競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

福島牝馬ステークス 2018 出走予定馬:ワンブレスアウェイ&津村想定

time 2018/04/19

福島牝馬ステークス 2018 出走予定馬:ワンブレスアウェイ&津村想定

2018福島牝馬ステークスの出走予定馬展望

第15回 福島牝馬ステークス(GII) 福島芝1800m

日程:2018年4月21日()

予想用・出走予定馬一覧

ワンブレスアウェイ(津村想定)

牝馬重賞戦線を連戦もなかなか結果が出ないワンブレスアウェイが福島牝馬ステークスに出走予定だ。今回は阿武隈ステークスで強い勝ち方をした福島1800の舞台に戻ることで何とか勝機を見出したい一戦。小回り福島で器用に立ち回って重賞戦線に目途を立てられるか。

阿武隈Sでは2列目から要所でしっかりと動けていたのでもうちょっとやれそうな感じがしていたがここ2走が結構物足りない。ただこの感じだとどうも力の要る馬場が合ってない可能性はあるので開幕週でパンパンの良馬場なら変わってもいいかもしれない。少し警戒はしたいかな。

阿武隈ステークス(16下)1着

福島芝1800m良 9頭4枠4番
1:47.2 49.1-46.1 S^3
12.5-11.2-12.9-12.5-12.0-11.6-11.5-11.2-11.8

まずは5走前の福島1800m戦、阿武隈Sから振り返る。ペースは超スローでラップ推移的にも3角の緩いカーブ地点で加速しながら4角の急コーナーでもう一段加速していく競馬。2段階加速的な形となった。

9番枠から五分のスタート、そこから促して二の足で楽に先行して2列目を確保する。道中も2列目の外で進めてドスローの流れで折り合いを意識しながら3角。3角で徐々にペースが上がる中で2列目の外から徐々に先頭列に並びかけてプレッシャーをかける。4角でもう一段加速する中で馬なりに近い形から直線で追い出されてしっかりと食らいつく。L1でしぶとく伸びて粘っていたトミケンスラーヴァを捕えての勝利となった。

ここで個人的に面白いなと思ったのが3~4角の立ち回り。福島ではよくありがちなんだが、3角では緩いのでここで外から競りかけていく馬が4角で急コーナーに変わるので内で器用に立ち回る馬に置いて行かれるケース。3角も急だとなかなか内の馬もスピードを乗せにくいのでコーナーで減速しがちだが福島の場合きついのは4角だけなのでコーナーで加速のパターンになりやすい。それがこの馬の場合は4角で2頭分外からの競馬でL2最速になってもしっかりとついていけていた。この器用さは確かで福島校舎になる可能性が高いと感じたかな。相手関係としてもサトノスティングを撃破できているしトミケンは距離が違ったというのはあるにせよ万葉Sを勝っている。その中でしっかりと後半勝ちに行っての勝利は評価していいはず。

愛知杯(GIII)6着

中京芝2000m良 18頭8枠18番
2:00.6(+0.5) 60.3-59.8 M
12.2-11.3-12.1-12.3-12.4-12.6-12.1-11.8-11.3-12.0

2走前の愛知杯では良い位置で進めながらも完敗を喫した。ここではそこそこ流れていたのもあると思うし、馬場も時計が少し掛かっていて標準ぐらいの状態だったのもあるかな。平均からのL2最速戦で仕掛け自体も少し遅かった。

18番枠から五分のスタート、大外枠で苦しい状況だったがしっかりと楽に先行策、2列目の外を確保する。道中も中京2000にしてはそこそこには流れている中で2列目の外でキープして3角。3~4角でもじわっと加速するがそこまで上がってこない中で外から押して追走して直線。序盤で追い出されてしっかりと反応し先頭には立つが一瞬で甘くなって一気にエテルナミノルに抜け出される。L1は下がっての6着完敗だった。

ここでは平均で流れた中で大外枠から前を取りに行ったのもあるか、一瞬脚を使ったけどそこで甘くなってしまったなというのは感じた。この一戦にそこまで悲観的にはならなかったが、前半にあまり無理をすると後半要素の甘さに繋がってくる可能性は高くなりそう。今回のポイントはここだろう。

中山牝馬ステークス(GIII)11着

中山芝内1800m稍 14頭7枠11番
1:49.6(+0.6) 49.2-47.7 S^1
12.5-12.1-12.3-12.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9

前走の中山牝馬Sが内容的に物足りなかった。この時は稍重で時計も掛かり、1000万下1200m戦でも1:08.9とややタフな馬場状態といっていいレベル。その中でL2最速戦となったが出負けも響いていい脚を使えなかった。

11番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。外枠でもありリカバーも難しく後方外から向こう正面でも大きく動けないまま3角。3~4角で他が仕掛ける前に外から動いていく選択を取らざるを得ず、4角では中団の外まで取りついてきていたがこのあたりから手ごたえ怪しくなって直線。序盤ではもう足がなく窮屈になったのもあるが中団から後退。L1も中団に食らいついていくのがやっとの11着完敗だった。

ここでは出負けが響いたのもあるが、3~4角でのロスがあったとはいえ思ったよりも甘くなるのが早かった。3~4角地点ではまだそこまでペースが上がっていたわけではないのでL2で最速という流れではまだ頑張ってほしかったし、その点でもちょっと物足りない内容ではあるかなと。ただ、力の要る馬場は過去を見てもあまり結果が出ていない、というのはあるしある程度L2で早いラップを踏む競馬で良さが出ている印象なので、この馬にとっては少しタフな馬場だったかなという感はある。

2018福島牝馬ステークスへの展望

軽い馬場でスローを2列目ぐらいで追走できれば不気味。特に3~4角の立ち回りが上手くスパイラルカーブで急コーナーの4角でも立ち回れた阿武隈Sの内容は良い。あの感じなら内内で立ち回って3角からペースアップの流れ、4角で最短距離という競馬になれば一閃の怖さはあるかなと。ただし、不安は2つ。一つはやはり単純に牝馬戦線で通用していないというのは事実、という点。もう一つはペースが上がってどうか。基本的に後半勝負で良さが出ている馬で、あまり前半から流れるのは好ましくないだろう。今回はメンバー構成を見ても先行馬が結構そろっているので同型との兼ね合いも含め、全体のペースがカギになってくる。いずれにせよ内枠が欲しいところで、外枠からだとペースが上がれば1~2角でも脚を使わされてしまうだろうしね。高速馬場なら準OPの勝ち方がいいしL1まで踏ん張って差し切っているので引き出す末脚の馬場・ペースへの依存度は高いと思う。その辺を踏まえて考えたいかな。枠次第で評価を変えたいところで、それでも重い印はちょっと打ちにくい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
マイラーズC(G2)確信の3連単勝負

武豊ジョッキーのエアスピネルを
脅かすアノ馬を穴で狙い打ち!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/8 福島12R    4万9400円的中
4/7 阪神6R    5万0890円的中
4/1 阪神4R    2万1360円的中
3/31 中山9R 2万3980円的中
3/25 中京6R    4万8120円的中
3/24 中山6R 1万9840円的中
3/17 中京7R    1万6880円的中
3/11 中京9R    2万8670円的中
3/10 中山9R 14万2050円的中

マイラーズCを無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。