競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マーチステークス 2018 予想:本命13ハイランドピーク

time 2018/03/24

中山11R マーチステークス(GIII) ダ1800m
馬場想定:良、標準ダート想定

マーチステークスの展開予想

逃げるのはまずハイランドピークで良いだろうと。内からはディアデルレイもある程度競っていくと思うがノリの思い切った単騎逃げを意識した入り方だと多分ディアデルは番手になると思う。外のオールブラッシュもある程度先行するがこの2頭からは少し離れた位置で、エピカリス辺りもある程度好位ぐらいを狙ってくるかな。ただ前2頭が結構飛ばしていくと思うので、49-50ぐらいの感じでみておきたい。これまでに比べると土曜はそこそこ軽くなっていたし、馬場はややタフ~標準ぐらいを想定しておく。

マーチステークスの予想

◎13ハイランドピーク
〇07ディアデルレイ
▲15ロンドンタウン
△05サクラルコール
△12アルタイル
×04ロワジャルダン08センチュリオン
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ハイランドピーク

ここまで強い勝ち方をしているけど、まだまだ底しれない。一つ言えるのは、感覚的には距離はもうちょっとあっても良いという点かな。前走の上総Sなんかでも49.7-49.5と平均でまとめていて13.0 – 13.1 – 12.5 – 12.3 – 12.0 – 12.7と中弛みからしっかりと加速していく形でL2最速地点で離して既に勝負を決めていた。テンにスッとハナを切れて、そこから飛ばせるし途中で息を入れても後半のポテンシャル、最速地点のトップスピード面と結構高いレベルにあるからね。2走前の初茜賞でも49.4-50.2とややハイだが12.1 – 12.3 – 13.1 – 12.2 – 12.0 – 12.9と厳しい流れで3角で一瞬だけ息を入れてまた速いラップを踏んできている。ちょっと異常なぐらいギアの上げ下げが上手い。基礎スピード・ポテンシャルというスタミナ的な部分のパフォーマンスが高いし、ギアを落としても行ける、そのまま基礎スピードに特化してどこまでやれるかも楽しみだが、今の段階ではギアの上げ下げが上手い、というのが大きな武器かな。前走までは自身を持って通過点といえたけど今回は流石に強敵が多い。それでもここも通過点にしてほしいかな。かなり強いと思う。

〇ディアデルレイ

相手でハイランドピークに勝てるかどうかは分からんが、厳しい流れに持ち込むことでチャンスがあるとすれば基礎スピードを高いレベルで持っているこの馬。2走前の師走Sは49.7-49.7と平均にコントロールして12.6 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.7と後半勝負でしっかりと出し抜いて圧勝しているように適性の幅をもっている。ただ昨年のマーチS2着でも48.7-51.3と超ハイからの12.0 – 12.7 – 12.3 – 12.5 – 13.8と消耗戦で2列目の外からしぶとく粘ってインカンテーションの2着。今回はハイランドピークは強敵だが同型自体は少ないし、ある程度後続を離してリードを取って進めるチャンスでもあると思う。ハイランドを見ながら突く感じで後続に対してはリードを取って、消耗戦での適性で上回れれば。

▲ロンドンタウン

狙うなら強く、消すならバッサリ、という意識で強く狙うロンドンタウン。近走が物足りない、追い切り面も強調できないと不安も多いが、この馬は元来タフな流れでやれる馬で、昨年マーチSでは4着だったが好位外から終始勝ちに行く形にもなったし57kgで今回出てくる上位勢に比べてハンデも重かった。それとやはり高速ダートとは言えエルムSでは平均ペースを内内で立ち回ってテイエムジンソクを撃破できている。基礎スピードが高く本来ハイペースは得意なはず。今回外枠というのは嫌なんだが、そんなに言うほど先行~好位もいないと思うので、前が引っ張る中で上手く離れた4~5番手で進むことができれば怖い。

△サクラルコール

本当は重い印も視野に入れたんだけど、直前の追い切りがイマイチなので。前走の総武Sは最高の展開だったと思うが3~4角で下がってくる馬を捌けずに終わった。2走前の招福Sが47.8-52.2と超ハイ、単騎逃げのものとは言え実質的にもややハイ寄りで流れている中で12.4 – 13.0 – 13.2 – 12.7 – 13.3のラップ推移、中団中目から直線で外に出して最後までしぶとく伸びてきた。基礎スピード面を持っているし時計的にもなかなか優秀。十分オープンでも通用可能なはず。今回は相手が強化するのでそこがカギだが淡々とした流れの中で内内からロスなく立ち回って捌ければ違う。

△アルタイル

休み明けで少し割り引く。福島民友Cでは福島1700で48.8-50.0とハイペースの流れを中団外目からじわっと押し上げてジリジリとは来ていてディアデルレイには基礎スピードで押し切られた形。昨年のマーチSでも超ハイの消耗戦でL1までしぶとく伸びて3着に食い込んだがここでもディアデルには届かなかった。この辺りを踏まえても基礎スピード+ポテンシャルの消耗戦適性は高いがディアデルより上位の評価にはプラスアルファがいるし、むしろ今回は休み明けにあると思うので連下まで。

×ロワジャルダン

まあ中央に在籍していた当時の力を持っているのかどうかは分からないけど、基礎スピード戦は結構合っている。前走の船橋1800m戦が思ったよりリッカルドに千切られたので不安もあるが前半飛ばし過ぎたし、内内で上手く立ち回ってハイペースに乗じての差し込み圏内警戒、という感じ。

×センチュリオン

中山1800で7勝すべて挙げているように適性は確かだが、突き詰めれば厳しい流れだとちょっと甘い。近走ベストはラジオ日本賞で不良馬場で後半のポテンシャル面を高いレベルで問われたのはあると思う。逆にここ2走の様に全体のペースが上がって基礎スピードを要求されると悪くはないけど強敵相手にそこまで強い競馬ができていない。前走の総武Sも勝ち切ったがリーゼントロックやクインズサターン相手ともいえるのでハイペースの中では結構楽だった。外すのは難しいけど、個人的には厳しい流れになるとディアデルレイやハイランドピークの方が上じゃないかなと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第48回 高松宮記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
高松宮記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年も大波乱必至!本命不在で大混戦

■有利なステップレースは?牝馬は苦戦か?

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多く、荒れる短距離GIレースでもある。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも人気馬同士で決着したのは16年と12年の2回のみとなっている。

年齢別の成績では4歳馬(2.0.3.30)・5歳馬(5.5.3.35)・6歳馬(0.5.2.35)・7歳馬(2.0.2.25)・8歳上(1.0.0.22)と5歳馬の成績が目立つ。また、過去10年で牝馬で勝利したのはカレンチャンのみとなり苦戦している。主なステップレースではシルクロードS2勝2着1回、阪急杯3勝2着5回、オーシャンS3勝2着2回となっている。連対率では阪急杯が8連対しているように中3週のローテーションが有利になっている。

■昨年も予告的中!今年も自信あり!
昨年は馬連2150円ズバリ的中!今年も東西トレセンから危険な人気はの消し情報や、人気にならない勝負馬の激走情報を入手済!公にはならない陣営のヤリ話を聞き出せるのが、競馬セブンの強味でもあり、今年一発目のGIフェブラリーS的中に続いて的中情報をお届けするので大きくご期待下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第48回 高松宮記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
高松宮記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。