競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 出走予定馬:ダイアナヘイロー&松山想定

time 2018/03/19

高松宮記念 2018 出走予定馬:ダイアナヘイロー&松山想定

高松宮記念の出走予定馬展望

第48回 高松宮記念(GI)

日程2018年3月25日()

コース中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ダイアナヘイロー(松山想定)

前走の阪急杯では福島調教師の有終の美を飾る華麗な逃げ切り勝ちとなったダイアナヘイローが高松宮記念に出走予定だ。今回から大根田厩舎に転厩し、鞍上には松山弘平を擁して再度逃げ切りを狙う形か。親父譲りの気まぐれか、二桁着順と強敵相手に捻じ伏せる競馬を表裏一体とする快速馬…今度はどっちの顔を見せてくるか?

難儀というか、シルクロードSの凡戦をしておきながら、阪急杯では強敵相手に逃げ切ってくる。分析家泣かせで正直勘弁してほしいぐらい振れ幅が大きい。ただ、基本的には前半のペースは速くしても良い基礎スピードタイプで、逆に仕掛けのタイミングは遅らせたいというのは感じる。

阪急杯(GIII)1着

阪神芝内1400m良 18頭7枠13番
1:20.1 34.2-34.6 M
12.3-10.7-11.2-11.3-11.4-11.2-12.0

前走の阪急杯はレベル的にもかなり高い一戦だったと思うがこれを逃げ切った。ペースは平均で収めていて、中盤もそこまで上げ切らずにL3-2で11.4-11.2と加速ラップを踏む余力を残せた。この馬はペースに関わらずL2で加速する形で強いな、というのはあるかな。

13番枠から好発を切って外から顔をのぞかせる。内の各馬の様子を見ていたが、最終的にじわっと促してハナを取り切る。3~4角でも仕掛けを待つような感じでコントロール、4角で外からスッと促して直線。序盤でスッと離して1馬身差、L1で苦しくなるか?というところで踏ん張って外から猛然と伸びてくるサングレーザーやレッドファルクスらの追撃を振り切っての勝利。

基礎スピード的には高いレベルにある馬だが1400に延長することで楽にハナを取り切った。そこから平均にコントロールして後半もしぶとく一脚を使ってL2で再加速。自身の上がりで見ても34.6と前半とそう変わらず踏ん張れたのが大きいかなと。レッドやサングレーザーは叩き台、レッドは58kgという差はあったが、この一戦は噛み合えばトップレベル相手にも戦えるということを証明できたのかなと。ひと叩きで馬体が絞れたのも大きかったかな。

スプリンターズS(GI)15着

中山芝外1200m良 16頭4枠7番
1:08.3(+0.7) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

2走前のシルクロードSは休み明けでもあったので、3走前のスプリンターズSを見ておく。ペースは平均で中山1200としては遅い。その分もあってL3最速10.9と仕掛けが早くなってTS持続力を結構高いレベルで問われた。後半型が強かったのも仕掛けのタイミングが早かったことと、前半の基礎スピードがそんなに問われなかったことが大きいと思う。

7番枠からまずまずのスタートを切って二の足で楽に先行争い。ワンスインナムーンを行かせて番手にコントロールする。ただあまり突かないのでワンスにペースを落とされて番手で3角。3~4角でもワンスがじわっと引き上げていく中で追走にかなり苦労して2列目から少し下がって直線。序盤でそのまま揉まれてしまって抵抗できず失速の惨敗。

ペースを引き上げられなかったし後半の末脚の絶対量勝負に持ち込んでしまった。この馬としては後半使える脚は限定的で、L3の地点で各馬がスピードに乗ってしまった状態から残り400mを踏ん張るというのは簡単ではない。特に1200mだと小倉の北九州記念でも見せているように前半の基礎スピードが大きな武器なのだが、それを上手く引き出せずに後半勝負の割合を大きくしてしまっては難しかった。シルクロードSも個人的には同じパターンの負け方だと思っている。噛み合わないと大きく崩れるタイプはキングヘイロー産駒には多いので(ゲレイロですらセントウルS14着とかあるからね)。

北九州記念(GIII)1着

小倉芝1200m良 18頭5枠9番
1:07.5 32.8-34.7 H^2
11.7-10.0-11.1-11.5-11.2-12.0

北九州記念では厳しい流れを番手で先行して突き抜けた。ただここでもそうだが、かなりのハイでもL3-2では11.5-11.2と加速ラップを踏んでいる。この辺りからも中盤に少し息を入れて仕掛けを待って要所でスッと加速、という競馬に持ち込めるかどうかが重要なのかなと。ソルヴェイグの上位互換ぽい感じはこの辺。

9番枠から好発、そこからじわっと促しながら先行争い、内のアクティブミノルを行かせて番手を確保。3~4角で少しペースが落ちる中で番手で仕掛けを待つ。4角でも仕掛けを待ちながら直線。序盤で追い出されてスッと反応してアクティブとともに2列目をじわっと引き離す。L1でそのまま抜け出して後続の追撃を振り切っての3/4馬身差勝利。

ここでも結果的に本仕掛けを待つことができた。アクティブが3~4角で少し息を入れる中で番手で同じような位置にいたのでこの馬も減速してからの加速、というラップを踏んでいると。完全に上げ切っての消耗戦でどこまでやれるかは分からないが、この一戦と阪急杯、佐世保Sではともに3~4角では少し息を入れて直線入りでの加速を問われたという共通点がある。逆に崩れているのはコーナー地点で速いラップを踏んでいてここで脚を使わされる形になっていることが多い。

2018高松宮記念への展望

個人的には転厩初戦をどう考えるかだが、適性面では中京1200は面白いと思っている。中京の1200は割と3~4角でそこまで上がり切らずにL2で再加速の競馬になりやすい。また今回のメンバー構成を考えるとネロやレーヌミノル辺りがある程度ペースを引き上げて行く可能性が高い。この馬自身逃げに拘るのかどうかは分からないが、コメントからは2~3番手でもという感じ。ペースが上がるなら番手でもいいと思うし、とにかく3~4角では後ろに対してリードを取った状態で仕掛けを待つ、この形が欲しいかなと。後は中京の馬場次第。ハイペースは得意だが結果を出しているレースは北九州記念も前走の阪急杯も高速馬場。力の要る馬場での適性がカギにはなってくるかな。阪急杯ではレッドを破ったといっても実質2kgの差があった。これが今回はもちろんなくなるので、それ以上の評価はできないかなと思っているが、前目で残るタイプとしては警戒しておきたい一頭。この馬だけではないが、土曜の馬場をよくみておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想
皐月賞当日の4/15まで無料

しかもGI週特別版で
高松宮記念の全頭徹底分析も無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/11 中京9R 2万8670円的中
3/10 中山9R 14万2050円的中
3/4 中山10R    3万8170円的中
3/3 小倉10R   10万7600円的中
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中

プロの渾身予想を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。