競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

皐月賞 2018 ワグネリアンの敗因分析:細かいことが重なった感じ…4角で動けなかったのが一番大きいか

time 2018/04/15

毎週日曜の22:00からツイキャスで皐月賞など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018皐月賞:ワグネリアンの敗因分析

2:00.8 59.2-61.6 H^2
12.6 – 11.0 – 11.9 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.2

混戦模様の中で1番人気に支持されながらも7着に敗れたワグネリアンの敗因を分析していく。

7着02ワグネリアン(福永)

まずまずのスタートを切っていたがおそらくいい馬場を狙って少し外目に誘導する形、中団の中目で入っていく。1角当たりでは既に外に誘導しきって向こう正面ではうまく中団の外、ここでじっと我慢する。3角でも前がかなり離れた状況の中で中団の外で進めているのだがさすがにこのあたりでエポカドーロ以下が押し上げようとする中で外々から促しても動けず下がってしまって大外で直線。序盤でも後方外々で狭いところを通しつつ、最後は前が壁になるような感じで下げて7着完敗だった。

レース全体の流れは後でまた全体の回顧で詳しく触れるが、恐らくエポカドーロやサンリヴァルの位置での流れで考えると実質的には4角ぐらいからの加速になっていると思う。3角の段階ではまだそこまで差が詰まってなくて、4角で詰め始めたがまだそこまで差を詰め切ってない状況、L2の4角入りで5馬身ぐらいから一気にL2で2馬身差まで詰めL1で突き抜けていると。レースの上がりで見て3頭以外の集団の先頭にいたエポカドーロが35.1。実は3F戦ぐらいかもしれない。いうほどロンスパにならなかったと思う。その流れの中で3角で外から仕掛けを待っている展開で4角で前が動いてからの仕掛けになったがここで動けなかったのが敗因としては一番大きい気がする。もちろん直線でも伸びていないから馬場の影響もあったと思うが、弥生賞と違って3~4角で動いていく意識を強く持てなかった、エンジンをうまくかけてやることができなかったのが一つ影響しているんじゃないかなと。前との差があれだけあったなら3角までのタイミングでもう少し強気に攻めてもよかったと思う。これはミルコにも言えることだけど。

それと、こういう馬場でよく起こるのが、外差し有利の馬場なので外を通せる馬がいいと思いきや、前の馬が外をとってくるので後ろの馬はそれ以上に外を回す、結果的には良い馬場から3~4頭ぐらい外を回され、しかも4角で前がペースを引き上げていく中でロスが多くなる、ということが多いと思う。直近なら昨年の秋天もそうだし、高松宮記念もそう。そういったケースでは意外と外差ししかできない馬よりもある程度の位置をとって3~4角で良い位置を選びながら入れる馬の方が優位に立ちやすいなと。ワグネリアン福永も馬場のいい外を最初から意識しすぎたことで、3~4角で前の各騎手がいい馬場を選択することで徐々に外に外にとなってしまった感はあるかな。まあこれに関してはミルコも同じだけど。馬もこの馬場で高いパフォーマンスをみせられなかったけど、個人的には弥生賞みたいにダノンが早めに動いてくれてスピードに乗せていきながら速いラップを踏む、というのがベストかなと思うし、今回の皐月賞みたいに力の要る馬場で縦長で展開が読みにくい、実質エポカドーロやサンリヴァルにスロー気味に支配されて仕掛けのタイミングでうまく脚を使われてしまうと器用さが足りなかった感じかなあ。馬場もここまで重いとダメなのかもしれないし。ダービー向きだとは思っているのでそこで巻き返してほしいね。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第49回 マイラーズC(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『マイラーズC(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・マイラーズC

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。