競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マーチステークス 2018 出走予定馬:コスモカナディアン&柴田大確定

time 2018/03/22

マーチステークス 2018 出走予定馬:コスモカナディアン&柴田大確定

マーチステークスの出走予定馬展望

第25回 マーチステークス(GIII)

日程2018年3月25日()

コース阪神芝外1800m

予想用・出走予定馬一覧

コスモカナディアン(柴田大確定)

東海ステークスでは強敵テイエムジンソクを相手に互角に食らいついての2着と実力は確かなコスモカナディアンもマーチステークスに出走予定だ。ただ期待されながら7着に敗れた前走の総武ステークスをどう判断するか…今回も同じ中山1800mの舞台、果たして苦手としているこの舞台で結果を出して東海ステークスが本物であることを証明できるか。

シンプルに1800だと基礎スピード面で苦労していると思う。中山1800はバランス的にハイになりやすいが前走の総武Sなんかでもそこそこ流れている中で先行してしまってそこで甘くなった可能性が高い。東海Sはペースバランスこそハイだが前半がそこまで速いわけでもなく5Fのロンスパだった。本質は長距離馬だと思っている。

東海ステークス(GII)2着

中京ダ1800m良 16頭3枠6番
1:51.9(+0.1) 49.5-50.3 H^1
12.7-11.1-12.9-12.8-12.0-12.2-12.7-12.4-13.0

2走前の東海ステークスから見ていこう。中京1800でペースは0.8とややハイながら前半49.5はそこまで速くなくてL5最速12.0で仕掛けが早く後半が消耗したので結果ハイ、という感じ。この場合難しいところだが、どちらかというと基礎スピードもだが後半のポテンシャル面も高いレベルで問われたとみている。

6番枠から坂スタートでゲートはまずまずだが二の足はイマイチ、無理せずに好位の内内で我慢する形で序盤は進めていく。1~2角で前がコントロールしてここで落ち着くのだが、向こう正面で一気に12.0まで上がってここからのロンスパとなる中で好位の内。3~4角で2列目の中に近い位置まで上げて2列目で直線。序盤で上手くテイエムジンソクの後ろを取ってそこから唯一くらいついて1馬身差。L1でもう一伸びするテイエムに対して差をなかなか詰められないが3着以下は6馬身も離した。

このレースで感じたのはやっぱり後半勝負向きの馬だと思う。前半はややハイ程度の流れだがそこで無理せずに好位で進めてロンスパ5F戦の流れでしぶとく最後まで食らいついた。バランス的に前半無理をすると難しい感じで、ここでは力の要る馬場でこのペースで前だとしんどかったかもだが少し後ろで入れたのも良かったかなと。

総武ステークス(OP)7着

中山ダ1800m良 16頭8枠16番
1:54.4(+1.6) 49.4-50.8 H^1
12.4-11.3-12.7-13.0-12.6-12.4-12.5-12.6-13.3

前走の総武Sでは苦しい競馬になった。東海Sとの違いがあって、外枠でしかも先行した、という点。1.4でかなりのハイに近いレベル、ラップ推移的にも一瞬緩んだがそこからの5F戦でも速いラップを踏むことなくL1は消耗。ポテンシャルもある程度問われたが、前半のパワー型基礎スピードに寄ったレースかな。

16番枠から五分のスタートだが外枠なのでなかなか前に行き切れず、積極的に進めて2列目の外になる。1~2角でも結構速いラップなんだが内に入れずにここでロスが多い競馬、最終的にコーナーワークで好位の外。道中もペースが落ち着かず向こう正面でロンスパに入る中で好位外で3角。ただ3角の段階で鞭が入って既に一杯一杯、前に離されて直線。序盤でもなんとか踏ん張ってはいたが前との差は広がる。最後まで良いところなくの完敗だった。

このペースでも前半そこまで無理なく入っていたら違ったかも知れないが、1~2角でもそこまでペースが落ちないしその流れで外々から先行策というのはこの馬の前半の基礎スピード面から考えて無理があったと思う。東海Sでは内枠でもあり無理をせずに1~2角を最短距離、この総武Sでは前半で外枠からやや無理して入っていったら1~2角で外に振られてとなった。この辺からも前半にあまり無理が利くタイプではないと思うし、ポテンシャル型なので長距離向きかなと。それとここでは12kgも大幅に増やしていたのもある。状態面の問題もあったと思うし、絞れてくるかどうかもしっかりと注目したいところ。

師走ステークス(OP)12着

中山ダ1800m良 16頭6枠12番
1:54.1(+2.1) 49.7-49.7 M
12.6-11.6-12.6-12.9-12.6-12.6-12.3-12.1-12.7

個人的に不満なのが3走前の師走S。東海Sで狙えなかったのもこれが原因だが、イマイチ敗因がハッキリしない。もちろん休み明けで、馬体減を戻しながらの調整になったのが影響したのかなというのはあるが。ペースは平均、ラップ推移的にも向こう正面でそこまで上がり切っていないしここで動いたことは間違いではないラップ推移。それなのにすぐに甘くなってしまった。

12番枠からやや出負け、少し窮屈になって無理はせずに中団外目で進めていく。ペースもそこまで上がらない中で後方馬群の中でやや掛かり気味になるが3角手前ぐらいからショウナンアポロンに合わせてじわっと外から進出、4角以降ペースが上がっていく流れだがそれでも動けずに後方に下がって直線。序盤でそこから良い脚を見せることもなく離されて完敗だった。

動きの鈍さがあったので休み明けの影響が大きかったのかも、と思うし実際東海Sでは叩き良化をしてきたのであまり気にしすぎない方が良いのかもしれない。ただオープンレベルでは中山1800ではイマイチ力を出し切れていないのも事実でなかなか判断が難しいところ。

2018マーチステークスへの展望

今回は扱いが難しい馬。自身無理せずなら1秒程度のハイは問題ないはず。それよりも後半のロンスパ、2段階加速的競馬が合っているのでそういう競馬になるかどうかだろう。東海Sも良いが、個人的には仁川S2着時に強烈な後傾戦でグレイトパールに冷や汗をかかせたパフォーマンスがベストバウトで、後半速いラップを踏んでも長く脚を使えるタイプ。あれだけやれれば交流長距離重賞は独り占めできるレベルだと思っているが、中山1800だとパワー型基礎スピードタイプに引き上げられると後半のポテンシャル・トップスピード持続力といった持ち味を残せない…ということが多い気がする。中山1800だと序盤から雑にポジションを取っていくよりは、無理せず入って緩みで押し上げてロスなく後半に進めていく方が良いと思う。ここはノリと勝浦ディアデルレイの運び方次第、という面はあるがペースが落ち着けば後半のポテンシャルはここでは最上位。なんとかそれを引き出す騎乗ができるかかな。流れたら難しい、外枠でも厳しいので内枠が欲しい。

 



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

中山牝馬S【5万0360円】的中

金鯱賞【2万4410円】的中

など重賞競走で万券的中をお届け

さらに大ヤリ関西馬情報で!


2/18 東京9R ヒヤシンスS

3単【8万9030円】的中



今週は春のスプリント王決定戦

第48回 高松宮記念 (G1)


過去5年の平均は4万2070円

今年も関西馬で高配当決着が濃厚!

 


最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

高松宮記念・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。