競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 出走予定馬:レーヌミノル&和田竜想定

time 2018/03/21

高松宮記念 2018 出走予定馬:レーヌミノル&和田竜想定

高松宮記念の出走予定馬展望

第48回 高松宮記念(GI)

日程2018年3月25日()

コース中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

レーヌミノル(和田竜想定)

昨年の桜花賞馬ながらその後は勝ち星から見放されているレーヌミノルが高松宮記念に出走予定だ。マイルチャンピオンシップでは強敵相手に健闘の4着といえるが、距離短縮の阪神カップ、更に前走のオーシャンステークスとやや物足りない競馬となってしまった。今回は相手が大幅に強化されるが、桜の女王が華麗なる復活となるか。

雰囲気的に1200は行けそうな気はしていたんだが、現状冷静に判断して前走のオーシャンSで完敗だとなかなか難しい。後半の決め手勝負では鋭い馬はかなり多いし、かといって前走のように基礎スピード面で勝負ができないとなると。ただ桜花賞にせよマイルCSにせよ力の要る馬場で結果を出してきたのは事実で、道悪になった時には少し浮上させたいかな。天気予報的には晴れそうだが。

桜花賞(GI)1着

阪神芝外1600m稍 18頭5枠10番
1:34.5 46.5-48.0 H^1
12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8

もうそろそろ1年になるが桜花賞から振り返るしかないか。ペースは1.5でかなりのハイに肉薄。稍重だが明らかに時計がかかっていた。ラップ推移的にもL3最速だが11.5でトップスピードの質は問われない、前半のパワー型の基礎スピードをかなり問われた一戦だ。

10番枠からまずまずのスタートを切って無理はせずに好位で進めていく。それでもソウルスターリングら有力馬の中では一番前で進めて3角。3~4角でも行為の外目を進めながらソウルが外からじわっときたタイミングで軽く仕掛けて直線。序盤で好位列からスッと伸びて一気に先頭列まで並びかけてくる。L1でカワキタエンカを捕えて抜け出し外から来るリスグラシューの追撃を振り切っての半馬身差勝利。

力の要る馬場で前半のペースが結構上がった。ここで好位でしっかりとポジションを取り、最後までしぶとく踏ん張っての勝利となった。最後はリスグラシューに少し詰められたがあのペースでしっかりと前目から後半の上がり3Fではそこまで他に詰めさせていないようにしぶとく粘っている。評価すべきはまず前半の基礎スピード面ではあると思うし、これだけのペースを前目で入っても後半があまり削がれなかった。これはマイルCS4着時にも言えることだが、力の要るマイルで前後半のバランスが高いレベルで問われたときに良さが出る印象は強いと。

阪神カップ(GII)7着

阪神芝内1400m良 18頭3枠5番
1:20.1 33.6-34.7 H^2
12.1-10.7-10.8-11.2-11.5-11.7-11.5

1400m戦の阪神カップは個人的には楽しみにしていたんだが結果は完敗。もちろんハイレベル戦ではあったと思うのでそこまで悲観はしていないが、それでもトップレベルではないかも?という感覚にはなった。超高速馬場でというのもあったが1.1でかなりのハイ、ラップ推移的にもL1で再加速だがトップレベルの3頭の競馬、という感じだった。

5番枠から五分のスタート、そこから軽く促して先行策、楽に好位には入っていく。道中も促しつつ好位中目で進めて3角。3~4角でも好位から中団に下げながら直線。序盤でそこからスッと進路を取ってスムーズなのだが大して伸びない。L1でもばてはしないが伸びもしない、7着完敗だった。

この馬の場合厳しいペースでも一瞬は脚を使ってくるイメージだったんだが、これがここで引き出せなかったかなというのはある。かなり高いレベルだったにせよ、要所で脚を使えなかったのは個人的には失望したポイントかな。トップレベルの1400ではあまり前半の基礎スピード面で優位に立てていない印象。

オーシャンS(GIII)6着

中山芝外1200m良 16頭8枠15番
1:08.4(+0.1) 33.5-34.8 H^2
11.9-10.6-11.0-11.4-11.3-12.1

前走のオーシャンSも相手関係的に楽になったが距離短縮で先行して甘さが目立った格好に。ペースも1.3とかなりのハイでしんどかったかもしれないが、それでもそこまでオーバーというほどでもないし逃げたネロを差せなかったわけでね。

15番枠から好発を切って先行策、外から様子を窺いながらまずは2列目の外で進めていく。徐々に前との差を詰めて3角では番手の外で入る。3~4角でも逃げるネロを見ながら余裕を持って直線に。序盤で番手から追い出されるがネロとの差が詰まらずジリジリ。L1ではネロとの差を若干詰めてはいるんだが、他が伸びてきてまとめて呑み込まれての6着完敗だった。

ハイペースで前を差せず、後ろに差され、という競馬でやはり物足りない競馬だった。ただ、このレースに限って言えば正直直前の追い切りがこの馬にしてはあまり走らなかった印象で、状態面で良くなかった可能性があったかなと。なので最低限にはやれたとは思っているが、それでもレースレベル的に見て上位勢からも決して強気にはなれないかな。

2018高松宮記念への展望

本来ゲートは上手い方だし前走も一番のスタート。ただし、前走みたいにペースを上げても甘くなるし、阪神Cみたいに無理せず好位~中団でもさほど切れない。特に評価を下げたのが阪神Cでやっぱりあれぐらいのペースバランスで入ってきたなら一瞬でもいい脚を使ってほしかったんだがそれができなかった。強敵揃いなのは間違いなかったので、過度に下げるのは危険だが評価を下げざるを得ない要素。もともとがマイルのタフな馬場、タフな流れで速いラップを要求されない中で結果を出してきたのも事実だし、軽い馬場で軽い基礎スピードやトップスピード面を要求されていい馬ではないのかなと。ロイヤルチャージャー同士の配合は距離の融通が利きやすいと思うし、ダイワメジャーの仔のイメージよりも寄りパワー型でベスト距離も1600寄りと考えるべきか。現時点では高松宮記念で馬券的に狙いたいと思えるような競馬はしていないと思う。内枠を引いて楽に逃げる、2~3列目のポケットで我慢して上手く立ち回って幾らか上げてきても3着ヒモぐらいまでの評価かな。どうしても人気を背負うタイプなので、条件が揃わなければ消してもいいと思っている。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第48回 高松宮記念(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎x激走○で高額万馬券続出!▼

3月11日 阪神11R
『第52回フィリーズR』
◎リバティハイツ
(8人気・単勝22.3倍)
△アンコールプリュ(2人)
△デルニエオール(5人)
3連複  9140円
馬 単  9680円
━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

2月26日 中山11R
『第92回中山記念』
◎マルターズアポジー
(6人気・単勝14.1倍)
○ウインブライト
(2人気・単勝5.3倍)
△アエロリット
(5人気・単勝7.4倍)
3連単 4万1500円
3連複   8640円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『高松宮記念(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・高松宮記念

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。