競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

皐月賞 2018 出走予定馬:ダブルシャープ&和田竜確定

time 2018/04/13

皐月賞 2018 出走予定馬:ダブルシャープ&和田竜確定

2018皐月賞の出走予定馬

第78回 皐月賞(GI) 中山芝内2000m

日程:2018年4月15日()

予想用・出走予定馬一覧

ダブルシャープ(和田竜確定)

地方所属ながらクローバー賞制覇し札幌2歳ステークスでも3着、中央転入し前走若葉ステークス2着で権利を確保したダブルシャープが皐月賞に出走予定だ。渡辺薫彦とライバルだった和田とのコンビで目指すはクラシック制覇。共にトップロード、オペラオー以来中央GIから遠ざかっている中、コンビで念願のGI制覇となるか。

オペラオーとかトップロードとか言い出すと、もう十分にオールドファンとなってしまうんだろうが、やっぱり渡辺と和田ってのは関西ファンとしてはうれしいコンビなわけですよ。ちなみに当時は断然渡辺トップロード派でしたが…。そしてまた今回のダブルシャープという馬が実に渋い。流れに乗ってどこまでやれるか、流石に前走アイトーンに敗れているようでは勝負は難しいかもだが、流れ次第で馬券圏内チャンスもなくはない。

若葉ステークス(OP)2着

阪神芝内2000m良 12頭6枠8番
2:00.2(+0.2) 60.4-59.6 S^1
12.6-11.3-12.1-12.4-12.0-12.3-12.0-11.6-11.7-12.0

まずは前走の若葉Sを見ておきたい。良でも雨の影響が少しはあったとは思うが、それでも未勝利が2000m戦でL2最速11.1、2:02.1と結構速いラップを踏んで悪くない時計を出している。全体的にみても高速状態に近いところ、遅く見てもやや高速ぐらいにはあったと思う。その流れでややスローからのL3最速戦で4角地点が最速。タイムフライヤーが届かなかったようにこのあたりの立ち回りが重要な一戦ではあったはず。基礎スピードをそれなりに問われ、そこからのポテンシャル勝負。

8番枠から出負けして後方からの競馬となる。1角では後方にいたが最内のスペースを徐々に押し上げて2角杉には中団に近いところまで取りついてロードアクシスの後ろまでつけて3角。3~4角で3列目の内内からロードが外目を意識したので4角で最内最短距離を通して2列目に浮上。序盤で前のタニノフランケルの直後を通してうまく出し切るがジリジリ。L1でもじりじりと伸びて2番手には上がったがアイトーンとの差はほとんど詰まらずの2着だった。

タイムフライヤーを軸に考えると難しいが、アイトーンがレースを支配した流れの中にうまく乗っていた割にはL1の伸びはいまいちだった、ともいえる。4着のタニノフランケルなんかは正直クラシック戦線では難しい馬になるし、この辺がそこそこやれてしまった中で内で我慢して最後にポテンシャルで伸びてきたというのをどこまで評価できるか…正直いまいちだと思う。時計的にも割と平凡だし、流れもよどみなく入ってL3最速11.6で逃げ馬もラストはそれなりに落としている中でもうちょっと差し込んでほしかった。前半部分は恵まれた面が強く、少なくとも皐月賞で勝ち負けを考えるのであれば1~4角完璧に立ち回ってL1でアイトーン相手に明確に詰められず甘かった、では通用しないと思う。この競馬だけでは正直馬券圏内でも候補に入ってこない。

サウジアラビアRC(GIII)6着

東京芝1600m稍 18頭3枠6番
1:33.6(+0.6) 46.1-46.9 H^1
12.3-10.6-11.4-11.8-12.2-11.5-11.5-11.7

サウジ戦が個人的にはカギになると思っている。このレースは府中マイルで少し渋ったが高速馬場だったのは間違いないところ。ペースも0.8でややハイに突入、前半から速いラップを踏んで少し息を入れての再加速でL3最速、トップスピードの質を問われない競馬だったといえる。総合力を高いレベルで問われたが、特に前半の基礎スピード面を強く問われたかなと。

6番枠から五分のスタートをここでは切っていて、そこから押して追走して好位の中目に入っていく。ただ出していったこともあってスピードに乗ってから掛かり気味になり、鞍上がブレーキしながら進めていく形。3~4角ではさらに少し緩んでいてスペースを作れないまま直線。序盤で内のスペースを拾いながらしぶとく伸びを見せる。L1まで結構しぶとく食らいついて掲示板争いには加わった。

レースレベル的には1,2着馬が強すぎて他が何とも言えない面はあるが、この流れに乗っても結構最後まで踏ん張れたという点から基礎スピードそのものは持っているはず。ステルヴィオとの比較で0.3差なのだから、高速馬場を差し引いてもここに入って苦しいというほど悪くはない。むしろ若葉Sよりは相手関係と比較してもよかったかもしれない。もちろんこのレースではしっかりと出て流れに乗っていたというのはあるが。

朝日杯フューチュリティS(GI)9着

阪神芝外1600m良 16頭8枠14番
1:34.4(+1.1) 47.2-46.1 S^1
12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7

朝日杯では好位外まで押し上げつつも甘くなっての9着完敗となった。ダノンはもちろんだがステルヴィオとの比較でも差が広がってしまったといえる。ペースは1.1でややスロー、そこからの3F勝負でトップスピード勝負の度合いがyロ位きつくなった一戦。

14番枠からここでは五分に出て最序盤様子をうかがいながら、最終的に好位の外まで押し上げていく形をとる。3~4角でもカシアスを目標にしながら楽な手ごたえで直線に入ってくるが、序盤で追い出されてここで伸びを欠き、L1までばてるというわけではないがじりじりと下がっての9着完敗。

明らかにL2の地点で苦しくなったという感じ。11.0と速いラップを要求されたことでキレ負けが明確になったというところかなと。サウジ戦と比較してより後半勝負にシフトしたことで甘くなった、速いラップを踏む中で良さが出ていないなというのは感じたし、京成杯、若葉Sともに前半無理をせず…というか出負けしていい位置を取れずに後半のポテンシャル戦に特化しては難しかったかなというところ。余力を持って入っても後半使える脚に限界があるのは確かだろう。これはトップスピード戦でもポテンシャル戦でも感じるところ。やはり前半攻めるしかない。

2018皐月賞への展望

まあ、正直馬券的には手を出さないとは思う。現実的には簡単ではないが、可能性を賭けるなら基礎スピード面だと思う。サウジ戦は結構悪くない。厳しい流れの中に入ってしぶとく最後まで食らいつけていた。ただマイルで高速馬場でとなるとさすがに前半の基礎スピードはトップレベル相手にはちょっと足りない。ただこの馬は一応距離を延ばしてポテンシャル面でもそれなりのものは見せている。ここに入ってそれだけで戦うのは無謀だが、出負けして後ろからになってしまっているのはある。好発を決めるのは無理としても、しっかりと五分に出て好位~中団ぐらいで流れに乗れればいいし、そのうえで全体がハイペースで上がり切ると個人的には少し怖さがあるなと。後半に早いラップを問われなければ伸びてくる馬だと思うし、実際クローバー賞ではタワーオブロンドンが早めに動いた後にL1でグンと来た。力の要る馬場で2000m、流れが厳しくなった時にうまく立ち回って食らいつく…かみ合えば見せ場はあるかも。ただやっぱり前走の若葉SでL1の伸びがもうちょっとほしかった。あそこで明確に差を詰めてきていたら3着ヒモ穴で気になる一頭まで上がってきたと思うんだが。アイトーンに完敗となるとやはりなかなか食指は動かないか…。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第78回 皐月賞(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

2月26日 中山11R
『第92回中山記念』
◎マルターズアポジー
(6人気・単勝14.1倍)
○ウインブライト
(2人気・単勝5.3倍)
△アエロリット
(5人気・単勝7.4倍)
3連単 4万1500円
3連複   8640円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『皐月賞(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・皐月賞

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。