競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンエリザベス2世カップ 2018 出走予定馬:ピンハイスター&モレイラ想定

time 2018/04/26

クイーンエリザベス2世カップ 2018 出走予定馬:ピンハイスター&モレイラ想定

2018クイーンエリザベス2世カップの出走予定馬展望

第44回 クイーンエリザベス2世カップ(GI) シャティン芝2000m

日程:2018年4月29日()

予想用・出走予定馬一覧

ピンハイスター(モレイラ想定)

前走の香港ダービーでは2000mへの距離延長で強烈な末脚を発揮し一気に台頭したピンハイスターがクイーンエリザベス2世カップに出走予定だ。不気味な香港馬としてはこちらの方が色が濃いか。距離延長で引き出してきた末脚はまさに圧巻、世代の頂点に君臨した。日本の期待を背負う2頭、さらに香港のエースが中心となるが、持ち味の末脚を引き出しあっと驚かせるか。

香港ダービーはまさに圧巻。強烈な末脚は間違いないし、少なくとも世代の中では1枚上の存在なんじゃないかなと。あとはこれがこのレベルで通用するかどうか。

香港ダービー1着

シャティン芝2000m良 14頭9番枠
2:01.1 62.24-58.94 S^2
25.51-24.17-25.12-23.67-22.71

この1戦をきっちりと見たい。ペースは日本式で大体61.2-58.9として見てもかなりのスロー。ラップ推移的には少しよどみがあるが向こう正面地点で少し緩んでいる(25.12)。そこからL2-1区間が最速22.71。ハロン平均で11.36なのでそこまで速いわけではないがそれでも直線勝負の度合いがきつい。

9番枠から出負けして最後方からの競馬となる。道中もスローの流れの中で割と団子状態、その中で最後方で進めながら3角。3角でも最後方中目を追走、4角でも大外には出さず馬群をさばいて直線外目。序盤で後方から一気に取りついて中団、L2の段階で2列目。L1ではさらにそこから一気に伸びて突き抜けた。

後半特化の競馬の中でしっかりと脚を引き出してきた。香港の場合各馬の個別ラップがあるのでそれを参考にするが、この馬はL2-1区間を21.99と超誤差程度だがハロン平均で11秒を切ってきた。ここからもトップスピード勝負での適性の高さを引き出してきたのは間違いないだろうと。それと同時にやはりL1での伸びが非凡だったわけで、ここからもまだ余裕があったかなという感覚。日本と違って2Fごとのラップなので難しいが、底は見せていないとみている。ただ昨年の香港カップのタイムワープがドスローの中でL2-1でタイムワープが22.08を刻んでいることからも、ここまでゲートが拙くあの位置取りとなると流石に勝負するには難しいかも?というのは感じるところかな。ただ時計的には悪くない。

2018クイーンエリザベス2世カップへの展望

今の時点では3~4角で前がやりあったところでのL1ズドンが一番現実的な好走のイメージかなと。瞬間的な切れ味という点は正直前走では感じなかったしL1の伸びが良かった印象なのでおそらくTS持続が武器だろう。ペース自体は極端ではないスローの中で底を見せなかったのは魅力だが、例えば香港カップのようにタイムワープがスローからの2F戦に持ち込んでとなると流石にあの位置から届くのは難しいと感じる。前半の位置取り、そして3~4角の展開がカギを握りそうかな。1400mでもスピード的に足りていた馬なので2000でも流れたほうがいいかもしれないしその辺の不気味さは否定できない。理想は日本馬の後ろを取れればというところ、名手モレイラがどういう競馬をしてくるかにも注目したいが現時点では押さえまでかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第157回 天皇賞・春(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
天皇賞・春を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で連対したのは昨年のキタサンブラック(1人気1着)ただ1頭のみと信頼は薄い。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように、波乱が多い長距離GIである。

また、16年カレンミロティック(13人気1着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気3着)、12年ビートブラック(14人気1着)、10年メイショウドンタク(16人気3着)、09年マイネルキッツ(12人気1着)、などの二桁人気馬の好走が目立ち、大波乱を演出している。平均配当でも馬連1万1540円、3連複5万1660円、3連単35万9540円となっており3連単では10万馬券以上が8度、最高配当では145万馬券が出ている。

過去10年のステップレース別の成績では日経賞【4.3.2.43】、大阪杯【3.3.2.10】、阪神大賞典【3.3.2.10】、京都記念【1.1.0.3】と、連対馬を出しているのは4つのレースのみ。年齢別の成績では4歳馬【3.1.5.36】、5歳馬【4.5.1.39】、6歳馬【3.2.2.26】、7歳馬【0.1.2.20】、8歳上【0.1.0.25】と勝ち馬や連対馬を多く輩出しているのが5歳馬となっている。

キタサンブラック引退後、古馬GI戦線で主役になるのは果たして!?大阪杯ではスワーヴリチャードが優勝したが、距離適性を考え天皇賞春には向かわず安田記念参戦が決まっている。2着馬ペルシアンナイトも天皇賞春は使わず安田記念が有力。3着馬アルアインはクイーンエリザベスII世Cへ出走予定と、大阪杯上位馬は別路線へ向かう。

今年も波乱必至の淀の3200M戦。実は競馬セブンでは早くからココ目標の、とある陣営の勝負情報を入手済!今後のGI戦線でも主役になる厩舎の期待馬だけに注目の一戦。また、紙面上では完全無印が予想される激走穴馬の存在をスクープ!波乱の立役者となる激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第157回 天皇賞・春(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
天皇賞・春を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。