競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

桜花賞 2018 出走予定馬:リリーノーブル&川田確定

time 2018/04/05

桜花賞 2018 出走予定馬:リリーノーブル&川田確定

2018桜花賞の出走予定馬

第78回 桜花賞(GI) 阪神芝外1600m

日程:2018年4月8日()

予想用・出走予定馬一覧

リリーノーブル(川田確定)

阪神ジュベナイルフィリーズではラッキーライラックの2着と健闘したリリーノーブルが桜花賞に出走予定だ。前走のチューリップ賞では打倒ラッキーライラックはおろか、JFで先着したマウレアにも逆転を許す結果となった。本番の桜花賞の舞台で何としてもタイトル奪取、時期の過ぎた桜の代わりに百合の花を仁川に咲かせて見せましょう。

まあラッキーライラックとの勝負付け自体は済んでしまったかなと思うが、それでも相手が1枠を引いたことで何かしらの紛れが生じる可能性はある。それを信じてしっかりと自分の最大のパフォーマンスを引き出して結果を待ちたいというところか。

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)2着

阪神芝外1600m良 18頭4枠7番
1:34.4(+0.1) 47.7-46.6 S^1
12.4-11.3-11.6-12.4-12.2-11.9-11.0-11.5

まずは2走前の阪神JFから振り返る。この1戦がこの馬のベストバウトではあるのかなと。ペースは1.1とややスロー、ただL3の4角の下りの地点でも11.9と上がらずに仕掛けが遅い流れ。

7番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと追走する程度で楽、最終的には抑える形で好位の外目で入っていく。道中もラッキーライラックより一列前で競馬。3~4角でも外目で進めながらじわっと出口で仕掛けて好位で直線。序盤で追い出されて反応して先頭に立つが外からラッキーライラックが近くまで襲い掛かる。L1で少し甘くなってラッキーにあっさり交わされ、マウレアにも少し差を詰められるも2着は楽に確保した。

ペースはややスローという中ですっと好位を取れたし、直線でも追い出されてL2の最速地点の段階ではラッキーには見劣ったものの差をそこまで詰めさせずに先頭に立てていた。トップスピードの質的にはさすがといってよかったがL1のTS持続では甘かったのかなと。

チューリップ賞(GIII)3着

阪神芝外1600m良 10頭8枠9番
1:33.8(+0.4) 47.5-45.9 S^2
12.6-11.2-11.6-12.1-12.0-11.7-10.7-11.5

チューリップ賞では1つ着順を落とした。ペースは1.6とかなりのスロー、ラップ推移的にもL2最速10.7でL1も11.5とそこまで落ちていないというラップを前目にいたラッキーライラックが刻み切っていると。後半の決め手勝負なのは間違いない。

9番枠から五分には出てそこから促しながら追走、道中も好意で追走して前のラッキーライラックを見ながら3画。3~4角でもラッキーライラックを見ながら一つ外から直線。序盤でラッキーの後ろから追い出されるがラッキーにこの時点で少し話されて勝負を決められてしまう。L1で2馬身差ある中でその差は詰まらず、内のマウレアに前に出られての3着完敗だった。

JFと違って位置取りのアドバンテージがなかったし、その中での決め手勝負で見劣った、L1でも甘くなったのでこのあたりはやはり楽観的になれない材料。ただ対マウレアで見るとほとんど互角だったし、こちらは休み明けであちらは使ってきていた、最短距離だったことを考えればそこまで悪くはない。ラッキーライラックとの比較では難しいけど、上位争いには踏みとどまっているとみるべきか。

白菊賞(5下)1着

京都芝内1600m良 12頭4枠4番
1:36.3 49.2-47.1 S^2
12.8-11.9-12.1-12.4-12.0-12.0-11.6-11.5

3走前の白菊賞ではまずまずの競馬。力の要る馬場で2.1とかなりのスローからの2F戦、L1最速の中でしっかりと抜け出した。まあ相手関係は楽だったと思うし、この一戦自体は平凡かなとは思うが。

4番枠からまずまずのスタート、そこから無理なく楽に2列目のポケットで進めていく。道中も緩い流れの中でさすがに掛かり気味ではあるがそれでもコントロールしながら3角。3~4角でも2列目のポケットで我慢、進路がない状態で直線。序盤ですっと最内に切り取って一気に反応、ここで半馬身ほど前に出る。L1で抜け出し1馬身差の完勝。

力の要る馬場ではあったのでその中で直線しっかりと加速して2F戦で抜け出す競馬ができたし、ここ2走を踏まえても要所からしっかりと動けたのはある。要所のギアチェンジ面はさすがというところだが、素材的にどうかというところかな。

2018桜花賞への展望

ラッキーライラックとの比較ではもちろん見劣る。TS持続が特に足りなくて、L1ではここ2走でマウレアとの比較でも見劣ってしまっている。なので3~4角ではとにかくロスなく、かつ前に入っていきたい。マウレアとの比較で枠はこちらのほうがいいと思うし、ラッキーライラックも場合によっては包まれて後ろにという可能性もなくはない。中目の9番枠で好位の内目に入っていければワンチャンスは。要所で動けるので内内で立ち回るリスクも小さいし、何とかこういった器用さで立ち回っていきたい。ラッキーライラックに逆転しようと思うならかなり恵まれないとと思うし、現時点ではやはり連下までかな。

▼昨年は超穴馬レーヌミノル(8人気)が1着▼

【NEW】さらに先週の大阪杯でも!【NEW】
穴馬ペルシアンナイト(6人気)が2着に激走!
――――――――――――――――――――――――
ラッキーライラックに迫る超穴馬はこれだ!
1番人気相手の馬連でも想定30倍以上!

【桜花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

桜花賞といえば
毎年のように当社指名の超穴馬が激走!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《昨年》穴レーヌミノル(8人気1着)
【5020円】的中!
――――――――――――――――――――――
《一昨年》穴アットザシーサイド(6人気3着)
【2万0330円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2013年》穴アユサン(7人気1着)
【3300円】的中!
――――――――――――――――――――――

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人気はなくても絶対に聞き逃せない!

【桜花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。