競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京11R オアシスステークス 予想:本命16ルグランフリソン

time 2018/04/20

東京11R オアシスステークス(OP) ダ1600m
馬場想定:良、標準ダート想定

展開予想

逃げるのはおそらくドリームキラリになるとは思う。コパのチャーリーは芝スタートでこの距離だと前には行けてもハナを切るところまでは難しいかな。外からルグランフリソン辺りも先行してその流れに乗っていく。内にはコパノが入っていってタガノディグオ辺りが芝スタートでもやれればというところかな。ペースはコントロールされると思う、48-48ぐらいで平均を想定。

予想

◎16ルグランフリソン
〇11ドリームキラリ
△02ブライトンロック
△03サンライズノヴァ
×04サングラス12オールマンリバー
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ルグランフリソン

ここ3走を総合的に評価した。まずは2走前のバレンタインSが東京1400で34.9-36.4とかなりのハイからの11.4 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 12.5とL2最速戦で2列目からしっかりと食らいついてL1までしぶとく。最後は少し狭くなったのもあるがそれでも楽に2着は確保した。要所での加速ができたしL2の最速地点が11秒台の中でもじりじりと差を詰めていたのは大きい。そのうえで前走のポラリスSでは阪神1400で基礎スピード特化、33.9-37.1と超超ハイで流れに乗って厳しかったのは仕方がないし、3走前の羅生門Sでは京都1400で34.8-37.2と超ハイも中団外から正攻法で、脚を残していたら突き抜けていたわけで1400でも基礎スピード自体本来高いレベルにある馬のはず。マイルへの延長になるが芝でもペースをコントロールして一足を使えていたし、芝スタートは良い、マイルへの延長で息を入れながらの一足の競馬になれば2走前からも面白いかな。サンライズノヴァが危うい枠に入ったのでここは器用に外から立ち回れる馬を狙いたい。

〇ドリームキラリ

相手もペースをコントロールしてしっかりと脚を使えるタイプの馬を。過去に秋嶺Sを勝った時が47.7-48.7とややハイも12.8 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 12.1と中盤で息を入れてL2最速11.6でしっかりと出し抜く足を使って粘り切った。要所でしっかりと息を入れられるのが武器だし、エルムSなんかでも47.5-47.5と重馬場で高速ダート、平均の流れで逃げてしっかりと粘り込めているし、基礎スピード的にも重賞で通用していいレベル。オープン特別で相手もサンライズノヴァと強敵だが不器用、こちらは器用にレースを支配できるのでそこでの逆転を。

△ブライトンロック

後半総合力型の馬で、ここ2走もそうだが前半で無理をせずにしっかりと後半のTS持続を引き出してきた、また質も高めてくるタイプなので東京でも強いタイプとみていいと思う。5走前の西湖特別でも12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9とL2最速戦で中団外から直線L2の地点では加速してしっかりと伸びて2列目まで来たがL1で甘くなった。マイルはちょっと短いとは思うので、前半無理せず3~4角中弛みで取り付ければ要所は結構スムーズに動けるのでチャンス。まあ紛れがあれば、というところで。

△サンライズノヴァ

逆に紛れがなければこの馬が勝つ可能性が高いわけで連下での押さえは必要だが、この馬はギアチェンジが甘い馬で武蔵野Sなんかでも中団馬群の中で進路を確保できずに直線を迎えて12.2 – 12.7 – 12.0 – 11.6 – 11.9とL4で緩んでL2最速11.6とギアチェンジが問われて置かれてしまった。ユニコーンSもそうだが基本的には3~4角では動いていくぐらいの意識でちょうどいい、ここ3走もしっかりと勝負所で動くスペースが合ったり外から動いていったり、という競馬。今回内枠は良くないと思うので信頼は置きづらい。

×サングラス

一度府中でBSイレブン賞3着時に 12.9 – 12.8 – 12.3 – 11.8 – 11.8と緩い流れからの加速の競馬で中団からついていってL1に伸びてきて3着を確保しているように直線で加速していく競馬が合っていると思う。今回は前が支配して中盤息が入る想定なので怖さはあるかな。

×オールマンリバー

3走前の錦秋Sなんかでも感じるがこの路線ではちょっとワンパンチ足りないかなという感じ。超々ハイから11.8 – 11.9 – 12.2 – 12.8 – 13.0と消耗する流れでコーナーで中団内目から拾いながら馬群をさばいてしぶとく外から伸びてきたが、時計的には平凡なほう。要所でそんなに鋭く動けるイメージではないので外から豊が早めの競馬を意識、出し切って3着にという感じかな。淡々とした流れだとこのレベルでは難しいかも、どこかで緩んでほしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別の成績では500万条件(1着4回・2着6回・3着5回)、フラワーC(1着3回・2着3回・3着1回)、未勝利(1着2回・3着2回)と500万条件組が4勝を挙げ、連対率も高い。注目は重賞挑戦で馬券圏に好走した未勝利勝ち組が4頭。

今年は本命馬不在で大混戦模様。クイーンCで0.4秒差4着のオハナ、フラワーCで0.3秒差ノームコア、チューリップ賞4着のサラキアなど重賞で差のない競馬をしている素質馬や2連勝中のレーツェルなどが参戦するが、主軸になる本命馬不在で、どの馬にもチャンスがあるだろう。

競馬セブンはフラワーC◎フィニフティ(5人気)から7万1150円的中、フィリーズR◎リバティハイツ(8人気)から5万6610円的中、中山牝馬S◎フロンテアクイーンから5万0360円的中など、牝馬重賞はドル箱重賞!

実は、フローラSにも競馬セブンが極秘入手した激走穴馬が出走!「オークスに出ても勝ち負けになる」と豪語する陣営の勝負馬とは!?週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。