競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:ケイアイノーテック&藤岡佑確定

time 2018/05/04

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:ケイアイノーテック&藤岡佑確定

第23回 NHKマイルカップ(GI)

日程:2018年5月6日()
東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ケイアイノーテック(藤岡佑確定)

前哨戦のニュージーランドトロフィーでも2着とマイル路線で上位であることを証明したケイアイノーテックがNHKマイルカップに出走予定だ。朝日杯フューチュリティステークスではダノンプレミアムには完敗も2着争いでは見せ場。今回の大舞台でもその末脚を武器に善戦マンからの脱却を目論む。

良くも悪くも中心にはいると思うんだよね。朝日杯上位組が結果を出しているし、逆に言えばダノンプレミアムにぶっちぎられた2着争いがここで中心というレベル、ということも言えると。朝日杯組の比較でみれば十分勝負になるとは思うんだが、別路線から魅力的な馬が多い中でタワーオブロンドンとの比較も含めてここでどこまで狙えるか、というところを掘り下げたい。

ニュージーランドT(GII)2着

中山芝外1600m良 15頭3枠5番
1:34.2(+0.0) 47.1-47.1 M
12.5-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-11.6-11.4

まずは前走のニュージーランドTから。ペースは平均だが風の影響もあったりでコーナーで緩んで直線後半のL1最速戦となっている。コーナーで取り付く形が理想ではあったかな。その点ではよい競馬だったと思う。

14番枠からやや出負け、そこから無理せず序盤は後方に近い位置。道中も折り合いに意識しつつ中団馬群の外目で進めて3角。3画辺りからは前もペースダウンしている中で外目からスーッと取り付いて好位列で直線。序盤で追い出されてしぶとく伸びるが先にカツジが前に出たかという感じ。そこからL1ではしぶとく伸びて最後は大接戦の2着だった。

負けはしたんだが、ちょっと特殊な流れになった中でL1で来ていたのは結構意外だった。3~4角で外から動いたのは悪くない流れだったけど、早めに取り付けたので一気に仕掛け切れずに直線に入ってきたなという感じはしたし、逆に後方から一気に動いてきたカツジの方が直線前半では先に伸びてきた感じ。一瞬前に出られていたかなというところからL1で差のないところだったのでラストの踏ん張りは負けてなかったと思う。この負け方は評価が難しいんだけど、見た目の上では大外一気のカツジのインパクトが強いが、恐らくレースの流れで考えるとこちらのL1の踏ん張りを評価したほうがいいのかなと。

500万下1着

阪神芝外1600m良 9頭5枠5番
1:34.2 47.5-46.7 S^1
12.6-11.2-11.6-12.1-12.3-12.0-10.8-11.6

この500万下戦では圧倒することができた。ペースはややスローという程度、ラップ推移的には中盤少し緩みがあって、L2最速だが仕掛けが遅いとみていいのかなと。L3の段階では12.0なので。

5番枠から五分のスタート、そこから促しつつだが前が速いので無理せずにじわっと取り付いて中団の中目で進めていく。途中で緩んだのもあって少しブレーキ気味から3角では外目を意識しつつ仕掛けを待つ。4角出口でもまだ中団の外で直線。序盤で前が加速するという流れで外から鋭く伸びてきて一気に加速し2列目。L1で突き抜けての圧勝だった。

このレースラップが正しいとするととんでもない切れ味を見せていて、L2の段階で前が10.8ということからも相当早いラップを先頭が踏んでいる。それでもそこから5馬身差ぐらいあった中で一気に1馬身差まで詰めているのでこれだと10秒台前半ということになる。まあこの時の脚を見ると強ちそうといえなくもないかもだが、エンジンのかかりはともかくL2の終盤の方はそれぐらい切れている。この時は高速馬場だったし、ややスローといっても中弛みが生じていて仕掛けが遅い流れになっていたのでその中で10秒台のラップ区間でここまで伸びたというインパクトは大きい。瞬間的な切れ味を引き出す方が個人的には合っている印象かな。

朝日杯フューチュリティS(GI)4着

阪神芝外1600m良 16頭3枠5番
1:33.9(+0.6) 47.2-46.1 S^1
12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7

4走前の朝日杯FSでは結構印象的な末脚を繰り出してきた。その前のデイリー杯がいまいちだったのだが、ステルヴィオ辺りと見劣らないラストの差し込みは結構インパクトがあったかなと。ややスローではあるがある程度流れている中でやれたのは評価。

5番枠から五分には出てそこから押して押しての先行を試みるが難しく、中団の中目で進めて折り合いを意識しながらの競馬になる。道中もタワーオブロンドンの後ろで意識するような感じで進めながら3角。3~4角でも中団馬群の中目で我慢しながら直線。序盤で少し進路を外に持ち出してからしぶとく伸びるが中団まで。しかしL1でしぶとく伸びてきて最後はステルヴィオと一緒に伸びるがステルヴィオの方が一枚上で4着まで。

良い脚を使ってきたとは思うがここではL2の地点でのキレがそこまで感じられなかったかなと。ただL1ではトップスピードの持続力を引き出してきたし、ステルヴィオには見劣ったがタワーオブロンドンとの差は決定的に詰めてきている。上位2頭が抜けていて、タワーオブロンドンとの比較ならば十分互角以上にやれる、というだけの競馬をしているとは思う。

2018NHKマイルカップへの展望

難しいけど、現状このケイアイノーテックとタワーオブロンドンが予想をする上での軸になる馬で、この2頭に対してある程度戦えている馬を狙いたい、というのはある。その中でこの馬は阪神マイルの2走、朝日杯と500万下勝ちの内容がいいし、前走のNZTも敗れはしたが展開的には中弛みで中途半端な仕掛けになった中でL1まで食らいつけたのは高く評価したい。高いパフォーマンスをみせているときは割と高速馬場に偏っていると思うし、デイリー杯なんかは脚を削がれていた、こぶし賞も悪くはないがパクスアメリカーナに完敗。力の要る淀の馬場では良さが出ていなかった感じはする。要所での動きはそこまでよくはないと思うしTS持続が一番の武器とは思うが2走前が本当ならトップスピードの質は乗ってしまえばかなり高いレベルにあるはず。基礎スピードも最低限持っているのであとはうまくかみ合えば。個人的にはマイルはちょっと短いと思っているので、基礎スピードが高いレベルで問われる府中でとなると、ゲート、二の足という点でもおそらく中団から後方になって届かない、というパターンになりがちとは思うが、3着ヒモでは狙いたい。

今週のNHKマイルCで5万馬券が獲れなかったら
―――――――――――――――――――――――――
日本ダービーまでのGIを毎週無料で公開します!
―――――――――――――――――――――――――

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年13人気2着のリエノテソーロにも見劣らない
≪超穴馬≫も掴んでいる!

さらに!
聞いている話通りなら3連単は10万馬券まで!!
―――――――――――――――――――――――――

【NHKマイルC】3連単最終結論を無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆先週だけでも万馬券7本獲得!春競馬も絶好調!

【先週】日曜東京10R
1万8680円的中!

【先週】日曜新潟9R
1万6270円的中!

【先週】土曜新潟11R
1万6020円的中!

【先週】日曜新潟4R
1万3010円的中!

【先週】土曜新潟7R
1万2810円的中!

【先週】日曜東京7R
1万0480円的中!

【先週】土曜新潟2R
1万0000円的中!

その他的中多数!

NHKマイルの3連単はコチラから

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。