし、ここでの脚は普通にメンバー中で一番だった。タフな馬場の中でではあるが、1400mの流れでしっかりと脚を使えているように基本的にはこれぐらいの距離が合っていると思う。

阪急杯(GIII)6着

阪神芝内1400m良 18頭1枠2番
1:20.3(+0.2) 34.2-34.6 M
12.3-10.7-11.2-11.3-11.4-11.2-12.0

そこからスランプに陥ったのかかみ合わなかったのも大きいのか、イマイチな成績が並ぶんだがそこから復調の軌道に乗ったものの物足りないのがこの阪急杯。相手関係も強敵だったにせよ、高速馬場で平均でコントロールされていた。その中でいまいち反応が良くなかったなあという感じ。

2番枠から五分のスタート、そこから楽に2列目のポケットにつけて折り合っていく。最終的には逃げ馬がダイアナに替わったので下がったニシノラッシュの後ろで3列目で内内我慢。3~4角でもロスなく理想的に入って直線。序盤で少し進路を迷うところはあるが待たされてL1で内に入ってそれなりに伸びてくる。ただ最後は伸びきれずの完敗だった。

最後は狭いところを突いたのもあるがそれでもラストは前が空いていたし、そこからの伸びはあまり感じなかった。もちろんL1の坂の上りまでに進路を取れていなかったのは痛かったが、終始淀みなく流れていたしL1も落ちていたので3~4角の貯金を考えるともうちょっと伸びてきても良かったかなという感じ。

東風ステークス(OP)3着

中山芝外1600m良 12頭8枠12番
1:35.6(+0.3) 48.7-46.6 S^2
12.9-11.6-11.9-12.3-11.9-11.6-11.3-11.8

前走の東風Sの内容を須貝師は満足しているようだけど、ミッキージョイ辺りをやっとこさ差す3着が高いレベルにあるとは正直言えないかなあと。ペースは2.1でかなりのスロー。L2最速11.3だがL1は11.8とそこそこには落ちているのでもう少し差し込む余地はあったかなと。上がり最速だがやや低調なメンバー構成に助けられた3着だった感が強い。

12番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。外枠で折り合いも不安なのでなかなかリカバーは難しく壁を作りながら後方で我慢。3~4角でもなかなかペースが上がらない流れで後方でまだ仕掛けを待ち、4角でも内か外化悩みつつ最後方で大外に出す。序盤でそこから追い出されて反応がいまいち。それでもL1はしぶとく伸びてきて最後は3番手争いを制したが、前2頭との差は言うほどつまらなかった。

展開上これで外から差し込んでくること自体は立派だけど、やっぱりスローで脚を残したところでこのレベルが限界なんだなというのは感じたし、末脚の絶対量が違うグレーターロンドン辺りとはその辺が違うんじゃないかなと。この馬の場合はそういう完全に後半勝負に特化する競馬は合わないと思う。実際ミュゼエイリアンの復活はともかくタイセイサミットに完敗だしね…。3着といってもあまり楽観的になれるものではないかな。

2018京王杯スプリングカップへの展望

ここ数走があまり内容が良くないし、かみ合ってない面もあるが、馬そのものよりも陣営の方が迷走しているところはある。この馬の難儀なところはそもそも昔からゲートがあまり安定していない。そのうえで折り合い面での不安がある。なので出負けすると出していって掛かるリスクが大きいし、序盤は探りながらになりがち。また1200だと厳しい流れで基礎スピードを問われると甘くなることが多く、逆に1400でも力の要る馬場だった2年前の阪神カップで平均ペースで強かった。2走前の阪急杯が騎乗やペースバランス的にみてもうちょっと伸びてほしかったのだがそれがいまいちだった。近走の物足りなさも踏まえるとやはり府中の1400でとなると後半の決め手で分が悪いかもしれない。トップスピード勝負でもある程度対応してくる馬だが、傾向を見ても自身平均で入って一瞬いい脚を使ってくるイメージ。阪神カップ勝ちが特殊なところはあるが、やはりある程度には流れて自身で前後半フラット~ややスローぐらいで走れる方がいい。そういう条件にはなりそうなんだけどね。キンシャサの仔は府中の1400で結構走るイメージなのでその辺での怖さもあるのはあるが常に人気しがちだし近走は内容的にもちょっと物足りないから。ヒモでひっかけるかどうか悩ましいし様子を見たいところ。いずれにせよ内枠が欲しいね。

―――――――――――――――――――――――――【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――
ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。