競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:テトラドラクマ&田辺想定

time 2018/04/30

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:テトラドラクマ&田辺想定

第23回 NHKマイルカップ(GI)

日程:2018年5月6日()
東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

テトラドラクマ(田辺想定)

強烈な基礎スピードを武器にハイペースを刻んでクイーンカップを制したテトラドラクマがNHKマイルカップに出走予定だ。いろいろな競馬ができるタイプだが、やはり前半に厳しい流れに持ち込んだ前走の内容が最も良いだろう。持ち味を生かして各馬の脚を削ぎ切れるか。

クイーンCの競馬ができれば…というところ。ただ昨年のアエロリットほどのインパクトがあるかといわれるとそこは微妙なライン…。馬券的にはもちろん考慮に入るけど、タイプ的に近いアエロリットの時ほどの自信はないかな。

クイーンC(GIII)1着

東京芝1600m良 16頭3枠6番
1:33.7 46.0-47.7 H^2
12.6-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-11.5-12.4

まずは前走クイーンCから。このレースはかなり流れていて、1.7とかなりのハイ。そこから少し3~4角でペースが落ち着いてL2で再加速、最速11.5とトップスピード面を問われない競馬。前半の基礎スピードを重視すべき一戦だろう。

好発を切ってそこからコントロールをしながら先頭列の内で進めていく。道中もコントロールしながら、少し掛かり気味で、3角では一旦アルーシャに前に出られるがそこから4角で再び前に出て直線。序盤で持ったまま楽な手ごたえで進め1馬身ほどのリードをキープ、少し詰められてからL2で追い出されるとしっかりと加速して出し抜き再び2馬身差ほどに広げると、最後は外から食い込んでくるフィニフティを相手にセーフティの3/4馬身差完勝。

ここで評価したいのは前半の入りが46.0という状況から直線で12.0-11.5と加速する脚を見せたという点だろう。基礎スピードが非凡であることは間違いないと思う。ここでは前半でペースを引き上げたことで後続は脚を使う余力を持てなかったし、マウレアなんかが伸びあぐねたのもその辺りが大きいだろう。この馬のいいところはここだと思っている。

フェアリーS(GIII)6着

中山芝外1600m良 16頭8枠16番
1:35.1(+0.5) 48.0-46.6 S^1
12.5-11.5-11.9-12.1-11.6-11.6-11.6-11.8

一方でフェアリーSのようなパターンがおそらくこの馬にとっては一番よくないんだろうと感じる。ペースは1.4でスロー、しかもL4最速タイで仕掛けが早いポテンシャル戦。後半の末脚勝負の度合いが大きいし、しかも4Fで長く良い脚を要求された。

16番枠からやや出負け、それでも大外枠からある程度リカバーしようとはするがそれでも好位の外まででレースを作れず、ペースをスローに支配されてしまう。3~4角でもそのまま好位の中目で我慢しながら直線で外。序盤で追い出されるが外の2頭の脚色が良く食らいつくまで。L1で甘くなって最後は外差し各馬に屈して掲示板も確保できず。

これは大外枠だと難しかった、というのを考慮に入れても消極的な競馬になってしまったと思う。もう少しペースを引き上げてしまってよかったのに抑えることを意識して前半の勝負に持ち込めなかった。結果として後半のポテンシャル戦となってこの馬の良さが一切出せなかったと思う。スローでも前目でもうちょっと仕掛けを待てて加速性能で、というならよかったんだが。

未勝利2着

東京芝1600m良 13頭6枠9番
1:34.2(+0.0) 47.9-46.3 S^2
12.6-11.3-12.0-12.0-12.2-11.2-11.3-11.6

プリモシーンに敗れはしたが強かったのがこの未勝利2着。このレースはペースが1.6と遅く、そこからのL3最速11.2で12.2-11.2とL4-3でそれなりのギアチェンジを問われている。が仕掛けが早いのでTS持続が高いレベルで問われた一戦だ。

9番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行、2列目に入っていく。道中少し掛かり気味になって2列目の中目で折り合いをつけて3角へ。3~4角でもペースが上がらないので先頭列に並びかけるような感じで直線。序盤でじわっと仕掛けて先頭に立つがまだ仕掛けない。L1で外から一気にプリモシーンに来られたのでここで一気に仕掛けて食らいつく。L1までしぶとく食らいついていたが最後は目視でも負けがわかる程度の惜敗2着。

スローでTS持続と出し切る形になった中で仕掛けを待って食らいつけた、その相手がプリモシーンではあったと。このプリモシーンが桜花賞で出遅れて直線での進路もあまりよくなかったとはいえ完敗だったのは少し不安もある。ただスローの決め手勝負という相手の土俵の上でもしっかりと先頭列からしぶとく粘れているのは高く評価したいし、反応面もよかったのでそこも心配していない。

2018NHKマイルカップへの展望

基礎スピードに関してはかなり高いレベルにあると思うし、46秒で入っても加速する余力がある。これは大きな武器だが、昨年のクイーンC2着のアエロリットの時と比べると少し時計的には物足りない面があるのは確か。3~4角で緩んだといってもそこまでではないので、去年のアエロリットほどの自信がないというのはその辺になる。ただスローである程度速いラップを要求された未勝利プリモシーン戦でもやれているし、前受けしてある程度のペース…46秒半ばぐらいで入れれば好勝負にはなるかな。未勝利勝ちがL1最速で1:33.9、今回のメンツだと前目から33秒台前半を意識できそうなのはこの馬ぐらいなのでその点でも楽しみはもちろんある。なので重い印を打つ可能性も高いと思うが、本命までとなるともうちょっと色々各馬を詳しく見ていってから判断したい。何度も言うけど去年のアエロリットとタイプは近いが、そこまでの自信には届かない。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 NHKマイルC(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・NHKマイルC

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。