競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬:フロンテアクイーン&北村宏想定

time 2018/03/08

中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬:フロンテアクイーン&北村宏想定

第36回 中山牝馬ステークス(GIII)

日程:2018年3月10日()
コース:中山芝内1800m

予想用・出走予定馬一覧

フロンテアクイーン(北村宏想定)

ターコイズステークス2着、福島牝馬ステークス2着など重賞でも確実に善戦してくる善戦クイーン・フロンテアクイーンが中山牝馬ステークスに出走予定だ。実にまだ2勝しかしていない中で、7度の2着が示す通り勝ち切れない。ただし、準OPでも勝ち切れないが、牝馬重賞戦線でも2着に来ているように安定感は光る。もちろんこの辺りでそろそろ勝利の味を思い出しておきたいところ、昨年初音ステークス以来1年ぶりの勝利となるか。

なんでもできるがワンパンチ足りないという典型的なタイプ。トップスピードの質、持続力ともにそこそこ高くギアチェンジも持っていて、基礎スピードもある程度持っているしポテンシャル面も最低限持っている。本当に弱点が無い。バランスを取って入れれば。ただ今回のメンツはそこそこ強敵がいると思うし本質は高速馬場向きだと思うので少し評価を下げたいかな。

ターコイズステークス(GIII)2着

中山芝外1600m良 16頭4枠7番
1:34.2(+0.0) 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

前走のターコイズSから。これもこの馬らしい競馬での2着だったなと。ペースはそこそこのスロー、ラップ推移的にもやや緩い流れを継続しながらL2でスッと加速、というギアチェンジを問われた一戦。

7番枠からまずまずのスタート、ある程度押して先行しようとするが最終的には窮屈になる中で好位の中目で我慢。道中もややスローの中でしっかりと好位中目で我慢しながら3角。3~4角でもまだ前のペースが上がってこない中で2列目の中で我慢、進路が無い状況でスペースを確保しながら仕掛けを待って直線。序盤で2列目から進路が無く少し待たされてしまう。しかしL1で進路ができるとスッと反応してするすると伸びてきてあわや勝利かというところ、最後はミスパンテールに目標にされ差し切られた。

これで負けるか、というぐらい2着癖が凄い馬だなあと。まあこれに関しては正直運だけど。内内で包まれたけどギアチェンジがあるので直線進路ができてからスッと反応できた。この辺りが内で立ち回ってしっかりと脚を引き出せる要因だと思うし、レベルが高くなければ安定する要因だろうと。とにかくエンジンの掛かりが良い。

ユートピアS(16下)2着

東京芝1600m良 13頭1枠1番
1:34.8(+0.1) 49.0-45.7 S^3
12.9-11.5-12.3-12.3-12.0-11.2-11.1-11.4

逆にユートピアSではドスローからの3F勝負で勝ち切れず。3.3で超スロー、ラップ推移的にもL3で11.2と割と仕掛けは早かったがドスローなのでL1も11.4と落ちなかった。

1番枠からやや出負け、そこからリカバーしつつもなかなか上げ切れず中団の内でレッドアヴァンセを見る形。3~4角でも最内で我慢しながら直線。序盤でレッドの後ろからスッと反応するが進路自体が難しいのでレッドが抜け出すのを待つような感じでL2で追い出しするすると伸びてくる。L1でもジリジリと差を詰めるが届かなかった。

ここは敗因としては最序盤だと思う。ゲートが甘かったわけで、そこからレッドに前を取られてしまった。この馬としては要所ですぐに動けているしL2-1も狭い進路の中でしっかりと置かれず伸びてきてL1でも余力があった。この辺りからも後半はこの馬の良さを出せていたと思う。この馬が地味に甘いのは、後半決め手だけでズドンと来れるわけでもないが、かといって前半楽に前にもっていくというタイプでもない。この辺がバランス的にも微妙なのかなと。良い馬なんだけど。

福島牝馬ステークス(GIII)2着

福島芝1800m良 16頭4枠8番
1:46.8(+0.0) 46.9-47.9 H^1
12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2

福島牝馬S2着も悪くない。レベル的にそこまで高くはないが、ハイペースの流れでしっかりと脚を使ってきた。基礎スピードやポテンシャル面といったところが問われても一定レベルやれているのは評価したい。

8番枠から五分には出たがそこから無理はせずに中団の外目で進めていく。向こう正面でも中団の外で進めているうちに外からデンコウアンジュが捲っていったのでそれを見ながらじわっと押し上げ3角。3~4角では中団馬群の中目で少し待ちつつ好位列に取り付いて直線。序盤でそこから追いだされてしぶとく伸びて2列目の中目、L1でそこからしぶとく伸びてきたが外からウキヨノカゼに差し込まれての2着。

悪くはないけど決定的に高いパフォーマンスといえるほどでもないという難しいところ。展開としてみても前がハイペースでかつ向こう正面でデンコウの捲りがあったことを考えれば差し天国になるのも頷けるし、実際そうなった。3~4角で上手く我慢してそこまで外でもないところを通しながらL1ではウキヨノカゼに差し込まれているのでポテンシャルではちょっと見劣ったと。クインズミラーグロなんかもそこそこ手強い馬だけど、どちらかというとトップスピード戦の方が高いパフォーマンスを見せている馬だし評価が難しい。

2018中山牝馬ステークスへの展望

どんな展開でも対応できてしまうので評価が難しい馬。ただ、一応全体的に見るとある程度トップスピードが問われた方が良いとは思う。ギアチェンジも持っているしトップスピードの質もそこそこ。ただしジュールポレールには勢いをつけて優位に入ってギアチェンジ戦で見劣ったし、レッドアヴァンセを後ろから差すほどのTS持続もない。文字通り何でもできるが何かに秀でているというわけではないので総合力を活かせるかかカギだろう。こういうタイプなので展開よりも相手関係が重要かな。今回のメンバー構成は結構強敵が揃っていると思うのでもちろん警戒は必要だが、勝ち切るまでにはなかなか難しいかな。特に今の中山の馬場だとそこまで速いラップをとわれないと思うし、ポテンシャル面ではマキシマムドパリやトーセンビクトリーがかなり手強くなりそう。ポテンシャル戦だと少し評価を下げたいので怖さはあるが3着ヒモあたりまでで考えておきたい。

――――――――――――――――――――――――
《先日の中京でも独占的に聞いていた話通りの決着》
東海S(G2)1万4690円【的中】

――――――――――――――――――――――――
▼今週の金鯱賞も自信アリ!▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《《的中宣言》》
第54回 金鯱賞(G2)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

勝つのはアノ馬しか考えられない!

【金鯱賞の結論】を特別無料で公開します!

========================
先週も先々週も
怒濤の万券的中ラッシュ!
========================

阪神2日目2R
6万6160円的中
——————
阪神2日目10R
4万4040円的中
——————
小倉6日目7R
3万5170円的中
——————
中山1日目3R
2万8060円的中
——————
小倉6日目9R
2万0080円的中
——————
小倉8日目9R
1万9860円的中
——————
阪神3日目3R
1万9290円的中
——————
小倉5日目5R
1万6280円的中
——————
小倉8日目6R
1万4390円的中
——————
阪神2日目6R
1万3190円的中
——————
小倉8日目4R
1万2920円的中
——————
小倉7日目12R
1万2630円的中
——————
中山2日目9R
1万1200円的中
——————
小倉5日目6R
1万1010円的中
——————
小倉6日目11R
1万0950円的中
——————
中山4日目2R
1万0560円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■

【的中宣言】金鯱賞の結論はコチラから

■■■■■■■■■■

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。