競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都10R 上賀茂ステークス 予想:本命01ゼンノワスレガタミ

time 2018/05/06

京都10R 上賀茂ステークス(16下) ダ1800m
馬場想定:良、ややタフなダート想定

展開予想

今回は結構ミキノトランペットの出方がカギかなと思っていて、前走はかなりハイペースになったし陣営もそれを嫌ってそうで今回は枠もあるし出たなりかなと。となると多分ナムラヘラクレスがとりあえずそれよりは前をとっていく、内からこれといって逃げ馬もいないのでそのままナムラがハナを切るパターンかな。全体のペースは恐らくコントロールされるけどナムラヘラクレスの田中健は徹底して早めに仕掛けているので、割とポテンシャル面を問われるかも。

予想

◎01ゼンノワスレガタミ
○05クリノリトミシュル
△03ホーリーブレイズ
△10ナムラヘラクレス
×08アンデスクイーン13ミキノトランペット
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ゼンノワスレガタミ

ここは面白い一頭かな。前走はハイペースの流れで消耗しつつも勝ち切ってこれ自体は平凡だが距離はこれぐらいはあった方がよさそうな感じ。そのうえで4走前。1000万下で1900m戦と違いはあるが、49.8-50.5と平均からの12.9 – 12.8 – 12.5 – 12.6 – 12.4 – 13.0と4F戦に近い流れで2列目のポケットから直線で外に出して少し反応鈍くもラストまで伸びてきた。この時の3着がホーリーブレイズなのでこのメンバー構成なら全然通用するはず。それとキックバックを受けても大丈夫で、逃げ馬の後ろに楽につけられそうなメンバー構成、ナムラヘラクレスが早めに動けば3~4角での立ち回りは大きいと思う。この馬から入りたいかな。

○クリノリトミシュル

いわゆるミラノが動いた後のルージュバックズドン理論。この馬は基本的にはハイペースを好まない馬で、そのうえでロンスパが理想。3走前の伊丹Sがかみ合ったのは49.1-50.7とかなりのハイでも12.9 – 12.8 – 12.6 – 12.1 – 13.2と中弛みで取り付けたのが大きい。ベストバウトは馬柱内にはなくて吹田特別で49.3-49.8と平均からの13.8 – 12.3 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.3 – 12.8とロンスパの流れの中でばてずに突き抜け完勝。2着のワンダーピルエットが1000万下も勝ち上がっている中で内容的に圧倒。基本的に前半無理なく後半しっかりと出し切ってどこまでもというタイプ。前走梅田Sは48.0-51.2でこのペースではしんどい、2走前の韓国馬事会杯はwるくない展開だったが3~4角で大外ぶん回しすぎた。得意の京都1800でこの流れでかみ合えば。

△ホーリーブレイズ

鮫島不人気で落としているのか、前走の桃山Sの負け方が、というところなのか。ただ前走の桃山Sに関しては47.3-51.4なので超超ハイ、これで外枠でとなると追走だけでも苦しかったと思うし、本来そこまで基礎スピードで勝負する馬ではないからね。もともと1000万下戦でも阪神2000でポテンシャルで好位からねじ伏せてきた。伊丹SはL2最速で少し置かれた感じ、雅Sは悪くない。前走と鮫島で人気が落ちるなら京都の1800で面白いかな。

△ナムラヘラクレス

この馬がレースを支配しそう。転厩初戦なのでそこが不安かな。前走の阪神1800m戦は同日の伊丹Sより速い時計なわけだし、もちろん48.8-50.8とかなりのハイで12.1 – 12.2 – 12.3 – 12.7 – 12.4 – 13.4とよどみも小さく出し切っているのはあるがそれでも基礎スピード面は高い。また早めの仕掛けで捻じ伏せている馬で、しっかり3角のくだりからペースを引き上げられるのも良いと思う。

×アンデスクイーン

4走前の京都1800m戦が48.7-50.0とハイペースの中で中団内内から押し上げたのがかみ合ったにせよ最後まで伸びての勝利。ここ2走が物足りないのはあるが、前走梅田Sはペースの問題もあったし2走前の韓国馬事会杯は休み明け。52kgで警戒。

×ミキノトランペット

前走の桃山Sはちょっと特殊で、この馬自身は47.3-51.4と超超ハイの流れで踏ん張っているし、12.6 – 13.0 – 13.3 – 13.2 – 12.4 – 12.5とコーナーで緩めた後に再加速ができている。入りの3Fで35.0で入ってそこからペースを落として再加速、という競馬ができているのはギアの上げ下げが上手いタイプ。ただこれまでの内容を見ても3走前のホーリーブレイズ戦では正攻法で完敗しているように、使える末脚の絶対量はそこまであるわけじゃない、いわゆるマラソンランナー的な感じだと思うのでペースをコントロールしてしまうと逆に3角以降ナムラ辺りに引き上げられて外からロンスパ気味だと甘くなる可能性が高くなるんじゃないかと。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 NHKマイルC(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・NHKマイルC

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。