競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

スプリングステークス 2018 予想用ラップデータ:基本は平均~ややスローからのL2最速戦になりやすい

time 2018/03/12

2018スプリングステークスの予想用ラップデータ

2018スプリングステークスの過去10年ラップデータ(阪神代替開催時は除く)から予想、分析していく。

ペース傾向

まずは全体のペースだが、ひとまず平均~ややスローとみておいていいと思う。過去10年で平均が5度と最も多く半数を占める。次点でややスローの3度で後は超スロー1度とややハイ1度。基本的には平均~ややスローで収まる可能性が高いかなと。

仕掛けの傾向

過去10年で見てもL2最速率が高いレースといえそう。8度がL2最速で過半数を楽に超えている。残りはL4最速、L5最速でそれぞれ1度ずつ。一応向こう正面からペースが上がる可能性もそこそこあるレースだが、L2最速になりやすい傾向は意識しておきたい。ここで動ける馬が強い。

脚質別傾向

脚質別で見ても勝ち負けまで来ると基本はある程度の位置が必要というのは分かる。過去10年で連対までのシェアで見ると逃げ~好位が7割を占めていることから、やはり勝負になるには真ん中より前がほしいというところ。ある程度前からしっかりと動ける馬が望ましいし、あまり速いラップは問われないので後半要素はポテンシャル面も重視したい。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは「スプリングS」と「阪神大賞典」

的中に特化した予想。
3月10日(土)三連単・三連複50%、単勝91.7%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、今週の重賞「フラワーC」「ファルコンS」「スプリングS」「阪神大賞典」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「スプリングS」「阪神大賞典」です。

過去4年指数上位馬が馬券に絡んでいます。
そして、最も取りたいのは3連単ですよね。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは「スプリングS」「阪神大賞典」共に過去4年1着から3着までスプリングSの2015年1着を除いて【赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「スプリングS」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

10日(土)から情報公開となった「超北条ブログ」の詳細、もう見ましたか!?
16日(金)までの限定募集コンテンツです。
内容を見たんですが…本当に凄そうです!
豊富なデータ量を使った予想に北条氏自身が寄り添ってくれるサービスとなるとのこと。
今週チェックしないと次の募集はいつになるか…急ぎましょう!

見やすく、豊富なデータを誇る指数サイトはこちら

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。