競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

天皇賞春 2018 出走予定馬:サトノクロニクル&川田想定

time 2018/04/24

天皇賞春 2018 出走予定馬:サトノクロニクル&川田想定

2018天皇賞春の出走予定馬展望

第157回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m

日程:2018年4月29日()

予想用・出走予定馬一覧

サトノクロニクル(川田想定)

今年を席巻する4歳世代から、阪神大賞典2着と長距離路線で開眼してきたサトノクロニクルが天皇賞春に出走予定だ。昨年末のチャレンジカップで重賞初制覇も有馬記念では高い壁に阻まれた。距離を延ばした阪神大賞典で強い競馬での2着と目途を立ててきた今、淀の長丁場で目が離せない一頭となりそうだ。

有馬記念に関しては動き出しの鈍さが露呈した形でこれ自体はそこまで悲観していない。阪神大賞典で流れた中でしっかりと結果を出せたのは大きいし、動き出しが鈍い馬なので淀の長丁場は面白いはず。切れ味勝負では分が悪いが基礎スピードとポテンシャルを活かして粘りこみたい。

チャレンジカップ(GIII)1着

阪神芝内2000m良 12頭3枠3番
1:58.6 59.9-58.7 S^1
12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1

まずは3走前の重賞初制覇の舞台、チャレンジカップから振り返る。この時は年末としてはかなりの高速馬場状態。ペースは1.2でスローだが後半は6F戦となっていて顕著にロンスパ。見た目以上にスローロンスパだったと思うしL3最速で本仕掛けも早かった。トップスピードを問われず出し切りやすい展開だったといえる。

3番枠からまずまずのスタート、押して先行争いに加わっていって最終的には好位で進める。道中も好位で進めながら3角に入っていく。3~4角では最内を立ち回りながら食らいついて押し上げ2列目で直線。序盤でしぶとく抜け出すがデニムアンドルビーに並ばれる。それでもそこからがしぶとく最後は踏ん張っての勝利だった。

まずまずのパフォーマンスだが、それでもレベル的にはあまり高くない一戦だったわけで、そこで6Fのロンスパで何とか勝ち切った、という程度では何とも言い難い。ただエンジンのかかりが少し悪くコーナーで置かれる癖があった馬なのだが早めにスピードに乗って3角に入っていけたこともあってこの馬としてはコーナーでかなりうまく立ち回っていたな、という印象は受けた。

有馬記念(GI)9着

中山芝内2500m良 16頭3枠6番
2:34.3(+0.7) 61.6-59.5 S^2
6.8-11.6-11.9-12.2-12.3-13.3-13.2-12.8-12.2-12.1-11.7-11.2-12.3

有馬記念では内内で包まれて動けなかった。この時は2段階加速で向こう正面の段階では12秒前半ぐらいには乗っていたがそれでもL2最速が11.2ということを考えても要所のギアチェンジをある程度問われていて、コーナーでの加速も問われた。

6番枠から五分のスタート、そこから押して先行したかったが結局は難しく中団ぐらいから入っていって最終的には好位を取り切る。スタンド前でも3列目の内内で進めてそのまま特に動きなく3角まで進める。3~4角でも3列目の最内を立ち回っているが4角では鞭が入るも反応で少し見劣っておかれて直線。序盤で中団ぐらいまで下がってしまい、そこからじりじりと食らいつくがなだれ込むだけの9着完敗。

4角辺りから反応が鈍くなったが、レースラップ的にもまさにここから11.7-11.2と加速していく流れ。内内で立ち回ってもどうしてもここで置かれてしまって難しくなると。地力でコーナーで加速していくというのがあまり得意ではない印象で、3歳春でも京都新聞杯とかでも要所で少し置かれてしまう面があった。この馬としてはそこが弱点といっていいのかなと。少なくとも要所で器用に加速出来るタイプではないと思う。

阪神大賞典(GII)2着

阪神芝内2000m良 11頭6枠6番
3:03.8(+0.2) 60.1-63.0(FA12.6)-60.5 M
12.8-11.4-11.7-11.8-12.4-12.3-12.6-13.3-12.8-12.3-12.0-11.8-11.9-12.0-12.5

阪神大賞典では割と厳しい流れになった。ペースは平均だがそれよりも中盤の5Fがハロン平均で12.6とそこそこ流れている。長距離戦としては比較的全体の競馬になっているし、その中で後半のL4最速のポテンシャル戦。基礎スピードもこの距離としては問われている。

6番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずに控える形で中団となる。距離延長ということもあり折り合いを意識して前に壁を置いていたがスタンド前では壁を置かずとも結構折り合っていてそのまま向こう正面まで。向こう正面でも中団の中目で進めつつ3~4角で外々から追走、やや置かれ加減で直線。序盤で先に外のレインボーラインに抜け出されるがそこからがしぶとく、L1ではじりじりと差を詰めて2着は楽に確保した。

意外と長距離戦で結果を出してきたなという感じ。ペース自体がそこそこ流れたのもよかったとは思うんだが、L4最速で11.8と明確にポテンシャル戦となっている中で、コーナーでの反応は少し物足りないものの最後までしぶとく脚を使ってきたのはこの馬だったと。3着以下との比較でみれば明確に上だったと思うし、このパフォーマンスはかなり侮れない。少なくともこの展開でクリンチャーを楽に破ったのは本番に向けて大きい一戦となったと思う。

2018天皇賞春への展望

3200への延長だが前走阪神大賞典の感じなら折り合い面はそこまで気にしなくていいと思う。入りの5Fが速くなりやすい春の天皇賞だが阪神大賞典も速かったし、中盤も少し落ちたが折り合い面の不安を見せなかった。これならもう少し前半から良いポジションを狙えるかなと。それと淀の場合はL4の3角の地点で下り坂があるので、そこまでに良い位置を取れてしまえれば坂のくだりからペースを引き上げていけばコーナーでの加速が苦手なこの馬でもスピードに乗せやすい。ポテンシャルに関しては少なくとも阪神大賞典のパフォーマンスを出せれば淀の長丁場ならポジション差は活きてくるのでレインボーラインに逆転可能だと思うし、後は自身が3~4角で外過ぎないところを回せるかどうかだろう。阪神大賞典の2着で評価を上げざるを得ない、というところかな。少なくともクリンチャー以上の評価をしたいし、あとは阪神大賞典組以外との比較になってくる。有馬記念の負け方は力負けというよりは適性面での問題。セントライト記念はL1最速で11.0と切れる脚を要求されたことが大きい。チャレンジカップは個人的には勝ったとはいえメンツ的に楽だったと思うが、距離を延ばした阪神大賞典の内容が良かった。このあたりを踏まえても、ここは軽視してはいけない一頭になると思う。枠次第だがこのメンツなら重い印も考慮に入れたいところかな。

PR【 春だよ!春! 天皇賞・春 の季節がやってきた~! 】

先日、こっそり友人から教えてもらって指数サイトを覗くようになったんです。
そしたら的中率が上がる上がる!!嘘じゃないんです!!本当です!!
ここの指数は、ここでしか出せません。異次元データとも言われています。
指数30以下赤文字には要チェックですよ~!
うまコラボの指数を元に自分の予想を更にプラスし、今週は天皇賞・春ということで予想を開花させましょう~(*^▽^*)
天皇賞・春の予想をチェック

第157回 天皇賞・春 (GⅠ)
4歳以上オープン (芝3,200m)
いよいよ開幕。
今年も熱いメンバーが集結しました!
やはり注目が集まるのは・・・
シュヴァルグラン、クリンチャー、レインボーライン、ガンコの4頭でしょうかね~。

シュヴァルグラン
前走の大阪杯は13着という結果で終わってしまいましたね…。
叩き2戦目なので問題なく好走してくれるはず!
G1馬は1頭だけなので頑張ってほしいですね。

クリンチャー
今年の京都記念でダービー馬レイデオロを倒した強者。
満点の追い切りができたと調教師さんが太鼓判を押しているので期待できるんでは?
当日の馬場状態が鍵。

レインボーライン
前走の阪神大賞典のように4コーナーからスッと飛び出してくれれば可能性大。
ステイゴールド産駒は雨に強いので稍重以上であれば狙い目。
チャンスレースです。

ガンコ
明らかに馬格が変わり楽しみになってきました。
このメンバー構成なら十分いける。
春天勝って良い結果を残してほしいです。

うまコラボの昨年の天皇賞・春指数結果はこちらです。

昨年も一昨年も、指数上位馬3頭の内、必ず2頭が絡んでいたんです。
ってことはですよ?
複勝の勝率はグーンと上がりますよね!うまくいけばワイド馬単馬連的中
いいこと尽くしの週末を過ごせちゃいますね^^

うまコラボ複勝率が本当に素晴らしい!
90%超えは当たり前!100%の日が続出!
これは、、、! 1歩勝利の道へ進めますね~。
私は暫くは複勝に賭けて遊んでみる事にします☆★
当たり癖をつけないといけないですからね!!!!!
いつも大穴狙いなのでたまには地道にコツコツも有りですね!

日曜日には、うまコラボの運営者の北条氏がブログで予想をアップしていますよー!
是非、参考にしてみて下さいね。

まずはお試しで無料登録してみませんか?
コチラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。