競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マーチステークス 2018 出走予定馬:ハイランドピーク&横山典想定

time 2018/03/20

マーチステークス 2018 出走予定馬:ハイランドピーク&横山典想定

マーチステークスの出走予定馬展望

第25回 マーチステークス(GIII)

日程2018年3月25日()

コース阪神芝外1800m

予想用・出走予定馬一覧

ハイランドピーク(横山典想定)

中山1800m戦、強い競馬で連勝を果たし中心の一頭となりそうなハイランドピークがマーチステークスに出走予定だ。ここ2走は横山典弘に替わって面白いほどに本領を発揮、どちらも2着以降を大きく引き離す完勝でここまできた。流石に重賞で相手も強くはなるが、この馬の見せてきた先行力でここも突破できるか。

かなり強い馬なのは間違いない。今回は相手関係も揃っているけど基礎スピードでそこまでの強敵がいないので個人的には引き上げた方がチャンスは出てくると思う。まあそれでもディアデルレイは結構強敵で簡単ではないと思うが、ここでどこまでやれるか楽しみな一戦。

初茜賞(10下)1着

中山ダ1800m稍 13頭6枠9番
1:51.9 49.4-50.2 H^1
12.8-12.1-12.4-12.1-12.3-13.1-12.2-12.0-12.9

2走前の初茜賞から振り返る。この時はかなり時計がかかっていたが、その中で51秒台に乗せてきたのは流石で1000万下レベルで収まる馬ではないなと。ペースはややハイで収まったというぐらいで、他の馬にとってはこれはかなり厳しい流れだったと思う。この馬場で49.4で入って50.2でまとめたという点が素晴らしい。

9番枠からまずまずのスタートを切って、そこから促しながらハナを主張し主導権を取る。道中は淡々と進めて単騎逃げに持ち込んで楽に3角。3角で息を入れてここで後続が一気に取り付くという競馬に持ち込むが、そこから4角でスーッと加速して再びリードを広げて直線。そのまま後は突き放す一方だった。

本来ならペースを引き上げて楽にあれだけのリードを保っていたなら極端に緩めずにそのまま進めた方が良いと思うんだが、この馬の場合あれだけのペースで前半走って3角で再び息を入れても一気に加速ができてしまう。この感じだと多分川崎記念とかを走れば千切るんじゃないかな…というようなイメージでギアの上げ下げが抜群に上手いしペースが速くても対応できるのが強み。

上総S(16下)1着

中山ダ1800m稍 16頭2枠4番
1:52.3 -49.749.5 M
12.8-11.7-12.2-13.0-13.1-12.5-12.3-12.0-12.7

前走の上総Sも内容的には圧倒してきた。ペースも平均、中盤13秒台を2F踏んで息を入れながら後半加速でL2最速12.0はこの時の中山の馬場を考えればかなり速い。コントロールして後半要素でも上がり最速が示す通りで一番のパフォーマンス。準OPではケチの付け所がない。

4番枠から好発を切ってそこから軽く出して行く形でハナを主張、外からヨシオも絡んでくるので主張しきってハナ。道中もヨシオ以外は離して進めていたが向こう正面終盤ぐらいで息を入れて3角に入る。3角で外から上がってきたネイビーブルーが絡んできたのでここでペースアップ。4角でも馬なりに近い形で楽に進めて1馬身差。直線ですっと引き離して突き放し、そのままラストまで独走だった。

前半主張してペースを引き上げて、息を入れてというパターンは初茜賞と同じ。後半も4F戦でしっかりと上がり最速を引き出しているようにポテンシャル面でもそこからの速い脚、という点でも2枚上だった。正直準OPは楽に突破すると思っていたので特に驚きはないが、終始淡々と進めた時にどこまで踏ん張れるか?というのが興味深いかな。

チバテレ杯(10下)4着

中山ダ1800m良 16頭7枠14番
1:54.0 49.7-51.7 H^2
12.7-11.5-12.7-12.8-12.5-12.4-12.7-12.6-14.0

息を入れなかったチバテレ杯は4着完敗ではあると。ただこの時は休み明けでもあったし外枠で行くのに苦労した。その辺りも影響した可能性はある。2秒のハイでそこから大きく淀みなくのL4最速戦。基礎スピードを高いレベルで問われた一戦。

14番枠からやや出負け、そこから押してハナを主張しつつ最終的にはディープオーパスを行かせて番手。道中も淡々とした流れの中で楽に番手で進めながら3角。3~4角でも番手外で進めて先頭列に並びかけて直線に入ってくる。序盤で抜け出しを図るが手前を換えずにしんどくなる。L1で甘くなって最後は差し馬の追撃を振り切れずの4着完敗だった、

もちろん休み明けという面もあるし、実際800通過だけなら49.7なのでそ入りはこまで速くはないし、単純に休み明けや手前を換えなかったことも影響したかもしれない。500万下を勝ちあがった時は函館1700m戦で48.8-50.2とハイペースで完勝しているし、ある程度目途は立てていると思うんだが。まあトップレベルまで来ると流石にちょっと不安もある。

2018マーチステークスへの展望

一応厳しい流れでもある程度やれるとは思っているんだが、ここ2走は割と自分のリズムで入っているし中盤で少し息を入れることで良さが出ている可能性は否定できない。個人的な感触ととしては距離が長い方が良いかなとは思っていて、交流重賞の大井・川崎で機動力を活かしたいタイプだと思う。マーチステークスは過去の傾向を見ても結構ハードに上がり切ることが多い。特に流れた時にはディアデルレイは結構強敵になるんじゃないかなと。ただそれ以外にそこまで基礎スピード面で圧倒できる馬もいないと思うし、サクラルコール辺りは馬券的には面白いと思っているがこの辺は時計的にも撃破してもらいたいところ。ここではハイペースに上がり切った時に信頼しきるのは危険という感じで評価は少し下げるがそれでも対抗~連下では考えておきたい。本命はここでは他の馬にする予定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想
皐月賞当日の4/15まで無料

しかもGI週特別版で
高松宮記念の全頭徹底分析も無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/11 中京9R 2万8670円的中
3/10 中山9R 14万2050円的中
3/4 中山10R    3万8170円的中
3/3 小倉10R   10万7600円的中
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中

プロの渾身予想を無料で見る方法

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。