競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神10R 大阪ハンブルクカップ 予想:本命02クィーンズベスト

time 2018/04/07

阪神10R 大阪ハンブルクカップ(OP) 芝内1400m
馬場想定:良~稍、稍高速馬場想定

展開予想

展開予想の前に、毎年思うけどハンブルグだと思うのね、綴り的には。なんでハンブルクなんだろうなあ。まあそれはともかく、土曜は正直想定以上に雨が降っていたのもあるので、日曜にどれだけ回復するのかがちょっと読みにくいが、とりあえず夕方以降はパラパラと降った程度かなと。展開的にはヤマカツグレースがこの距離で先行できるのかどうかはあるし、モアナもそこまでペースを引き上げたいタイプではない。外のエルフィンコーブがダート馬だが芝スタートでハナを切ってきたしここはスピードを活かしての先行策もあるかなと。これが逃げの手を打って34.5ぐらいでは入るかな。ややハイ~平均ぐらいを想定している。

予想

◎02クィーンズベスト
○06レインボーフラッグ
△07エスティタート
△10モアナ
△17アドマイヤナイト
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎クィーンズベスト

この馬はトップスピード戦では使える脚があまり長くない馬なんだが、前走の1000万下では意外と強い競馬で12.3 – 12.5 – 11.4 – 10.6 – 11.3と極端なスローからのトップスピード戦、ドスローで掛かりながら、3角のまくりもあってポジションもダウンしながら、3列目の中目で進路を外に出しながらの末脚勝負で差し切った。正直こういう流れで末脚の絶対量で勝負する馬ではないと思ったのでこれは成長かなと。もともとは2走前の札幌1500のようなイメージで、厳しい流れの中でも一足を使える馬だと思うし阪神1400自体は一度見てみたかった条件。成長も含めてここは期待かな。

○レインボーフラッグ

相手は流れても大丈夫なこの馬を。3走前の猪名川特別では阪神1400で34.1-35.9とかなりのハイからの11.2 – 11.2 – 11.4 – 11.9 – 12.6と消耗戦で中団馬群の中から直線外に出してズドン。この辺からも厳しい流れの中で脚を使えるのが魅力だし、どちらかというと2走前の岩清水Sみたいに12.3 – 11.6 – 11.4 – 11.6と仕掛けで動いていく中で前目ですっとというような競馬より全体で流れるか勢いをつけて入った方がいいと思うので阪神1400はいいと思う。

△エスティタート

ここ2走が緩い流れから加速していく過程で良さが出ているのは確かで、前走の京都牝馬Sでも12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.6とL2最速の流れで後方からしっかりと反応して伸びてきていると。半面流れた中では4走前の仲秋Sなんかでも中団で脚を残す余力がなかった感じだし、顕著に高速馬場ならいいけど少し渋った中で流れたときにちょっと不安があるかな。

△モアナ

まあキンシャサの仔だし流れてどうかの不安はあるんだが、シンプルに3走前の三鷹山特別の内容がよく、この時がモズアスコット相手に34.4-34.5と流れた中で11.2 – 11.5 – 11.5 – 11.2 – 11.8のラップ推移で、2列目ポケットから直線外に出してからしぶとく伸びてL2で先頭に一瞬立った。相手がモズアスコットだったが最後まで食らいついての3着で内容もよかったし、流れてもやれるめどは立てたかなと。

△アドマイヤナイト

この馬は1200の内容からもある程度ペースが上がった方がいいタイプだとは思うし基礎スピードが問われる阪神1400ならというところかな。ただできれば内枠で流れに沿ってという競馬が良かったと思うし押さえまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 桜花賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
桜花賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック第一弾となる桜花賞。過去10年、1人気で優勝したのは14年ハープスター(桜花賞①着・オークス②着)、10年アパパネ(クラシック3冠馬)、09年ブエナビスタ(桜花賞①着・オークス①着 クラシック2冠馬)の3頭のみ。上位人気別の成績では、1人気【3.1.1.5】、2人気【2.4.0.4】、3人気【1.2.1.6】と比較的上位人気馬が連対しているが、13年プリンセスジャック(14人気②着)、10年エーシンリターンズ(11人気③着)、08年レジネッタ(12人気①着)、エフティマイヤ(15人気②着)などの伏兵馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年のステップレース別では、チューリップ賞【7.4.6.27】、フィリーズR【2.0.2.52】、エルフィンS【1.1.0.2】、クイーンC【0.3.1.13】、阪神JF【0.1.0.2】、フラワーC【0.1.1.10】と、チューリップ賞組の成績が目立つ。東西馬の成績では、関西馬【8.8.6.90】、関東馬【2.2.4.57】と圧倒的に関西馬有利。関東馬で買ったのはアユサン、アパパネの2頭のみとなり関東馬は苦戦している。

今年は2歳女王で前哨戦のチューリップ賞を制し4戦無敗で桜花賞に挑むラッキーライラックが人気を集めるが無敗でクラシック制覇なるか注目。しかし、競馬セブンでは、公にはならない、とある陣営からの勝負ネタを極秘入手!「ラッキーライラックにも負けない」と強気な陣営から、驚きの勝負話を独占入手!牝馬クラシック第一弾となる桜花賞は高配当が狙える確信情報を公開するのでお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 桜花賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
桜花賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。