競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

新潟大賞典 2018 出走予定馬:ステファノス&和田竜想定

time 2018/05/02

新潟大賞典 2018 出走予定馬:ステファノス&和田竜想定

第40回 新潟大賞典(GIII)

日程:2018年5月6日()
新潟芝外2000m

予想用・出走予定馬一覧

ステファノス(和田竜想定)

昨年の大阪杯ではキタサンブラックの2着、中距離GI戦線で何度も善戦している古豪ステファノスが新潟大賞典に出走予定だ。これだけの実力馬がローカル重賞に参戦というのも珍しいが、ハンデも58kgとやはりトップハンデを背負わされる形に。それでもGIで好走している馬、休み明けとはいえここで無様な競馬はできないぞ。

香港カップからの遠征明けというのが少し気にはなるかな。調整過程をしっかりとみておきたい。条件的に見てもペースが速くてもやれる馬だしどちらかというとトップスピードの持続力が売りの馬なので出し切りやすい新潟外回り自体は合うと思うんだが。

大阪杯(GI)2着

阪神芝内2000m良 14頭3枠4番
1:59.0(+0.1) 59.6-59.3 M
12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0

まずは昨年の大阪杯から振り返りたい。この時はレースラップ的には平均で淡々と、と映るがこれは単騎逃げのマルターズアポジーのもの。実際離れたキタサンの位置では明確にスローだったし実質的にはスローからのTS持続戦だとみている。

4番枠からまずまずのスタートを切っていたがそこから押して押して追走も二の足はいまいち、それでも何とかキタサンブラックの後ろをとって好位の内内と良い位置を確保する。道中も終始キタサンブラックを見ながら折り合わせて3角。3~4角でもキタサンの動きを待ち、キタサンが動いてからその直後をつけて直線に入る。序盤で3列目からキタサンの外に出してすっと伸びて単独2番手もキタサンブラックはしぶとく。最後はそれでも少し差をつめての2着だった。

2着は単独で確保できているし、このレースではキタサンブラックをマークしながらスローからのトップスピード持続力を問われた中でそれをしっかりと好位から引き出せたというのは収穫だったと思う。もともとモーリス相手にL1でもしぶとく伸びていたりとTS持続には定評がある馬。噛み合う競馬を川田がしてくれたが、馬も強かった。

香港カップ(GI)4着

シャティン芝2000m良 12頭8番枠
2:02.3(+0.7) 63.58-58.06 S^4
26.27-25.12-24.37-23.79-22.08

前走の香港カップでは4着と悪くはないが完敗の内容。このレースがラップ推移的にみて難しい面はあるがおそらくギアチェンジの性能を高いレベルで問われたのかなと。L4-3区間の平均が11.8、そこからL2-1で11.04という速いラップを踏む形になっている。直線で一気にトップスピードに乗せることを要求された一戦とみるべきか。ドスロー自体は良かったと思うが。

8番枠から五分には出たという感じだが前には行けず後方からの競馬となってしまう。道中も後方馬群の内目で進めながら3角。3~4角でも後方の内内で進めつつもペースが上がってこない中で進路がない状況で直線と苦しい展開。序盤でそこから中目に進路を持ち出して追われるが反応が鈍く外に出す。L1でそこからそれなりに伸びては来るんだがエンジンのかかりの遅さもあって最後はなだれ込むまでの4着だった。

スローの2F戦で一気に加速するギアチェンジを問われてしまったし、その中で馬群の内内から進路を作れない状況だったのも痛かったかなと感じる。基本的には出し切ってなんぼの馬だと思うし、こういう展開ではなかなか簡単ではないなと。それでもL1で伸びてきていたのでこのあたりはポジティブな要素かなと。

安田記念(GI)7着

東京芝1600m良
1:31.8(+0.3) 45.5-46.0 M
12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1

流れた中では近走だと安田記念になるが、これで結構やれているあたりやっぱり高速馬場なら流れても問題ないなと。ペースは平均だが入りの4Fは45.5なわけで相当速いし淀みもほとんどない。L3最速でL1は相当落ち込んでいる。消耗のきつい競馬だったなと。

18番枠からやや出負けして後方からの競馬となる。道中も前が淡々と運ぶ中で促しながら取り付いて中団の外で3角。3~4角でも中団の外でロスがある中で我慢しながら直線。序盤でヤングマンパワーの外に出して底からじりじりと伸び、L2の地点では2列目の一角から2番手を窺うが、さすがに最後はちょっと甘くなって7着完敗。

ここではTS持続が足りなかったというよりは流石にマイルでここまで速い中で外々追走では難しかったと思う。ただ想像以上にやれたと思うし、もともと鳴尾記念で高速2000の基礎スピード戦に対応できているので、高速馬場なら流れてもそう心配はないかなと。

2018新潟大賞典への展望

まあ実力的に考えればここでは一枚抜けた存在だとは思うが、あとは香港遠征明け初戦がカギかな。ペースに関してはある程度流れても問題ないし、時計的にも足りる馬なので土曜を見る限り普通の高速馬場という程度なら57秒台だろう。トップスピードの持続力はここでは一番。状態面を見ると、ここまでのCWの時計・ラップを見る限りでは正直本調子とは言えないかも?というのは感じる。直前でみておきたいけど、評価を下げるとしたら状態面かな。能力的にも適性的にも軽視できる材料がないので、一応本命対抗から追切次第で連下まで下げるというイメージで入りたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
NHKマイルC(GI)鉄板3連複10点

ルメール騎手・藤沢和厩舎コンビの
タワーオブロンドンを脅かす穴馬が!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/22 東京7R 2万4020円的中
4/22 東京12R 2万3410円的中
4/15 中山7R    1万0910円的中
4/14 福島7R    4万4280円的中
4/8 福島12R    4万9400円的中
4/7 阪神6R    5万0890円的中
4/1 阪神4R    2万1360円的中
3/31 中山9R 2万3980円的中

NHKマイルCを無料で見る方法

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。