競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ファルコンステークス 2018 出走予定馬:ダノンスマッシュ&戸崎確定

time 2018/03/15

ファルコンステークス 2018 出走予定馬:ダノンスマッシュ&戸崎確定

ファルコンステークス2018の出走予定馬展望

第32回 ファルコンステークス(GIII)

日程:2018年3月17日()
コース:中京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

ダノンスマッシュ(戸崎確定)

1400m戦では3戦2勝2着1回とパーフェクト連対、朝日杯フューチュリティステークスでも5着と掲示板を確保した実力馬ダノンスマッシュがファルコンステークスに出走予定だ。未勝利戦では中団外から押し上げての完勝、もみじステークスでは先行策から突き抜ける完勝と1400への適性を感じる強さを見せてきた。中京1400で速い流れがカギになるが、克服して重賞タイトルを手中に収めることができるか。

個人的には単純な能力的には一番かなと感じている。2,3走前の内容、相手関係から考えてもこの路線ではトップスピードの質、持続力ともに高い。後は全体のペースだが、3走前だけやれれば前半無理をしなければ余程ハイでもなければ問題ないかなという感じ。ただファルコンステークスは傾向的にも顕著にハイになるのがなあ…。

未勝利1着

阪神芝内1400m良 13頭3枠3番
1:21.9 35.1-35.0 M
12.3-11.2-11.6-11.8-11.8-11.4-11.8

未勝利勝ちから振り返りたい。阪神1400で平均では流れているし、中盤少し息が入ってのL2最速戦ではあるがある程度の基礎スピードとそこからの脚を要求されている。ラブカンプーはフィリーズレビューで崩れたが、4着のヴァルディノート比較で見てもレースレベル的に結構高かったと思っているが。

3番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに中団馬群の中で進めていく。道中もアスターシャンティの後ろぐらいで様子を窺いつつ中目で3角。3~4角でも中団外から馬なりでスーッと押し上げて好位列、4角出口でも仕掛けを待ちながらで2列目に取り付いて直線。序盤で追い出されて出し抜くラブカンプーに対して一頭だけ詰めて半馬身差、L1でしっかりと抜け出しての完勝だった。

ここではそこそこの流れの中で中団で脚を残しつつ出はあったにせよ3~4角で外々からスーッと取り付く脚を見せたこと、またL2-1のどの地点でも圧倒していたと。ファルコンSだと明確にハイになることも多いので35-35レベルでは何とも言えないし、この馬の位置だとスローバランスなので完全に流れた時には不安もあるが、余力を持って進められれば末脚は強烈といっていい。

朝日杯フューチュリティS(GI)5着

阪神芝外1600m良 16頭6枠12番
1:34.0(+0.7) 47.2-46.1 S^1
12.3-11.2-11.6-11.8-11.8-11.4-11.8

前走の朝日杯ではマイルで決め手勝負となったが思ったよりやれたな、というのが率直な感想。もうちょっと流れるかなとみていたが1.1とはいえスローだし、この馬自身も後ろからの競馬になってしまった。2着との比較で見れば言うほど悪くない。

12番枠から出負けしてしまって後方からの競馬とならざるを得ない。道中も内目で進めながら折り合い面を意識しつつじわっとスペースを詰めて3角。3~4角でも後方馬群の内内で我慢しながら直線。序盤で最内からフロンティアの内を突いてスッとさばいて3列目まで上がってくる。L1でもそれなりに伸びてなだれ込んでの5着だった。

2着争いならコンマ1秒の差だし、ダノンプレミアムが強すぎたのはあるので少なくともマイル路線の2番手グループの中には入ってくるパフォーマンスだった。出遅れてしまったのでどうしてもああいう競馬になるのは仕方ないが、それでもしっかりとL2の地点で脚を使えたのは立派だし、スローでの決め手勝負の流れでフロンティアを後ろから差したわけで、評価は高くしないとというところ。スローのマイルでもやれたなという感じ。この流れでもうちょっと前を取れていたら違ったかもしれないし、まあ出遅れに関してはこの一戦だけなので何とも。

新馬戦2着

新潟芝内1400m 18頭3枠6番
1:23.0(+0.0) 34.8-36.5 H^2
12.7-10.9-11.2-11.7-11.9-12.2-12.4

気になるのは新馬戦のパフォーマンスが低いこと。新潟の1400らしい流れではあるが、ラップ推移からも後半は完全に減速していくラップとここは珍しい。1.7とかなりのハイの中で脚を削がれた可能性は十分あると。

6番枠から五分のスタート、二の足良く楽に先行していくが様子を各馬がうかがっているうちに先行争いが激化、ハイペースを作る形になる。3~4角でも先頭列4頭雁行状態の内から2頭目で進めて先頭で直線。序盤でしぶとく抜け出したが、L1で甘くなって最後は差されての2着。

この差されたランスマンがその後イマイチだし、掲示板までで勝ち上がっているのはこの馬だけ。あまり当てにしづらいレースになった。厳しい流れの中でハイペースに巻き込まれた形、早々に先頭に立って目標になった分はあるにせよ、それでも物足りない競馬なのは間違いないところ。ハイペースの流れで基礎スピードを問われる形がベストとは思わないかな。

2018ファルコンステークス

レース全体の流れが平均~1秒までのハイ程度なら自身が中団~後方で無理をしないことで対応可能かなと思う。ただ2秒以上となるとちょっと不安があるなと。自身でハイバランスまで行ってしまうと脆くなるリスクは新馬戦からは感じるところで、先週の馬場だと高速馬場ではまず無いので34秒前後が基本になる中京1400では前傾ラップになる可能性がかなり高くなる。基礎スピード面には不安があるのでこのレースで簡単に信頼は置きたくないかな、というのは感じる。ただし、少なくともこの路線ではトップスピードの質、TS持続はトップレベルにあるし、1400で平均まで、自身スローで入れれば恐らく勝ち負けできる馬。前半あまり無理をしなければいい脚を使えるし、3走前の平均でやれている、1週前の追い切りがハードにやれた中で終いも良かったとパワーアップも感じるので、最終追い切り次第で信頼しても…というところかな。良い馬だとは思うけどハイペースへの対応力だけかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
スプリングS(G2)3連複10点勝負

昨年も6670円的中!
プロ集団の本命馬は
GIで2着のステルヴィオにあらず!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/4 中山10R    3万8170円的中
3/3 小倉10R   10万7600円的中
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中
2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中

スプリングSを無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。