競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

天皇賞春 2018 出走予定馬:チェスナットコート&蛯名想定

time 2018/04/25

天皇賞春 2018 出走予定馬:チェスナットコート&蛯名想定

2018天皇賞春の出走予定馬展望

第157回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m

日程:2018年4月29日()

予想用・出走予定馬一覧

チェスナットコート(蛯名想定)

今年に入って1000万下、準OPを連勝し、重賞の日経賞でも2着と一気に台頭してきたチェスナットコートが天皇賞春に出走予定だ。ここ2層は外から正攻法の競馬でしぶとく差し込み結果を残してきた。あとはこの上昇度を武器にGIの大舞台でどこまでポテンシャルを引き出し切れるか。京都の長丁場で不気味な蛯名とのコンビで存在感を示したい。

ポテンシャルに関しては前走の日経賞からも結構侮れない面はある。また早春SではL3最速のTS持続戦でもしぶとく伸びてきた。軽い馬場で速い馬場をある程度対応できている。鞍上蛯名も含めて今の淀で楽しみな一頭かな。

早春S(16下)1着

東京芝2400m良 10頭8枠9番
2:27.0 62.2-59.5 S^3
12.8-11.5-12.8-12.8-12.3-12.5-12.8-12.5-12.2-11.3-11.7-11.8

2走前の早春S勝ちから振り返る。この時は良馬場でも雨の影響が残っていた。それでも普通には高速馬場だったが。ペースは2.7で超スロー、ラップ推移的には3F勝負だがL3最速でTS持続力を問われた。

9番枠からやや出負け、そこから無理はせずにじわっと促しながらも後方での競馬となる。道中も淡々とスローという流れの中で後方で折り合って進めながら3角。3~4角でも前との差がそこまで詰まってこない中で中目で進めて4角出口で仕掛けて直線。序盤でジリジリと伸びてL2の地点で外から差を詰め始めて2列目付近。L1でしぶとく抜け出しての勝利となった。

トップスピード戦としてはホウオウドリームを楽に撃破しているというのはあるし結構馬鹿にできない一戦。もちろん後ろからの競馬で後半勝負、出し切ってじりじりと伸び続けた形なので瞬間的に切れたとかそういうわけではない。ただトップスピードを長く維持できたからこそL2-1の地点で最後まで伸び続けたわけでここはステイヤー的に評価したい点になる。

日経賞(GII)2着

中山芝内2500m良 15頭2枠3番
2:34.0(+0.1) 62.8-60.4 S^2
7.1-12.1-11.8-12.4-12.7-13.3-12.2-11.9-12.0-12.4-11.9-11.6-12.5

前走の日経賞でも結果を出してきた。中山の2500mでロンスパ6F戦。3~4角で少しよどみがあったがそこからのL2最速なので2段階加速に近い、それでも速いラップは問われずポテンシャルが重要だった一戦。

3番枠からやや出負けしてそこから促しながらポジションをとっていき、中団ぐらいでは進めていく。スタンド前でも中団馬群の外目で進めながらだがキセキが動いていったのでその流れでも特に動かず、トーセンバジルを見ながら3角へ。3~4角でトーセンバジルの外から鞭が入って追い出しながらソールインパクトの後ろに持って行って外。序盤で外からじりじりとした伸びだがこの地点ではまだサクラアンプルールが手ごわい。それでもL1ではしぶとく伸びてしっかりと単独2着を確保した。

ここでは完全にポテンシャル勝負の流れに乗っていったわけで、外から動いていってL2ではそこまで伸びずもL1の減速地点でしっかりと差を詰めてきたのであればやはりポテンシャルの高さを感じる競馬だったかなと。ロンスパで速いラップを問われない中でもこれだけ長く脚を使ってきたし、3~4角のロスもそれなりにあった方。要所で動けるサクラアンプルールに対してもL1の地点ではしっかりと優位性をとっていたのでこれは評価できる。ガンコに前受けされたのは厳しい競馬になったが、相手関係を考えても結構頑張ったしこれは侮れない内容。ただやっぱり高いレベルで考えるとゲートの甘さは前半のポジショニングという観点で少しネックになる。二の足は悪くなかったが。

尾張特別(10下)2着

中京芝2200m良 13頭2枠2番
2:13.1(+0.0) 60.1-61.3 H^1
12.7-11.7-11.7-12.5-11.5-11.7-11.9-12.2-12.7-12.1-12.4

4走前の尾張特別がレイホーロマンスに敗れた形。内容的には悪くはないが、ペースが1.2とややハイでこれを前が離して進めていた。実質的にはややスローぐらいかなとは思うが、そこからのロンスパで取りこぼす形にはなっていると。

2番枠から五分には出て押して進めてまずは好位の内目で進めていく。道中も前が離して進める中でサイモンラムセスの後ろで前にスペースを置きつつ中団内内で3角。3~4角で離れていた前に対して3番手以降が動く流れの中でうまく中団の内目で脚を残しながら直線。序盤で馬群の中目からじりじりと伸びてくるがレイホーロマンスが手ごわい。ラストまでしぶとく食らいついて接戦には持ち込んだが2着。

レイホーロマンスとの比較でこのレベルだったというのをどう評価するかだが、一つは休み明け初戦だったということと2200mでそれなりには流れていたというのはあるかもしれない。ここ2走の内容がいいし、どちらも2400~2500と長い距離でしかもペースも遅めだった。このあたりを考えるとちょっと流れが速かったのかも?というのはあるかな。

2018天皇賞春への展望

まあこうやって見れば楽しみも多いのだが、不安はある。まず一つはゲート面。少なくともここ2走では後手に回ってしまっているのは気がかり。長距離戦とはいえ3角までの位置取りが重要な天皇賞春においてゲートで見劣るのはリスクが大きくなる。3角までに動く選択をとるというのはなかなか難しいからね。ただ例えばガンコなんかは高速馬場での適性が未知数なのに対して、こちらは一応準OPの早春Sである程度速いラップに対応して長くTS持続力を引き出してきたのはある。ゆったり入って良さが出た、ポテンシャル面で高いレベルのものを見せてきたのでこのあたりからも長距離適性そのものは高いとみている。あとはその辺を総合的にみてどうか…。近年の天皇賞春は前半だけでなく中盤も結構淀みなく入ることが多い。ここ2走が2400~2500とはいっても緩い流れの中でのものだけに、3200でも流れてしまって後方でとなった時にどうか。ゲートも含めて中盤までがカギかな。位置取り面もだし流れて余力をなくさないかどうか、基礎スピード面も判断に入れたい。日経賞のパフォーマンスは高く評価したいので、馬券的にはヒモで狙う可能性は十分にあるかな。京都の長丁場に強い蛯名というのも心強い。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第157回 天皇賞・春(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『天皇賞・春(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・天皇賞春

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。