競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

青葉賞 2018 出走予定馬:サトノソルタス&M.デムーロ想定

time 2018/04/23

青葉賞 2018 出走予定馬:サトノソルタス&M.デムーロ想定

2018青葉賞の出走予定馬展望

第25回 青葉賞(GII) 東京芝2400m

日程:2018年4月28日()

予想用・出走予定馬一覧

サトノソルタス(M.デムーロ想定)

共同通信杯では中団から鋭く伸びて2着に滑り込み賞金を積み上げたサトノソルタスが青葉賞に出走予定だ。皐月賞ではなくダービー路線に矛先を向けての参戦、鞍上にミルコ・デムーロで万全の策を期してきた。東京2400mで末脚を爆発させてプレダービーを制したい。

2戦しかないが、共同通信杯は準OPと互角レベルの中でしっかりと脚を引き出してきたしこれは評価したい。こちらの方が総合力が高いし、そのうえでTS持続でも魅力があるわけで現時点ではオブセッションよりこちらの方を上に評価したい。あとは他との比較。

新馬戦1着

東京芝1800m不 10頭3枠3番
1:58.3 54.0-50.1 S^4
13.9-12.7-13.6-13.8-14.2-13.5-12.2-11.9-12.5

新馬戦はド不良馬場の中で行われた。天皇賞秋の同日といえばわかりやすいだろうが、この日は本当にずぶずぶの不良馬場。ペースは3.9で超超スロー、馬場が悪すぎてわかりにくいがラップ的にはそこからの3F戦というところかな。

3番枠からまずまずのスタート、そこから折り合いを意識しながら下げる形で番手。道中もスローの流れで前にスペースを置いて折り合いを重視。3~4角では促していきながらだがあまり反応が良くない感じで直線に入ってくる。序盤でそこから狭いところを通しているがそれでもしぶとく伸びるがまだ2列目。L2でもじりじりと伸びそうで伸びず、それでも最後は伸びて辛うじて前のダークナイトムーンを競り落とした。

まあ正直この一戦では不良馬場もあったか動き出しの鈍さが目立ったなあ、という感じはする。外から窮屈になっていたというのはあるにせよ、先に内からするっと伸びてきたダークナイトムーンに対してはL2で見劣っていたのは確か。上がりが遅いのにL1で差し切ったというのはその点にあると思う。この時点では正直まだ何とも言い難いな、というのが率直な感想。

共同通信杯(GIII)2着

東京芝1800m良 12頭1枠1番
1:47.5(+0.1) 48.0-47.2 S^1
12.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.6

前走の共同通信杯の内容が良かった。ペースはややスロー程度だがこれは前目で2頭が離れて進めていたので、実質的に離れた3番手なら48秒後半ぐらい。実質はかなりのスローぐらいだと思うが、そこからの3F勝負。L1で11.6なのでそこまで大きく落としてない。トップスピードの質、持続力を高いレベルで問われた一戦。

1番枠からまずまずのスタートだが二の足はあまり速くない、それでも枠を利してしっかりと好位の内内で進めていく。道中も最終的には中団のうちで進めて3角に入る。3~4角でも最内で進めて包まれた状態で直線。序盤でそこから追い出されるがやはり反応はあまりよくない。それでもL2では鋭く伸び始めて2列目、L1ではさらに前にいたオウケンムーンとの差を詰めてきての2着だった。

ここでは前が離れていたわけだし、恐らくTS持続戦だったと思う。その中でそこまで良い反応とは言えなかったがL1まで一番いい脚を使ってきたのはこの馬だったかな。一方でゲート自体はそこそこ出ていたが二の足があまり速くなかったのは事実で、このあたりからも距離はもうちょっとあった方がいいのかなという感はした。またスローからのトップスピード戦としてみて同日の初音Sとほぼ同レベル。基礎スピードは問われていないが単純に後半のトップスピードの質、持続力という観点で見れば十分通用するレベルを見せてきたのかなと。

2018青葉賞への展望

今回は距離延長になるが、ここ2走の内容からも1800はちょっと短いなという感じだし、動き出しもそこまで早いとは思わない。ただ直線軽い馬場の中でトップスピードの質、何よりTS持続が高いレベルにあったというのは大きい。またゲート自体が悪いというより二の足が遅め、という感じなのでTS持続の高さも含めて距離延長で良さが出る可能性が高いかなと。また底を見せていない馬で基本的に出し切る、早めの仕掛けを意識してくれるミルコなので、その点でもオブセッションよりは良い材料が多いと思う。また動き出しも共同通信杯を見る限りでは鈍いというほどではないし、特にスローのトップスピード戦で準OPレベルにあるというのは大きい。オブセッションの方が最終的には上に行くかもだが、現時点では総合的にみてもこちらの方を上位に取りたいかなと。

───昨年は◎○▲の3頭でズバリ!───
──先日の阪神大賞典も◎○▲で的中!──
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年の天皇賞・春も大きく狙える3頭を掴んでいる!
――――――――――――――――――――――――
【◎○▲決着で3連単なら想定300倍以上!】

絞りに絞った◎○▲の3頭を教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼ 昨年の天皇賞・春も! ▼
絞りに絞った3頭で3連複・3連単ダブル的中!!
――――――――――――――――――――――――

▼ 今年の阪神大賞典も! ▼
絞りに絞った3頭で3連複・3連単ダブル的中!!
――――――――――――――――――――――――

▼先日の大阪杯も!▼
大本線の3頭で3連複的中!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

天皇賞・春の【絞りに絞った◎○▲3頭】は
絶対にお見逃しなく!!
――――――――――――――――――――――――
武豊から乗り替わりのクリンチャーは買えるのか?

その結論も教えます!

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。