競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

皐月賞 2018 出走予定馬:グレイル&岩田想定

time 2018/04/11

2018皐月賞の出走予定馬

第78回 皐月賞(GI) 中山芝内2000m

日程:2018年4月15日()

予想用・出走予定馬一覧

グレイル(岩田想定)

新馬戦、京都2歳ステークスと連勝でクラシック候補と期待されたグレイルが皐月賞に出走予定だ。前走の共同通信杯では1番人気という期待を背負いながらまさかの7着完敗。クラシック戦線の主役からは一歩後退となったが、ここからのV字回復となるか、岩田との新コンビで活路を見出したい。

前走の共同通信杯の負け方はある程度仕方ない面もあるが、それでもトップスピードの質的に足りないことを露呈させたのは事実。また京都2歳ステークスのレベルもタイムフライヤーがトップスピード戦でどこまで強いのかは今となっては未知数だし、流れてやれるかどうかも微妙なところなので。やはり一歩後退したかな。本質的に2000はちょっと短いと思う。

新馬戦1着

京都芝内2000m不 12頭5枠7番
2:12.9 68.0-63.9 S^4
13.4 – 12.5 – 14.5 – 14.5 – 14.1 – 14.0 – 13.6 – 13.0 – 11.5 – 11.8

まずはド不良馬場となった新馬戦から振り返る。菊花賞の当日で断続的に雨が降り続いていてこの日の馬場は正直ずっと悪化し続けていて判断はしづらい。ペースも4.1と超超スローでラップ推移的には2F戦となっている。直線勝負の度合いがきつい。

7番枠からやや出負け、そこから無理はせずに中断っ馬群の外目を追走しながら進めていく。向こう正面でじわっと促して押し上げながら2列目の外に取り付いて3角。3~4角でも馬場のいい外々を回しながらじわっと仕掛けつつ先頭列で直線を向く。序盤で5頭ぐらいいる中で追い出されてしぶとく伸びて先頭列をキープ。L1で粘るストーミーバローズをねじ伏せた。

3着のレイエスプランドルが山吹賞を勝つなど2勝していたり、それなりのレベルにはあったと思うがその中でしっかりとタフな馬場で直線加速して最後まで伸びきった。基礎スピードは全く問われていないが、直線勝負といっても極端に力の要る馬場なので何とも判断が難しい一戦。

京都2歳ステークス(GIII)1着

京都芝内2000m良 9頭6枠6番
2:01.6 61.7-59.9 S^2
12.6 – 11.5 – 12.6 – 12.4 – 12.6 – 13.0 – 12.3 – 11.6 – 11.3 – 11.7

2走前の京都2歳Sでは後のGI馬タイムフライヤーを撃破、差し切った。またケイティクレバーやアイトーンといったところを撃破できているようにレベル的にみても高かった可能性はあるが、トップスピード戦の中での話でタイムフライヤーがどこまで評価できるかは結構難しいところはあると。かなりのスローからのL2最速戦、標準には時計が掛かっていた中での3F勝負となっている。

6番枠からまずまずのスタートを切って内のタイムフライヤーを目標にマークするような形で進めていく。道中も前2頭が少し離していく中で離れた3番手のタイムフライヤーの後ろを進めて3角。3~4角でもタイムの後ろをマーク、4角で促されながら直線だが入りで少し置かれる。それでもL1で2馬身差をぐんと伸びてきてしっかりととらえきっての勝利。

タイムマークで4角出口で加速、という流れで置かれていたのは確かだと思う。本来ならタイムフライヤーが勝つ展開だったと思うがL1でこの馬はしっかりと維持して伸びてきたという感じか。L1に入った段階ではまだ2馬身はあったはずなので、L2-1でこの馬自身はおそらくほとんど落としていないだろうと思う。この持続力が最大の武器だろうし、一方で瞬間的な切れ味ではタイムにも見劣っている、というのは確かだと思う。

共同通信杯(GIII)7着

東京芝1800m良 12頭8枠12番
1:48.1(+0.7) 48.0-47.2 S^1
12.9 – 11.1 – 11.7 – 12.3 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 11.5 – 11.6

となると共同通信杯の敗因はやはりキレ負けと考えるほうがいいのかもしれない。このレースは名目ペースは0.8でややスローと結構流れているように見えるがこれは離れた前が刻んだもの。3番手以降は結構離れていて、実際前で粘ったエイムアンドエンドを除けば上位は全て33秒台前半~半ば。後ろから勝負するなら32秒台の脚を要求されてしまう、という状況だった。その中でこの馬はそもそも切れなかった印象。

五分のスタートから無理せず中団で進めていく。道中も下げて後方で進めながらカフジバンガードを目標に進めつつ3角。3~4角で外から押し上げにかかって中団で直線。序盤で追い出されるが一瞬伸び掛かるもののL2の地点で甘くなって伸びが鈍る。ラストは前との差も少し広がったような感じで7着完敗だった。

この馬としては高速馬場では初めての一戦となったし、その中で瞬間的なトップスピードの質が問われて対応できなかった感じ。本来なら長くトップスピードを維持できるのが強みだと思うが、ここまで上がり勝負に特化して強烈な質を求められると無理が生じたのかなという感じはする。

2018皐月賞への展望

ひとまずイメージとしては正統派のハーツクライ産駒で、おそらく最終的にはステイヤー型になると思う。今のところは基礎スピードが問われた中でどうなのかというのは全く見せられていないし、ハーツの仔で母系を見てもあまり前半から基礎スピードを活かしてというタイプではないだろう。これまでのパフォーマンスを見ても力の要る馬場での後半勝負でL1までしぶとく伸びる、TS持続面で良さが出ているしそれも11秒前半まででトップスピードの質的にそこまで高いレベルを要求されていない舞台。なので個人的には皐月賞だと基礎スピード不足で後方からなら後半バテ差しでそれなりに食い込んでくるとは思うが届かない可能性が高い、ダービーだとスローではキレ負けする、というイメージになるかな。京都2歳Sを見てもそうだが力の要る馬場なら強敵相手に戦えているし、素材自体は世代では高いレベルにあると思うので菊花賞や有馬記念向きだろう。秋に期待したい一頭かなと。ポテンシャル戦でどこまでやれるかもまだいまいち読めないところはあるが、ハーツ産駒の傾向としてはおそらくそういう馬だと思うし、岩田なので内内で立ち回って我慢してレース全体が早めの仕掛けになった時に嵌れば、今回のメンツならチャンスもというところかな。皐月賞は速いラップを問われる可能性は低いのでそこは歓迎できるはず。理想はスローロンスパだが、まあ皐月賞でとなると狙えても岩田のイン突きと展開が嵌っても連下~3着ヒモまでかな。馬場も力が要るほうがいいと思うしね。

▼ダノン不在でも堅い?それとも大荒れ!?▼
――――――――――――――――――――――――
サニーブライアンで二冠を制した
元JRA騎手・大西直宏も自信の太鼓判!
――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皐月賞の絞りに絞った1点馬券を特別無料公開!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

┌──────────────────────┐
《2歳GIも2連勝》
ホープフルS◎△△【5万2380円的中】
朝日杯FS◎○▲【2630円的中】
└──────────────────────┘

《先々週》大阪杯も《先週》桜花賞も
必然の的中馬券をお届けしています!!
――――――――――――――――――

皐月賞もお任せ下さい!
▼▼▼▼▼

『アノ3頭が抜けていると思いますよ』
『情報通り決まれば想定配当は300倍以上!』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大きく狙えるのはこの3頭!

絞りに知った3連複3連単1点【無料公開】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。