競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

フローラステークス 2018 出走予定馬:ノームコア&戸崎想定

time 2018/04/17

フローラステークス 2018 出走予定馬:ノームコア&戸崎想定

2018フローラステークスの出走予定馬展望

第53回 フローラステークス(GII) 東京芝2000m

日程:2018年4月22日()

予想用・出走予定馬一覧

ノームコア(戸崎想定)

新馬戦、アスター賞と連勝、前走のフラワーカップでも3着と安定した走りを見せているノームコアがフローラステークスに出走予定だ。中山や福島で器用さをしっかりと見せてここまで結果を見せてきているが、オークスを見越して府中の長い直線でどこまで決め手を引き出せるか。クラシックを制した戸崎の勢いで重賞制覇をもくろむ。

前目からしっかりと加速して一足を使えるし、新馬戦でもある程度厳しい流れを作って突き抜けている。今のところ明確な弱点のない馬で予想的に軸にはしやすい。ただこのレベルまで来たときにそれで勝ち切れるかが課題となる。フラワーCは2頭が強かったと思うし、今回はそれと比べるといくらか楽なメンツ。ここは好勝負したいところだ。

前目でしっかりと脚を使えるのでフローラSで問われる適性的には合っていると思う。ただ使える脚が長いというわけではないので、目標にされて何かに差されるっぽいタイプかなと。権利が欲しい立場なのでそことのバランスが大事だが、勝ち切ることを考えればできればある程度ペースを引き上げたほうがいいと思う。

新馬戦1着

福島芝1800m良 15頭3枠4番
1:49.1 48.0-49.2 H^1
12.8-11.4-11.4-12.4-11.9-12.2-12.6-12.2-12.2

まずは新馬戦から順を追ってと。福島1800で新馬戦としてはかなり流れて1.2とハイペース。ラップ推移的にみてもL5最速の11.9、そこからL3で一旦緩めてそこから再加速で12.2-12.2と落とさず。前半の基礎スピード面で押す競馬になっている

4番枠からまずまずのスタートを切って楽に先行策、そこから逃げ馬を行かせて番手で進めていく。ただ道中も3番低下を引き離して逃げ馬とほぼ同じ位置で進めて3角に入る。3角でも楽な手ごたえで逃げ馬が下がっていく中でここで仕掛けを待つ。4角で仕掛けて直線入りで一気に出し抜いて勝負を決める。L1でも寄せ付けずの完勝だった。

基礎スピードでペースを引き上げて、3角で緩んだところで息が入ったはずだがそこからもう一度加速ができていたので余力はまずあったとみるべきだろう。なので結構速い流れに対応できている。相手関係的には楽だったが、それでもこの時期の2歳戦でこれだけのペースで引き上げていって突き放す余力があったのは評価したい材料かな。

アスター賞(5下)1着

中山芝内1800m良 8頭7枠7番
1:35.1 49.1-46.0 S^3
13.0-11.7-12.2-12.2-12.3-11.6-11.1-11.0

2走前のアスター賞では一転してスローからの決め手勝負。その中で良い反応を見せて完勝。ただし、相手関係を考えると手放しでは、というところもある。3.1と超スローからL1最速戦で坂の上りで切れる脚を使っている。

7番枠からまずまずのスタートを切って外から様子を見ながら先行して番手を確保する。道中もドスローの流れで楽に支配して3角へ。3~4角でも番手外で仕掛けを待ちながら、4角当たりで手が動いて加速しながら直線に入っていく。序盤でしっかりと先頭に立ってL1でもラップを加速させて外からの追撃を封じきっての完勝。

この時はかなり軽い馬場状態だったので何ともだが、それでもL1の坂の上りで11.0と速いラップを引き出してきたのは評価できる材料かなと。要所で番手からしっかりと動いていけたし総合力の高さをここで見せてきたといっていいだろうと。

フラワーカップ(GIII)3着

中山芝内1800m良 13頭3枠3番
1:49.5(+0.3) 49.4-47.7 S^2
12.6-11.8-12.4-12.6-12.1-12.2-11.8-11.5-12.2

ただし、強敵レベルと初めて当たったフラワーカップでは完敗を喫した。ペースは1.7でかなりのスロー、そこからのL2最速戦でトップスピードはあまり問われなかった。

3番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していって先行策、最終的には控えて番手で進めていく。道中も番手で折り合いをつけ、しっかりとスローでコントロールしながら3角。3~4角でも仕掛けを待ちたかったが外からスーッとメサルティムが絡んでくるので追い出して直線。序盤でしぶとく抜け出そうとするが外からカンタービレに来られ、L1でさらにトーセンブレスにも差されての3着完敗だった。

ここでもしっかりとレースを支配、動いていく過程で先に外から来られたのもあって少しバタついたが最速地点での直線入りでは脚を使っていた。ただし、シンプルに外からきたカンタービレ、トーセンブレスには末脚の絶対量の差を感じたかな。ペースをコントロールしたがそこから一足を使ってはいるもののその決め手の差が出てしまった感じ。なのでこのペースでは第2グループのトーセンブレスレベルに完敗してしまうというのは今後オークスを狙うのであれば考えていくべき材料だろうと。

2018フローラステークスへの展望

ひとまず大きく崩れる心配がほとんどない。流れても新馬戦から対応はできると思うし、スローならば当然折り合いも問題なく要所でしっかりと加速して、アスター賞では坂の上りで11.0と速いラップを踏めている。府中で問われるL2の坂の上りで加速する、速い脚を、という点もある程度のレベルでクリアできている。強敵が要れば別だが、少なくとも現時点で明確にスローのトップスピード戦決め手勝負で強敵といえるのはサラキア、レッドベルローズぐらいだろう。前半のポジション取りを間違えなければ勝負には絡んでくる、2着までというオークスの権利を取る可能性は十分高いレベルにあると思う。あとは相手関係と枠次第かな。内枠を引けばまず勝負になると思うし、外枠ならしっかりとポジションをとっていけるかどうかがポイントになる。レッドベルローズとのポジション差は結構重要になると思うし、ペースが速くても問題ないのでしっかりと番手~2列目までをキープしてほしいね。オークスで足りるかまではともかくだが、このレベルなら総合力で好勝負できるはず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別の成績では500万条件(1着4回・2着6回・3着5回)、フラワーC(1着3回・2着3回・3着1回)、未勝利(1着2回・3着2回)と500万条件組が4勝を挙げ、連対率も高い。注目は重賞挑戦で馬券圏に好走した未勝利勝ち組が4頭。

今年は本命馬不在で大混戦模様。クイーンCで0.4秒差4着のオハナ、フラワーCで0.3秒差ノームコア、チューリップ賞4着のサラキアなど重賞で差のない競馬をしている素質馬や2連勝中のレーツェルなどが参戦するが、主軸になる本命馬不在で、どの馬にもチャンスがあるだろう。

競馬セブンはフラワーC◎フィニフティ(5人気)から7万1150円的中、フィリーズR◎リバティハイツ(8人気)から5万6610円的中、中山牝馬S◎フロンテアクイーンから5万0360円的中など、牝馬重賞はドル箱重賞!

実は、フローラSにも競馬セブンが極秘入手した激走穴馬が出走!「オークスに出ても勝ち負けになる」と豪語する陣営の勝負馬とは!?週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━



桜花賞2018の展開予想動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。