競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マイラーズカップ 2018 レース回顧・結果:サングレーザー、福永が上手くエアスピネルを目標にロスなく運んで末脚爆発!

time 2018/04/22

毎週日曜の22:00からツイキャスでマイラーズカップなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018マイラーズカップのレース回顧

京都芝外1600m良

1:31.3R 45.8-45.5 M
12.2 – 10.7 – 11.0 – 11.9 – 11.4 – 11.2 – 11.2 – 11.7

レコード決着となったが、上位3頭が抜けていたかなという感はある。ペースは平均ではあるが入りの3Fが33.9と34秒を切っていて、3角の上りとなるL5で11.9とペースダウン。ただ下りからはペースが上がって4角地点のL3地点が最速タイになるのでかなり仕掛けも早い。この馬場を考えると最速11.2は遅い方なので、トップスピードの質やギアチェンジが要求されないタフな競馬になったかなと。基礎スピードと後半のTS持続面を問われたと思う。

1着05サングレーザー(福永)

五分のスタートから無理をせずに中団で進めていく。道中も中団馬群の内内で進めてエアスピネルを目標にできる位置まで入って3角。3~4角でも外に出すエアを目標にしつつもできるだけ内を確保してから出口で直後をとって直線外。序盤で追い出されてすっと伸びてきて2列目、L1でズドンと伸びて前のモズアスコットを差し切った。

福永的最高の競馬、という感じ。エアスピネルを目標にしながらも早い段階では3~4角まだ内で我慢して、それでもしっかりとエアスピネルの後ろを取れるという状況をキープしていたからロスなく進められたし直線入りでの進路の取り方も完璧だったという感じ。まあここまで流れていてスペースがあったからできたことではあるけど、それでも3~4角での我慢が直線最後の伸びをさらに引き立てたというのは確かかなと思う。もちろんサングレーザー自体の武器がTS持続になると思うので、下手を打って出し切れない、というパターンは勘弁だけどここまで流れて3~4角でも速いラップを踏んでいて、という中での立ち回りとしては完璧だったと思う。馬も強かったし、前半ここまで流れるとは思わなかったが阪神カップで見せたように1400の厳しい流れでもしっかりと脚を引き出せていたのがここで活きてきたかなと。基礎スピードも持っているタイプ、力の要る馬場、高速馬場を問わないので今後レベルの高いレースでは絶対に外れないなと。逆にどちらかというと緩い流れで器用さが問われるケースの方が危ないと思う。今回は出し切って良い展開で流れの中でも完璧に福永が運んでくれたからここまで弾けたというのはあるかなと。人馬ともに素晴らしかった。

2着09モズアスコット(ルメール)

まずまずのスタートからじわっと先行させていって様子を見つつ、下げて2列目の外で進めていく。道中も先行争い2頭から離れた2列目外で我慢しながらだが3角手前ですっと上げて番手。3~4角でそのまま番手でペースをじわっと引き上げロジクライをつぶしに行って直線。序盤で堂々馬なりでの先頭、2馬身差ほどのリードをとる。流石にL1で甘くなってサングレーザーには交わされたがそれでもエアスピネルは撃破し2着。

強かったな、という感じ。ペースが速かった中でここまで先行できたのは大きかったしこの馬も阪神1400路線で基礎スピードを磨いてきた感じはする。そこで前半で脚を使ってかつ3角で勝負に行くポジショニング、番手外でコーナーで速いラップを踏みながらもしぶとく踏ん張れたしこれは先々に繋がる一戦だったかなと。瞬間的な切れ味で勝負するよりもこうやって全体の競馬で勝負したほうがいいかもしれない。トップスピードの質も持続力もトップレベル相手に互角にやれるものは見せているけど決定的ではないのはここ2走で感じたところだし、それをマイルに延ばしたことで前半要素を高めてくることができたと。距離もマイル~2000ぐらいまで試しても面白いんじゃないかな。もちろん前目で進めていくという前提ではあるけどね。面白い競馬だったと思うし、この馬場だったとはいえ前目でレコードに近い競馬ができたのは称賛に値する。

3着04エアスピネル(武豊)

まずまずのスタートからある程度様子を見ながら、前が引っ張っていくのを見て中団に下げる選択。道中も中団の内目で進めて無理せず3角。3~4角では外目を意識しながら好位列に取り付き、4角でグァンチャーレの後ろから直線で外。序盤で追い出されてからの伸びが地味でいつもの切れはない。L1でそのままなだれ込むがサングレーザーにも差されてモズアスコットには届かずの3着完敗。

まず前提として追切がいまいちだったとは思っている。良い状態の捌きではなかったと思うので中間一頓挫あったことが影響した可能性は高いだろうと。そのうえで、展開的な面から考えるとやっぱり3~4角で外目を立ち回ったのはこのラップ推移では響いていると。3角下り以降でルメールも勝負に出てそこでペースが上がっている中で、早い段階で進路を意識して自信があったともいえるがここでのロスの差がサングレーザーとは結構あったので、それがこの馬の武器である瞬間的な爆発力を削ぐ形にはなったかな。器用な馬なのでできれば内を立ち回りたいし、特に今回みたいにコーナー最速の展開になってしまうとなおさらかな。その点では完璧に乗ってきた福永との差は出たと思う。まあエアスピネル自身がこういう淡々とした流れに近い、仕掛けも早く出し切る展開がベストではないので、状態面も踏まえて3着なら流石、という感じはするけどね。安田記念ではもう一段状態を上げてきてほしいけど、サングレーザーやモズアスコットとの比較だと高速馬場で単調な流れよりは少し雨でも降ってまぎれたほうがチャンスはあると思うね。この3頭が今年のマイル路線を引っ張ると思う。

4着02ガリバルディ(和田)

出負けして後方からの競馬はいつも通りのパターン。道中も前が飛ばす中で無理せず後方で進めて3角で内から徐々にポジションを上げていき、そのままロスなく立ち回って直線で外目に持ち出しジリジリ。L1でばてた各馬を拾っていって4着は確保も前3頭との差は決定的だった。

ん~展開的にはベストといっていい流れだったと思うし、ゲートが拙かったにせよもうちょっとL1での伸びを期待したんだけどな。少なくとも前3頭を詰めるところまでいってないのでそう考えると物足りない。休み明けの影響があったかもしれない。ベストの展開だったしロスもなく完璧に運んでいたので、これで詰められなかった以上前3頭とは結構な差がある。休み明けを考慮に入れても物足りないかな。

5着03ベルキャニオン(藤岡佑)

五分には出てそこからじわっと促しながら先行策、道中もハナを切るぐらいの感じで進めていたが最終的にはロジクライに譲って2列目のポケットで3角。3~4角でも最内で立ち回って直線。序盤で追い出されるがここでの反応はほとんどなくてじりじりと食らいつくのみで3列目。L1でもそこから踏ん張って5着を確保、という内容。

まあペースを考えると結構強い競馬はできていると思うし、もちろんモズアスコットとかと比較するとあれだが、入りの3Fが33.9の地点で促して入っていったわけだからそこも含めて評価したい。後半の決め手で近走が足りなくなっているわけだし、ここで前半部分を上げてきたならもうちょっと距離を短くしてみてもいいかもしれんね。

7着08ロジクライ(川田)

五分のスタート、そこから促しながら先行争いに入っていってベルキャニオンが内から出ていくのに合わせて促し、最終的にハナを取り切って3角。3~4角でモズアスコットが来たので早めに仕掛ける形で直線。序盤で踏ん張るも2番手をキープするのがやっと、L1で下がって完敗だった。

シンプルに質的に基礎スピードが足りなかったパターンだと思う。前走は高速馬場で流れていたといっても46.3-46.6の流れで自身では少し離れた3番手にいたからね。今回は入りの45.5を自分で刻んでしまったから、高速馬場の中でちょっと質的に足りなかったんじゃないかなと。この辺がマイルはちょっとだけ短いと感じる所以で、1800でペースを引き上げていく競馬の方がこの馬は合うと思う。まあハーツの仔って基本的にマイルはちょっと短いって馬が多いからね。この馬もエプソムCとかに出てくればチャンスは一気に上がってくると思う。マイルなら少し渋ってくれないとこのレベルでは難しいかな。

12着01ヤングマンパワー(岩田)

五分のスタートからある程度促しつつ楽に好位の内内に入っていく。道中もいい感じで進めていたが3角で前にいたベルキャニオンが下がってきて3列目に下げる形。3~4角でも最内を立ち回りながらロスなく進めて直線。序盤でそこから追い出されるがいまいち反応がなく。そのまま最後は失速した。

う~ん、のどの手術明けというのがもしかしたら響いていたのかな。ベルキャニオンが3角で下がってきたことを除けば展開的には良かったと思うし、後半はTS持続戦になったのもこの馬としては良かったと思う。もうちょっとやれてほしかったんだが…まあ仕方ないししばらく様子を見ないといけないかな。この馬も1800ぐらいの方が安定はしそう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
天皇賞・春(GI)鉄板3連複10点

大魔神のシュヴァルグランを
脅かす穴馬で万馬券も狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/15 中山7R    1万0910円的中
4/14 福島7R    4万4280円的中
4/8 福島12R    4万9400円的中
4/7 阪神6R    5万0890円的中
4/1 阪神4R    2万1360円的中
3/31 中山9R 2万3980円的中
3/25 中京6R    4万8120円的中
3/24 中山6R 1万9840円的中
3/17 中京7R    1万6880円的中

天皇賞(GI)を無料で見る方法

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。