競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 出走予定馬:ネロ&ミナリク想定

time 2018/03/21

高松宮記念 2018 出走予定馬:ネロ&ミナリク想定

高松宮記念の出走予定馬展望

第48回 高松宮記念(GI)

日程2018年3月25日()

コース中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ネロ(ミナリク想定)

どこまでも逃げるスタンスは嵌れば強い、近走復調を示している京阪杯の覇者ネロが高松宮記念に出走予定だ。前走のオーシャンステークスでも果敢の逃げを展開、やや甘くなったがこのスタイルを安定して引き出せるようになってきた。今回もミナリクとのコンビで逃げの一手を打つしかない。自分のスタイルに嵌め込んであっと言わせる逃げ切り勝ちを目論む。

ちょっと渋ってほしいかな、という感じはあるが今の中京の馬場なら結構侮れない。力の要る馬場で後続の脚を削ぐことに関してはトップレベルにあるので条件が揃えば一気に浮上する。逆に7秒台の競馬になると今のこの馬ではスピード的に足りないし後傾型の脚を削ぎ切れない。出来れば9秒ぐらい時計がかかってほしい。

<PR>
――――――――――――――――――――――――
【高松宮記念】の超穴馬を今すぐ教えます!
《昨年は16番人気のティーハーフが激走》

――――――――――――――――――――――――

今年もとっておきの超穴馬がいる!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

レッドファルクスと決まっても馬連想定30倍以上!

今年の『超穴馬』を今すぐ教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<PR>

京阪杯(GIII)1着

京都芝内1200m良 16頭2枠4番
1:08.8 34.3-34.5 M
12.3-10.7-11.3-11.0-11.2-12.3

まずは2走前の京阪杯から振り返る。京都も最終週で空く条件での開催が重なっただけに良馬場でも時計が結構掛かっていてタフな馬場状態。ペースは平均で落ち着いたがL3の4角地点で最速と仕掛けが早く早めの競馬にネロ自身が持ち込んだ格好。

4番枠からまずまずのスタートから押して押してハナを取り切って、という形。そこからはペースを下手には落とさずに上手く平均で進めていく。3~4角では引き付けずに4角で早めに仕掛けて出口で鞭。序盤でそこから引き離したいがフィドゥーシアが外から並びかけてくる。しかしここからの二枚腰がこの馬の持ち味、最後までしぶとく踏ん張って後続の追撃を振り切った。

個人的にはこれがベストの競馬、という感じではないんだがそれでも力の要る馬場でしっかりと粘り切った。平均ペースに落ち着けて後半早めのスパート、4角で外に対してロスを作らせることができたしそれが大きかったのかなと。逃げてこそだが前半あまり速いラップを踏むと苦しくなる馬で、ペースバランス的にハイは歓迎できても基礎スピードの質的に足りない、という感じ。

京阪杯(GIII)1着

京都芝内1200m重 18頭1枠2番
1:10.3 34.1-36.2 H^3
12.2-10.8-11.1-11.5-11.7-13.0

ベストバウトは一昨年の京阪杯になると思う。これは圧巻で、厳しい流れに持ち込んで後続の脚をなし崩し的に使わせての勝利となった。2.1と1200路線では超ハイに入る。ラップ推移的に見ても終始減速ラップでL1の直線地点では大きく失速しているがこれで突き放しているように、他の馬の脚をこの激流で削ぎ切った。

2番枠から五分のスタート、そこから押して押してハナを主張、行き切るまでに苦労したがセカンドテーブルを競り落としてハナを取り切る。そこからもペースをハイで進めて縦長で3角。3~4角でも楽な手ごたえで馬なり、後続も押し上げようとするが差が詰まらず4角出口で追い出し直線。序盤で一気に突き抜け独走状態、L1ではようやくエイシンスパルタンが差し込んできたがリードはほとんど詰まらず圧倒した。

この馬の良いところは本来は基礎スピードで押し切ってしまう形。ただし、質的に高いレベルの基礎スピードを持っていない、パワー型の基礎スピードというべきか、この馬場で34.1で行き切る分には問題がない、という感じ。力の要る馬場でハイペースに持ち込めば他の馬が後半勝負に持ち込みにくい、そこまで余力を持って後半に入ることができないので、他の馬の脚を削ぐという点でこの馬にとっては良い条件なんだろうと思う。

オーシャンS(GIII)4着

中山芝外1200m良 16頭5枠9番
1:08.4(+0.1) 33.5-34.8 H^2
11.9-10.6-11.0-11.4-11.3-12.1

前走のオーシャンSはペースを引き上げる形に持ち込んだが自身で33.5とかなり速い入りになってしまったのも影響した。ハイペース自体は歓迎できる馬だが流石に33.5で入ってしまうと難しかった、という感じで馬場もそこまで悪くなかったしバランス的に無理が生じたのかなと。

9番枠からまずまずのスタートを切ってミナリクが押して押してハナを取り切る選択、スピードに乗ってからは速く2番手以下を少し離して進めて3角。3~4角でも無理には促さず、4角出口で仕掛けて1馬身差で直線。序盤でそこからしぶとく踏ん張りリードをキープ。L1でちょっと甘くなって最後は3着争いでわずかに見劣り4着と馬券に絡めず。

この時の中山は馬場が読みにくい面はあったがそこまで重い馬場ではなかった。その中で33.5の600走破で走れたのは収穫だが、この馬場だとこれでも後続の脚を削ぎ切れない、という競馬になったのかなと。なのでこの馬は時計がかかる馬場状態でこそパワー型スピードで押し切れるというタイプだと思う。実際スランプに入るまでも重賞で結果を出していたのはペースバランス的に前半無理をしていない時だし、京洛Sの時もそうだが重馬場で力の要る状況でこそ真価を発揮しているというのは個人的には確定している適性かなと。

2018高松宮記念

馬場状態がとにかく重要。先週の馬場だと標準よりは時計がかかっているかな?というベースの馬場。GIに向けて馬場が軽くなることもあるので言い切れないけど先週の馬場状態の上に雨が降ってくれればこの馬としては理想的といえると思う。稍重ぐらいでも十分9秒に近いところで入ってくると思うし、昨年のセイウンコウセイの時ぐらいの馬場になってくれれば一気にチャンスは出てくるんじゃないかなと。更に顕著に重馬場まで行けば本命に推してしまってもいいぐらいかなと。レッドファルクスは重馬場でハイペースだと流石にトップスピードを削がれるのでそこからの惰性を活かしにくくなる。この馬はレッドファルクスとは適性的に対極にあるので、レッドが伸びないような展開になればこの馬が前で粘っている、というのは十分考えられる。ここ2走は少なくともスランプ脱出といっていいパフォーマンスだし、ベストバウトの重馬場京阪杯での圧倒ぶりからも、馬場の条件が嵌れば一発の魅力は十分だ。ただ…今の段階では土日は晴れなので、そうなるとこの馬の評価は少し下げる必要があるかな。二の足が遅いのでしっかりと行き切れるかどうか、そして力の要る馬場でハイペースで削げるかどうか。自身平均でもやれなくはない馬だがこの面子だと後半勝負に強い馬が多いので平均だと勝負に絡むのは難しいと思う。

――――――――――――――――――――――――
【高松宮記念】の超穴馬を今すぐ教えます!
《昨年は16番人気のティーハーフが激走》

――――――――――――――――――――――――今年もとっておきの超穴馬がいる!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

レッドファルクスと決まっても馬連想定30倍以上!

今年の『超穴馬』を今すぐ教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

高松宮記念では
毎年のように当社指名の超穴馬が激走!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《2014年》穴スノードラゴン(8人気2着)
【7990円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2013年》穴ハクサンムーン(10人気3着)
【2万7200円・1万1340円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2012年》穴サンカルロ(3人気2着)
【1070円・59300円】的中!
――――――――――――――――――――――
それだけでなく!

《2016年》6690円・1740円的中!
《2017年》3230円・2150円的中!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ドル箱中のドル箱GI
【高松宮記念】の超穴馬は今年も見逃せない!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。