競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マイラーズカップ 2018 出走予定馬:ダッシングブレイズ&浜中確定

time 2018/04/19

マイラーズカップ 2018 出走予定馬:ダッシングブレイズ&浜中確定

2018マイラーズカップの出走予定馬展望

第49回 マイラーズカップ(GII) 京都芝外1600m

日程:2018年4月22日()

予想用・出走予定馬一覧

ダッシングブレイズ(浜中確定)

なかなか重賞に手が届かなかったが、昨年のエプソムカップで遂に重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズがマイラーズカップに出走予定だ。ここ3走は中距離路線を使ってきたが、久々にマイル路線への参戦となりそこがポイントになる。昨年は結果を出せなかった舞台で借りを返し、安田記念を目指したい。

マイルへの距離短縮という観点で見るとプラスとは思わないが、ペースが上がらずある程度前目を取れれば淀のマイルなら、というのはある。この馬もイメージ的にはヤングマンパワーと近いと思うので、しっかりと3~4角で早めに仕掛けていった方が勝機は出てくるかな。

エプソムカップ(GIII)1着

東京芝1800m良 18頭6枠12番
1:45.9 48.2-46.2 S^2
12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1

まずはエプソムカップ勝ちから振り返る。ペースは2秒でかなりのスロー、ただL5から11.5と上がってL3最速で2段階加速からのTS持続という競馬。後半特化なのは間違いないし、直線入りが最速という中で最後まで踏ん張れたかどうかがポイント。地味に10秒台の脚を要求されているという点にも注目したい。

12番枠からまずまずのスタートを切って先行争いの一角、ただそこから控えるような感じで好位でまずは入っていく。道中も様子を見ながらじわっと促してポジションを上げて3角。3~4角で2列目から内内を立ち回りながら直線で内。序盤でそこから追われてじりじりとした反応、キレでは見劣るがL2の減速地点で徐々に伸びて先頭列、L1でしぶとく伸び返しての勝利だった。

ここではやはり前目からしっかりとTS持続を引き出してきた点を評価しないといけないかなと。ペースが遅い中でポジションをとって、そこからL3最速地点での切れ味ではさほどでもないものの減速基調となった半ば以降できっちりと伸びてきた。このあたりがこの馬の武器で、使える脚が長い印象。1800だとゆったりとした流れで楽にポジションを取れるのも強み。ここでもポンと出て控えてから促して2列目というようなポジション取りができたのも勝因だろう。

小倉大賞典(GIII)4着

小倉芝1800m良 16頭3枠6番
1:46.7(+0.6) 47.1-46.6 M
12.3-11.1-11.8-11.9-12.4-12.1-11.6-11.1-11.8

小倉大賞典では平均ペースからのL2最速戦で11.1。速いラップを要求されたこともあるしギアチェンジも問われていてペースも平均。前後半の総合力勝負といっていい中で完敗だった。休み明けだったのは考慮しないといけないが。

6番枠からまずまずのスタートを切って先行争いに加わっていたがそこから控えて好位で進めていく形になる。道中も前が飛ばしていく中で少し離れた好意の中目で進めながら3角。3角で好位の外から進めながら仕掛けを待ちつつ、4角でゴーサインだが窮屈なところを通して直線。序盤で加速という流れでしぶとく食らいつく、L1でも踏ん張っていたが最後は外からスズカデヴィアスに交わされ4着。

まあ休み明けの影響も少しあったとは思うが、3~4角で窮屈なところから動いていく形になったし4角出口~直線前半地点で最速という流れで少し雑な進め方になったのも響いたかもしれない。前半のペースはこの馬の位置ならそこまでしんどくはなかったと思うが、それでもそれなりの流れで総合力が問われたしギアチェンジ面も問われたのがこの馬にとってはきつかったかな。

マイラーズカップ(GII)8着

京都芝外1600m良 11頭5枠5番
1:33.0(+0.8) 47.2-44.8 S^2
12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3

昨年のマイラーズカップでは完敗を喫してしまった。超高速馬場でペースは2.4とかなりのスロー、ラップ推移的にも4F勝負でそこからのL2最速と2段階加速、速いラップをL2の直線前半で問われている。

5番枠からやや出負けしてしまいそこから促して進めていくが前半の先行争いに入れず後方で進めていく。道中もエアスピネルやイスラが好位に下げてという中でその後ろになってしまって3角。3~4角でペースが上がっていく中でも後方内目で進めて中団で直線。序盤で追い出されるがここで進路が狭くなったこともあっていったん後退。L1でも伸びはいまいちでジリジリとなだれ込むだけに終わった。

まあ直線入りでもう一段加速しないといけない中であの位置から不利を受けては難しい競馬だったとは思う。ただマイルでこのメンツとなった時にいつもの位置を取れなかったのも事実で、出負けしてしまったのは不満かな。やはりいい位置をとって仕掛けを早めて主導権を握りたいタイプ。こうやって前に支配されてL2最速となると要所での動きがそこまでよくない、切れる脚もないので難しい。

2018マイラーズカップへの展望

マイルへの短縮となるとまずは前半のポジショニングの課題を克服しないといけない。1800への延長で楽にポジションを取れるようになった面はあるので、今回それをしっかりとできるかどうか。メンバー的にロジクライ、ムーンクレスト辺りがある程度引き上げてくると微妙で、マイルでペースが上がるとパフォーマンスが落ちている。マイルでも力の要る馬場での洛陽Sで後半勝負で完勝したり、基本的に前半無理せずTS持続を活かせる早仕掛けで良さが出ているかなと。これはエプソムCなんかもそうだがやはり入りがゆったりの段階で早めにいい位置、そして貯金を活かして早めに仕掛けて勝負を決めたい。特に淀の場合は3~4角で速いラップを踏めば外から進める実力馬には脚を使わせることができる。この馬の適性を踏まえてもそういう競馬に持ち込めれば面白い。ロジクライ、ヤングマンパワーとはタイプ的に近いと思うが、その中でマイルでの基礎スピードとなるとちょっと不安がある。ムーンクレストが引き上げる可能性があるので、その辺を考えて予想していきたいかな。マイルで高速馬場となるとキレ負けのリスクが大きくなるし、できれば雨が欲しい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第49回 マイラーズC(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『マイラーズC(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・マイラーズC

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。