競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬:カワキタエンカ&池添想定

time 2018/03/06

中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬:カワキタエンカ&池添想定

第36回 中山牝馬ステークス(GIII)

日程:2018年3月10日()
コース:中山芝内1800m

予想用・出走予定馬一覧

カワキタエンカ(池添想定)

昨年はローズステークスで2着に逃げ粘った4歳世代の実力馬カワキタエンカが中山牝馬ステークスに出走予定だ。今年初戦の洛陽ステークスでは人気を裏切る10着惨敗と不甲斐ない結果に終わってしまった。とはいえ結果を残している4歳世代、同型揃うここでも自分のスタイルを貫いて結果を出したい。

例年なら面白いと思うんだが、今の中山の外差し馬場だとこういうタイプの逃げ馬はちょっと難しいかもしれない。ペースはスロー~平均からしっかりと一脚を使ってくるが、トップスピードの質よりは比較的TS持続が高い印象。ローズSでも1800の高速馬場では平均ペースに引き上げても脚を使えている。タフな馬場でも大きくパフォーマンスを落とすわけではないが、前走の洛陽Sは思ったより甘かった印象。マイルはちょっと短く1800がベストなので、この条件でどこまでやれるか。追い切りも注目したい一頭。

ローズステークス(GII)2着

阪神芝外1800m良 18頭8枠16番
1:45.7(+0.2) 46.4-46.9 M
12.4-10.9-11.3-11.8-12.2-12.0-11.6-11.3-12.0

3走前のローズSから振り返る。この時は雨の影響も少しあったはずだが高速馬場で、ペースは平均からのL2最速戦となっている。流れたことでL2最速でも11.3ぐらいで済んだともいえるし、そういったバランスの中で粘り強く粘った。

16番枠から好発、そこからスッと内に切り込んでハナを取り切るが、ペースは落とさずにしっかりと平均で刻んで3角まで持って行く。3~4角で少し息を入れて引き付けつつ1馬身半ほど差で直線。序盤でも少し仕掛けを待って追い出され、一瞬ファンディーナに近づかれそうになるがL1で振り切って粘る、そこに大外ラビットランの強襲を受け交わされるも2着は楽に確保。

ここではしっかりと前半のペースを引き上げて行ったが、高速馬場でもありペースとしては平均で収めていた。そこで中間適度に息を入れつつ仕掛けを待って直線に入れたことで踏ん張れたのはあるかなと。これぐらいの距離がちょうど良い感じの競馬をしていると思うし、前後半のバランスを上手く取って仕掛けを待ちたいタイプだとは思う。

洛陽ステークス(OP)10着

京都芝外1600m稍 12頭6枠8番
1:37.3(+1.1) 47.3-48.9 H^2
12.5-11.4-11.7-11.7-11.8-12.3-11.8-13.0

前走の洛陽Sの場合は力の要る馬場でハイペースとなってしまい、その流れを作ったものの失速した。ペースは1.6でかなりのハイ、L1は13.0と大きく落としているようにかなり流れとしては厳しかった。

8番枠から好発、スッとハナを取り切って主導権、道中も上手く進めているように見えたがペースは結果的には速くH^2レベルのハイペース。3~4角でも手綱を抑えるぐらいの余裕を持って直線に入ってくる。ただし序盤で追われることなく外から交わされてしまう。ラストまで追われずに伸びず、失速した。

ここはノリが乗っていたんだが、ノリの場合は読めないところもあるので何とも。無気力騎乗といわれがちだけど、あの段階で追ってないということは馬自身の手ごたえが無かったというノリの判断ではあったんだと思う。もともと休み明けの馬であまり無理をしない印象だったので。ただそれでも前半に速いペースを踏む形になったことで失速したのは確かだと思う。秋華賞である程度やれたことを考えてもマイルがちょっと短かったかなという印象。実際桜花賞も崩れはしなかったが甘くなっている。上手く一息を入れてやれないとマズイのかなと思うしそれがマイルだと難しい。

三面川特別(10下)2着

新潟芝外1800m稍 12頭2枠2番
1:46.3(+0.2) 48.4-45.4 S^3
12.8-11.3-11.8-12.5-12.3-11.7-11.3-10.6-11.8

4走前の三面川特別が悪くはないが微妙に後半要素では足りないのかなという感じ。ペースは3秒で超スローと上手くコントロール、4角でじわっと加速する形で出し抜いているがL1で甘くなった。後半特化の競馬だとトップスピードの質で高いレベルの馬相手には見劣った。

2番枠からやや出負けも二の足速くリカバーしてハナを取り切る。道中少し掛かり気味になったがドスローの流れは作る。3~4角では徐々に加速してL4で11秒台に入れて直線。序盤でもまだ仕掛けを待つぐらいの競馬だが内から一気にレッドアヴァンセに差し込まれる。L1では前に目標ができてしぶとく踏ん張り2着は楽に確保。

まあ前半から出負けして出して行って掛かったのはマイナスとしてあったしL4からペースが上がる形となったのもどちらかというと突かれてのものではあると思う。ただL2ではレッドに一気に交わされてしまったように、スローでの決め手勝負では質的な面で分が悪い印象。これに近いのが君子蘭賞だが楽な手ごたえで仕掛けを待ってL2の最速地点では一旦ヤマカツグレースに並ばれている。L1でTS持続を見せて振り払ったが質的に足りないというのは感じるところ。

2018中山牝馬ステークスへの展望

まだ全体的な傾向が完全に掴めている馬ではないが、高速馬場の方が合っているとは思う。先週の馬場を見る限りだと基本的には高速馬場ではないというのは良い材料ではないかな。雨の影響がどの程度あったのか、にもよるが。それと、内外の馬場差が結構出ているので、その辺も踏まえるとなかなか進め方が難しいかなというのはある。中山1800は坂スタートなので基本的にはそこまでペースが上がりにくいが、この面子だと結構前目で進める馬が多いので全体のペースが上がってくる可能性は十分ある。その点ではローズSで見せているように全体のペースを引き上げてというのは良い材料だ。相手関係で比較すると、今の馬場だとエテルナミノルが厄介かなと。叩き2走目でどこまで上げてくるかにもよるが、前目から長く脚を使えるマキシマムドパリやタフな馬場で瞬間的に切れるエテルナミノル、流れてもスローでもやれる幅の広いトーセンビクトリーやフロンテアクイーン辺りとの比較を考えた時に、ちょっと足りないかもと感じる。現時点では連下~3着ヒモで押さえるところまでかな。

――――――――――――――――――――――――
《先日の中京でも独占的に聞いていた話通りの決着》
東海S(G2)1万4690円【的中】

――――――――――――――――――――――――
▼今週の金鯱賞も自信アリ!▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《《的中宣言》》
第54回 金鯱賞(G2)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

勝つのはアノ馬しか考えられない!

【金鯱賞の結論】を特別無料で公開します!

========================
先週も先々週も
怒濤の万券的中ラッシュ!
========================

阪神2日目2R
6万6160円的中
——————
阪神2日目10R
4万4040円的中
——————
小倉6日目7R
3万5170円的中
——————
中山1日目3R
2万8060円的中
——————
小倉6日目9R
2万0080円的中
——————
小倉8日目9R
1万9860円的中
——————
阪神3日目3R
1万9290円的中
——————
小倉5日目5R
1万6280円的中
——————
小倉8日目6R
1万4390円的中
——————
阪神2日目6R
1万3190円的中
——————
小倉8日目4R
1万2920円的中
——————
小倉7日目12R
1万2630円的中
——————
中山2日目9R
1万1200円的中
——————
小倉5日目6R
1万1010円的中
——————
小倉6日目11R
1万0950円的中
——————
中山4日目2R
1万0560円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■

【的中宣言】金鯱賞の結論はコチラから

■■■■■■■■■■

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。