競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都新聞杯 2018 出走予定馬:シャルドネゴールド&ボウマン想定

time 2018/05/01

京都新聞杯 2018 出走予定馬:シャルドネゴールド&ボウマン想定

第66回 京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m

日程:2018年5月5日()

予想用・出走予定馬一覧

シャルドネゴールド(ボウマン想定)

500万下勝ちは後の青葉賞2着馬エタリオウを撃破してのもの、シャルドネゴールドが京都新聞杯に出走予定だ。ただ重賞初挑戦となった前走の毎日杯では初めて連を外し7着と完敗を喫してしまった。今回は距離を延ばして2200mになるが、ここで結果を残して東上最終便に飛び乗れるか。

前走はちょっと不甲斐なかったかなあ。思ったよりもTS持続が甘い印象で、あとはペースが上がった時に脚を使えるかどうか。陣営が位置取りにこだわらずに自分のペースでといっているのでそこが少し気になるかな…。

500万下1着

阪神芝内2000m良 9頭8枠8番
2:03.0 62.6-60.4 S^2
13.0-11.0-13.2-12.8-12.6-12.8-12.5-12.0-11.4-11.7

まずは2走前の500万下勝ちから振り返る。このレースは2.2でかなりのスロー、そこから段階的には加速しているがL3でも12.0と遅いラップ、L2最速11.4で2F戦といっていい内容だろう。

8番枠から五分のスタート、そこから無理せずに好位の外目で進めていきながら。道中で少し下げて中団で前にアイトーンらを置いてその後ろで進めていく。3角では内目で我慢、4角でアイトーンの外から動いて大外から上がっていくフランツとともに直線。序盤で一気に抜け出してフランツに差をつけ先頭列。L1で粘り込むエタリオウらをしっかりと競り落とした。

強い競馬ではあると思うが全体の仕掛けが遅かった中でフランツの仕掛けと同じような感じで外から動いていって最後まで伸びた。ただL2-1で決定的な伸びを見せたというほどではない。もちろん相手がエタリオウなのでこれを撃破できたともいえるが、シースプラッシュとの比較でみるとちょっと物足りない、というような感じでこれだけではまだクラシックでどうこうというところまでは何とも。

毎日杯(GIII)7着

阪神芝外1800m良 10頭4枠4番
1:47.2(+0.7) 48.0-46.2 S^2
12.9-11.6-11.5-12.0-12.3-12.1-11.5-11.1-11.5

ただ前走の毎日杯は非常に不満が多い。1800への短縮ではあったが、ペースは1.8でかなりのスローと割と楽な流れだったしL2最速戦で3F戦とはいえTS持続がそこまで問われたというほどでもない。正直ここまで完敗するとは思ってなかったので驚きの方が大きいかな。

4番枠から五分のスタート、そこから結構楽な感じで先行策、そこから折り合いを意識しつつ下げながらも2列目で悪くない入り方で、最終的には番手で3角となる。3~4角でも番手で前のウォーターパルフェを行かせて4角で促しながらだが案外反応が良くないまま少し置かれて直線。序盤で慌てて追い出すも下がってしまって3列目、最後まで良いところがなかった。

ん~どうしたんだ?というぐらいダメで、まあこの馬の上がりを使っているといえばそれまでなんだが、要所の反応もいまいちだった。トップスピードの質的に足りないのは確定的なのかなという感じもするし、2走前の場合は内回りで2F戦といえども最速11.4、そういった面がかみ合ったところはあるかもしれない。高速馬場で決め手勝負となると微妙に感じる。

葉牡丹賞(5下)2着

中山芝内2000m良 9頭1枠1番
2:01.4(+0.0) 62.0-59.4 S^3
12.6-11.5-12.3-12.7-12.9-12.4-12.0-11.7-11.3-12.0

この葉牡丹賞は強かったと思うんだけど、スローでもやはり内回りであまり速いラップを問われない方がいいのかなという感はある。2.6で超スローに突入、ラップ推移的にみても徐々に加速しながらL2最速戦。

1番枠から好発を切ってそこから外の各馬を行かせながら2列目のポケットで落ち着かせる。向こう正面でも前にスペースを置きながらスローの流れでも楽に折り合って進めて3角。3~4角でも前のスペースをじわっと詰めながら直線。序盤でそこから追い出されるが進路がないので外に出すのに少し待たされる。ただL1の伸びは決定的で、1馬身半差ぐらいから前で粘っていたジェネラーレウーノにハナ差まで迫る2着だった。

ここではうまく内で立ち回ったとはいえL1の伸びを見せてきている。もちろんジェネラーレウーノは皐月賞3着といっても基礎スピードでのものなのでスローでどうか?という面はあるが、それでもスプリングS3着のマイネルファンロンを撃破できているわけで内容的にも評価すべきだと感じる。もちろんダノンプレミアムはおろか、ステルヴィオ辺りとの比較でみても少し見劣るとは思っているが、それでも単純な地力で考えて毎日杯であそこまで崩れるべき馬ではないと思う。

2018京都新聞杯への展望

新馬戦がもしかしたら伝説の一戦?と思われていたが結果的にそうでもなかったので(少なくともトップスピード戦としては)、そう考えるとやはり決め手勝負に特化するとよくないかなと。特にトップスピードの質が物足りない感じで、毎日杯はその辺りが出てしまったかもしれない。好走しているのは内回りで直線が短い、速いラップを直線地点でそこまで要求されていない中でのもの。そういう競馬ならそこそこ高いレベルでまだ底を見せていない。エタリオウあたりを楽に撃破できていることを考えても、少なくとも皐月賞掲示板組から少し見劣る程度、ぐらいの実力は今の段階でも見せていると思う。距離延長は恐らくプラスになると思っているが、前半から流れてしまった時にどうか?というのはまだ何とも言い難いかな。現時点ではスローのL2最速戦で良さが出ているという傾向が出ていて、L1も最後まで伸びているがこれを京都の2200でどこまで引き出せるかかな。前半の縦の位置にはそこまでこだわらなくていいと思うが(どうせ3角辺りで取り付く形になる)、そこまで長く脚を使えるイメージでもないので3~4角の横の位置にはこだわった方がいいので3角である程度コース取りを選べるところでは進めてほしいかな。離れた2~3列目から好位ぐらいで入りたい。実力的には通用するはずで、あとは諸条件次第。今回は結構混戦だと思っているので枠順を見ないと何とも言えないかな。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 NHKマイルC(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・NHKマイルC

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。