競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018 出走予定馬:レッドアンシェル&戸崎想定

time 2018/03/28

ダービー卿チャレンジトロフィーの出走予定馬展望

第50回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)

日程2018年3月31日()

コース中山芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

レッドアンシェル(戸崎想定)

4歳世代で注目のマイラー、リゲルステークスでは同世代のライバルであるさとのアーサーを撃破したレッドアンシェルがダービー卿チャレンジトロフィーに出走予定。まだ重賞タイトルには縁がないが、混戦模様のメンバー構成となっているここでまずは一歩前に進みたいところだ。

富士Sでは不良馬場の中で積極的に先行しながらしぶとく踏ん張っての4着は相手関係を考えても立派だと思う。リゲルSでもある程度は流れた中で結果を出してきた。ただある程度トップスピードを問われたほうがいいのかな、という感じはするし京都金杯は相手を考えると少し物足りなかったので。

リゲルステークス(OP)1着

阪神芝外1600m良 13頭1枠1番
1:33.2 47.0-46.2 S^1
12.5-11.0-11.6-11.9-12.1-11.1-11.1-11.9

2走前のリゲルSから見ていきたい。この時は年末の阪神だがかなり軽い馬場で時計は出やすい状況。ペースは0.8でややスローだが平均に肉薄するレベルで結構流れていた。そこからのL3最速タイで11.1なので4角地点での立ち回りは結構重要だったかなと。後半のTS持続を高いレベルで問われ、基礎スピード面もそこそこ問われた一戦。

1番枠からまずまずのスタートを切って外の先行各馬を行かせながら2列目のポケットでしっかりと収まる。そのまま3~4角でも最内を立ち回って外を意識し2列目で直線。序盤でそこから外目に持ち出ししっかりと出し切って追い出されしぶとく先頭列に並びかけてくる。L1までしぶとく脚を使って外から伸びてくるサトノアーサーを問題とせずの完勝。

枠もよかったと思うが、ある程度流れた中で良いスタートからしっかりと2列目のポケットを確保したし、そこからL3最速で最後まで脚を維持できたという点でも総合的にみて強い競馬だったと思う。阪神の外回りだとある程度前半で流れても後半に速いラップを要求されるというのもこの馬としてはいい材料だったかな。サトノアーサーを結構楽に撃破できているし、ここではブラックムーンを破っているわけで力的には本来重賞でも勝つチャンスはある。

京都金杯(GIII)3着

京都芝外1600m良 13頭5枠7番
1:34.4(+0.1) 46.8-47.5 M
12.2-10.6-11.4-12.6-12.4-12.1-11.4-11.6

前走の京都金杯ではこの馬にとっては正直かみ合わない競馬になったと思っている。力の要る馬場でというのもあったが前半が速い中での先行はともかく、中盤の中弛みが顕著でここで後ろの馬に取りつかれてしまったのが痛かった。そこからの2F戦で直線での加速も問われているし、前目の馬には厳しい展開だったとみている。

7番枠から五分には出たという程度、二の足で出していって先行していく感じで最終的に好位の外。道中は少し離れた好位でそこまで無理せずに入って3角。ただ3角手前からペースがゆるむ中で好位の外で少し待たされる形になる。4角でもダノンメジャーを目標に仕掛けを待ちながら直線。序盤で追い出されるが外から勢いをつけてきたブラックムーンに加速で置かれて前に出られる。L1までしぶとく食らいついたが最後はクルーガーにも差し切られての3着完敗だった。

ここで不運だったのは途中までの運び方はあれでよかったと思うが3角手前でかなり緩んでしまったし、ここで取り付けてしまって仕掛けを待つ形になった。ブラックムーンなんかはここで外から一気に取りついて直線ではほとんど差のない状況、かつ外から勢いをつけているブラックとこちらは押し上げていて仕掛けを待たされていた状況。そこで直線で一気に加速となると置かれてしまったかなと。それにもう少し速いラップを問われたほうがいいタイプだと思う。

富士ステークス(GIII)4着

東京芝1600m不 15頭2枠2番
1:35.4(+0.6) 47.8-47.0 S^1
12.6-11.3-11.7-12.2-12.0-11.2-11.2-12.6

3走前の富士Sでは不良馬場だったがそこまで悪化はし切っていなかった。ペースを見てもハロン12を切っていながらややスローではあったし、ラップ推移的にも最速が11.2なのでハイレベル戦ではあったとしても速いラップを問われていた。

2番枠からまずまずのスタート、そこから先頭列近くまで楽について行ってそのまま先頭列の内でキープ。3~4角でも先頭列の最内で直線でも他が嫌う内の馬場を選択。序盤で追い出されて出し抜く脚を見せ、L2は外のエアスピネルに並ばれ、L1で少し甘くなって4着もペルシアンナイトは撃破。

内外の馬場差があるので一概には言えないが、少なくとも同じようなところを通したペルシアンナイトとの比較でみれば強い競馬で先着できたしこれは評価したいところ。またL2の地点ではまだ先頭列を保っていたわけでこのラップは刻めていたということになる。トップスピードの持続力そのものは結構高いレベルにあると思う。

2018ダービー卿チャレンジトロフィーへの展望

ゲートがうまいし平均ぐらいまでならおそらく問題ないだけの基礎スピードを持っている。力の要る馬場も3走前の富士Sから問題ないので、今の中山マイルでもそこは大丈夫だろう。あとは基本的にトップスピード戦で良さが出ているというのはあるし、前走の京都金杯でも最速11.4とあまり速いラップを踏まない形でいまいち伸びあぐねた。先週までの中山の馬場だとそこまで後半に速いラップを踏まないかも、というのは少し不安材料。トップスピード戦のほうがパフォーマンスが高いのは確かなので。まあ、それでも今回の混戦模様のメンバー構成なら勝ち負けしてほしい。マルターズアポジーが出てくるかどうか次第だが、同じくトップスピード戦でこそのグレーターロンドン、あまりレベル的に高くなさそうな昨年ダービー卿上位が相手なら。信頼しきるのは危険かなとも思うが、能力的には一枚上のはず。

スワーヴリチャードは右回りでも勝てるのか?

その結論を教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大阪杯(GI)絞りに絞った◎○▲3頭

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

つい先日も◎○▲3頭でぶっとく獲った!
▼▼▼
《阪神大賞典》レインボーラインから◎○▲ズバリ!
――――――――――――――――――――――――
馬 単2710円【的中】馬 連1290円【的中】
3連複 760円【的中】3連単6530円【的中】

――――――――――――――――――――――――

▼今回の想定配当はモチロンこれ以上▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《◎○▲の3連単なら想定300倍以上》
大阪杯の絞りに絞った◎○▲の3頭を教えます!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先週は馬連でも万馬券をお届け!
当社独占スクープ情報で万馬券量産中!!
――――――――――――――――――――――
《日曜中京9R》 4万5900円的中
――――――――――――――――――――――
《土曜中京10R》2万4580円的中
――――――――――――――――――――――
《土曜中山6R》 1万9840円的中
――――――――――――――――――――――
《日曜中京7R》馬連1万0820円的中
――――――――――――――――――――――

▼さらに最近だけでも大万馬券連発▼
――――――――――――――――――――――
《阪神6日目9R》10万5740円的中
――――――――――――――――――――――
《京都6日目1R》 8万0020円的中
――――――――――――――――――――――
《中京2日目2R》 6万9320円的中
――――――――――――――――――――――
《東京3日目10R》6万7690円的中
――――――――――――――――――――――
《京都1日目1R》 6万6250円的中
――――――――――――――――――――――
《阪神2日目2R》 6万6160円的中
――――――――――――――――――――――
《阪神6日目12R》6万5140円的中
――――――――――――――――――――――
《東京2日目1R》 5万6200円的中
――――――――――――――――――――――
《中京6日目3R》 5万6140円的中
――――――――――――――――――――――
《中山8日目5R》 5万2720円的中
――――――――――――――――――――――
※※その他的中多数!※※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【!】今週も絶対に見逃せない【!】

大阪杯の絞りに絞った◎○▲3頭を教えます!

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。