競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

青葉賞 2018 予想用ラップデータ:基本はスローからの直線決め手勝負

time 2018/04/23

2018青葉賞の予想用ラップデータ

青葉賞の過去10年ラップデータから予想、分析していく。

青葉賞のペース傾向

まずは全体のペースだが、基本的にはスローになるとみておいていいだろう。過去10年でかなりのスローが6度と抜けて多く半数以上。次点もややスローの3度で実に9/10がスローになる。昨年1度だけ例外的に平均まで流れたが、基本的にはスローの競馬になりやすいのは傾向的に間違いないと。

青葉賞の仕掛け傾向

最速地点別でみると、L2最速が8度で最も多く、残りはL3最速が2度なので基本的には直線坂の上りのL2地点でトップスピードの質を要求される、という傾向が強い。ただし近走は割と早めの仕掛けの意識が強くなりつつあるのでその辺りの注意は必要かな。

青葉賞の脚質傾向

脚質的には追い込み馬が3勝しているが、基本的にはある程度の位置にいないと勝ち負けまで安定して食い込むのは難しいかなと。過去10年で見て勝ち馬は好位勢が5勝で最も多いし、2着までで見ても好位、先行勢のシェアが多い。逆に3着で差し損ねるパターンで差し馬が食い込んでくることが多いかなと。好位~中団付近には後ろからの馬でも付けておきたい。ただしこレースは皐月賞…クラシック戦線上位が不在なので出し切れればダービーでもそこそこやれるレベルの馬なら後ろからでも届く。基本は素材を最優先したい一戦かな。

 



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

中山牝馬S【5万0360円】的中

フラワーC【1万2440円】的中

金鯱賞【2万4410円】的中

など重賞競走で万券的中をお届け

さらに大ヤリ関西馬情報で!


4/7 阪神4R【7万4010円】的中



シュヴァルグランを脅かす人気薄関西馬とは…

第157回 天皇賞・春 (G1)


2016年2万0160円ズバリ的中
2017年も!3780円ズバリ的中

今年も関西馬で高配当決着が濃厚!

 


最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

天皇賞・春・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。