競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フローラステークス 2018 出走予定馬:レーツェル&北村宏想定

time 2018/04/18

フローラステークス 2018 出走予定馬:レーツェル&北村宏想定

2018フローラステークスの出走予定馬展望

第53回 フローラステークス(GII) 東京芝2000m

日程:2018年4月22日()

予想用・出走予定馬一覧

レーツェル(北村宏)

新馬戦、きんもくせい特別と福島の1800m戦で2戦2勝、無敗を保っているレーツェルがフローラステークスに出走予定だ。これまでは小回りの福島で先行から押し切ってきているが、やはり課題は府中の長い直線での切れ味勝負で対応できるかどうかだろう。良いポジションをとって、そこからしっかりと反応し抜け出せるか。

意外と要所の反応に関しては良いものを持っているし、トップスピード戦への対応力も見せているので少し不気味さはあるかな。

新馬戦1着

福島芝1800m良 15頭2枠2番
1:50.9 51.1-47.7 S^3
13.1-12.3-12.9-12.8-12.1-11.8-11.8-12.3-11.8

まずは新馬戦から見ていきたい。ペースは超スローでラップ推移的には5Fのロンスパに近い中でL1を落とさなかったのは個人的には評価したい材料。ポテンシャル特化に近いと思う。

2番枠から好発を切ってそこから様子を見ながらだが外から競ってくる馬もいないので楽にハナを取り切る。道中もスローに支配して向こう正面で2列目を引き離しながら3角に入っていく。3~4角でも楽な手ごたえで先頭をキープ、4角でもまだまだ余裕をもって出口で仕掛けて直線。序盤で1馬身差から反応はいまいちも鞭が入るとL1でしぶとく伸びて再加速、突き放しての完勝だった。

まだ子供っぽいところはあるのかなと。先頭で進めて4角以降で仕掛けたときの反応が鈍かったし鞭が入ってL1でレースラップ的に加速。この馬が終始戦闘だったわけでレースラップがこの馬の走破ラップ、加速出来たなら余力があったと。前半ドスローとはいえ後半1000mで見て59.8でまとめてL1を加速させてきた、ポテンシャルの高さをうかがわせる競馬だったかなと。ゲートの上手さ、ギアの上げ下げも含めて長距離適性の高さを感じた一戦。ただトップスピード戦でどうか?というのはこの時点では不明。

きんもくせい特別(5下)1着

福島芝1800m良 7頭3枠3番
1:51.8 52.0-46.7 S^5
13.3-12.2-13.3-13.2-13.1-12.2-11.7-11.1-11.7

前走のきんもくせい特別では新馬とは違って3F勝負でL2最速11.1、トップスピードの質が問われた一戦。雨が降っていたので馬場差が読みにくいが準OPの1200mでも8秒に入れなかったのでややタフな馬場~タフな馬場というぐらいにはあったと思う。

3番枠からまずまずのスタート、そこから外への誘導を優先して好位の外から最終的に2列目の外で進めていく。道中もドスローの流れで前に壁が作れなくてもしっかりと折り合って3角。3~4角で前が加速していく中で外から誘導、きつい4角で少し外に膨れ加減になるが左鞭で修正しつつ直線。序盤でもしぶとく食らいつくが一気には伸びない。L1で前が落としたところでギリギリ差し切った。

ギアチェンジの性能に関しては少なくともラスエモーショナスに差を詰めるところまではいかなかった。レースラップ的には結構高い加速度なのでラスエモーショナスも評価しないといけないかもだが。この馬としてはやはりL1まで踏ん張って前が落としたところを差し切った、というTS持続面を評価したいところかな。この一戦はレベル的には微妙なのでこれをどこまで評価できるか、となると疑問が生じる。

2018フローラステークスへの展望

一応前走のきんもくせい特別でトップスピード戦、しかもある程度ギアチェンジが問われた中でついていってのL1の差し切り、というのは評価できるがこのレベルで通用するかどうか。個人的にはもうちょっとラスエモーショネスがやれると思っていたのでそれを物差しにするとまだトップスピード戦でやれるかは何とも。ゲートもまずまずだし、そこから前目をとって後半のポテンシャル、トップスピードの両面でもそれなりのレベルにはある、一応要所でも動けてはいるので押さえとしては必要な一頭になりそうだ。ただ決定的な武器を持っているかとなると、ここ2走からではまだ何とも言い難いかな。逃げるよりは番手ぐらいで前に目標を置いた方が新馬戦での反応の緩さからもいいかもしれない。一応連下~3着ヒモで考えておきたいかな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 フローラ(G2)

【3連単勝負馬券】と【GI5鞍】
の関係者情報を特別に無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGIの谷間週とはなるものの、実は、関係者の間では大いに注目されている週である。なぜならば、年に数度しかない、ココ狙いの勝負馬が集結し、馬券的にも大きな儲け処となる【東西同時開催替りの東京・京都開幕週】を迎えるからだ。

そんな開幕週の東西2重賞も当然ながら注目のレース。近年は3冠皆勤に拘らなくなった陣営も多くなり「オークスが大目標」と桜花賞をパスすることも多くなった。そういった馬たちが向かうのが、トライアルであるフローラSだが、昨年、当社が【3万5940円的中】をお届けした際の勝ち馬モズカッチャンは当時12番人気(単勝37.2倍)と低評価だった。そこからオークス2着と好走し、その後の活躍は言うまでもないだろうが、こうした世間には知られていない実力馬が潜んでいるケースもままある。

年に数度しかない【東西同時開催替りの東京・京都開幕週】の今週は、特別も特別にフローラSの【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開する。さらに、この先の東京・京都開催で行われる、日本ダービーまでの【GI5鞍の関係者情報】も大放出!是非とも本物の情報をあなたの馬券購入に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 フローラ(G2)

【3連単勝負馬券】と【GI5鞍】
の関係者情報を特別に無料公開!

ココをクリック!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。