競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

弥生賞 2018 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、横綱競馬で無敗継続…いざ皐月賞へ視界良し!

time 2018/03/04

毎週日曜の22:00からツイキャスで東京新聞杯など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018弥生賞のレース回顧・結果

中山芝内2000m良
2:01.0 61.5-59.5 S^2
12.5-11.0-12.5-12.8-12.7-12.4-12.8-11.7-11.0-11.6

思ったよりは藤岡サンリヴァルが積極的にペースを作ったかなという感じだが想定内の範囲。ただ向こう正面から3角でペースが上がってこなかったのでやっぱり加速していく機動性が問われたし、出し切れなかった馬も多かったかもしれない。L4の3角地点では12.8と遅くそこから4角、直線入りにかけて11.7-11.0と加速していくし、加速度も大きい競馬になった。要所の反応とポジショニングが重要だったかなと。はっきり言えば皐月賞よりダービーに繋がりやすいレースだったと思う。

1着ダノンプレミアム(川田)

9番枠から好発を切ってどうするか?というところ、外のサンリヴァルもスッとは行き切らないのでブレーキしながら下げて行かせる形になる。前をカットされながらなので折り合いがどうか?というところ、しっかりとコーナーで息を入れて明確にスローの流れでも口を割りつつも何とかコントロールが利いていた。向こう正面でも前のサンリヴァルを追いかけすぎずに余裕を持ってコントロールして3角。3~4角でサンリヴァルも仕掛けを遅らせていたのでここで馬なりで取り付いて少しプレッシャーをかける。4角でサンリヴァルから結構離れた外を通して並びかけながら直線。序盤で堂々先頭に立ち、L1までしぶとく伸び切っての完勝だった。

ワグネリアンには流石にL1で少し差を詰められたが全く問題のない競馬。上がり34.1でL1が11.7、L2の地点ではほとんど先頭にいたと思うので恐らく自身のラップで見れば11.4-11.0-11.7ぐらい。L3で早めに詰めていったという感じかなあ。それでもL1でおおきく落としていないのでこれは完勝といっていい。それに課題だった折り合い面もこれだけスローの流れでコントロールできていたならそう心配することもないだろう。本番でこれ以上に遅い流れになったら別だが、皐月賞の方が流れる可能性は高い。ある程度ペースが上がった方がこの馬にとっては良いと思うので、そういう意味でもこの展開でワグネリアンを完封できたのだから皐月賞までは死角がほとんどないな、という感じで逆に無いのが怖いというぐらい。緩い流れから3~4角で馬なりでスーッと加速できているし、多少折り合いの不安はあってもほとんど決定的な弱点が無いし素材的にもかなり高いレベルにあるからなあ。古馬になっての伸びしろはともかく(血統的にロベルト系同士の配合は早熟傾向が強いイメージ)少なくとも3歳春まででこの馬を破れる馬というのはそうそう出てこないだろうなあ。ダービーなら何頭かチャンスはあるかもだが、少なくとも皐月賞では中心は揺るがなくなった。

2着ワグネリアン(福永)

8番枠からまずまずのスタートを切ってそこからポジションを取っていくが、最終的にはジャンダルムの後ろで様子を見て5番手で進めていく。道中もジャンダルムの後ろでしっかりと我慢する福永的な競馬で3角に入っていく。3~4角でジャンダルムが動いた段階でその後ろからじわっと促していくが前の加速が速いので4角では手が動いてジャンダルムの外からダノンの後ろのラインを狙って直線。序盤で追い出されるがやっぱりここでの伸びが甘い。それでもL1で坂の上りから伸びを見せると最後はダノンとの差も詰め2列目を切り裂いて単独2着に。

まあ、これで良しとするか否かは難しいところだが、これだとダノンに負けるよね、っていう競馬だったのは間違いない。ジャンダルムを意識してジャンダルムが動いてからの仕掛け、という形。ただ向こう正面では緩い流れ3角でもまだ12.8と遅い地点から4角以降で加速していく過程になるわけで、エンジンの掛かりが遅いこの馬が12.8-11.7-11.0と一気に4角以降で加速していく流れに対応できるはずもないかなと。なので3角の地点ではダノンが勝ったなと確信をもって見れた。まあ、前哨戦だからね。賞金が足りていてこれでいい馬だから、この乗り方でも良いといえばいいんだけど、勝ち負けという観点で見るともうちょっと勢いをつけて3角に入ってやらないとこの馬としては難しいと思う。それで勝てたかどうかは別やけど。それぐらいダノンが強かったからね。皐月賞は流れるからそんなに心配していないけど、ダービーを考えるとこの敗因をしっかりと踏まえて入っていく必要がある。追い切りはこの馬の比較でよくなっていたと思うし成長もしている印象だけどね。

3着ジャンダルム(武豊)

3番枠から好発を切ったが控えつつ外の2頭を行かせて上手く3列目で進めていく。道中も前にリビーリングを入れて壁を作りながら楽に折り合って3角。3角手前で遅いとみたかダノンの後ろを追いかけつつ一列上げて2列目、4角でリビーリングを交わしつつ、ダノンの内を通して1馬身差ないぐらいで直線。序盤で前にスペースがある状況から追われてそれなりに伸びるが前も速いので追いつけず1馬身半ほどに離される。L1では更に外からワグネリアンに来られたがそれでもしぶとく伸びて前のサンリヴァルは交わしての3着確保だった。

まあ思ったよりはL1で伸びてくれたかなという感じ。もうちょっと要所でスッと動いてくれれば言うことなかったけど、その辺りはダノンはもちろんサンリヴァルも手強かったというところかな。単純にキレ負けしたかもしれないし。2000は気持ち長いとは思っていたんだが、L1でこれだけ頑張れればメンツ次第なら十分こなせると思う。ハイレベルでとなるともうちょっと流れないとと思うが、そうなったとしてもダノンプレミアム、ワグネリアンともに強いと思う、タイムフライヤーもいるからその差はなかなか詰まらない。現時点ではやっぱりクラシック戦線では結構恵まれないと難しいと思う。

4着サンリヴァル(藤岡佑)

10番枠からまずまずのスタート、そこからダノンが良いスタートだったのでそれを交わしてという形でハナを取り切る。道中も単騎で進めて楽なペースと理想的だったがそこで油断したか3角でペースを落としてここでダノンに楽に取り付かれてしまう。そのまま4角以降は最内を通して仮想していくがダノンも楽についてきて直線。序盤で先頭をキープするのは難しくキレ負けして恐らく半馬身ほど後退。L1でもしぶとく踏ん張りたかったが最後は下がって3着争い僅差見劣っての4着となった。

ん~勿体ないなあという感じ。向こう正面ではこれは頭まであるかもと思ってみていたんだが、結局L4の3角地点で後ろが離れていることで仕掛けるどころか緩いのに逆にペースを落としてしまった。ここでダノンなんかは馬なりで取りついてまったしそれによって後ろの各騎手の仕掛けのポイントになってしまったという感じ。L2では上手く出し抜くラップを踏めたともいえるが逆に言えばあまりに3F勝負にシフトしすぎたことで質的なレベルを要求されてしまっている。4角の段階でリードが無い状況で直線ヨーイドンでは流石に絶対量で見劣る。芙蓉Sのレベルならそれで良かったと思うが、今回みたいにトップスピードの質、持続力両面が高い馬に対して運ぶならリードを簡単に詰めさせないように、もう少し4~5F使って段階的に上げていく意識が欲しかった。ペース自体が早ければともかく単騎でスローなわけで、昨年のノリのマイスタイルの様に中盤以降でしっかりと段階的に動けば後ろもなかなか動けないから後続の仕掛けももっと待たされたと思う。しかも馬場が外有利になっていてダノンが外をまわしたことで各馬も内のスペースを通しながら進路を作れたからそういった面でも不運ではあったかな。まあそれでも全体的に見れば上手く乗ってはいると思う。今回は素材的に相手が強かった中で、もうちょっと仕掛けを分散しながら段階的に運べたらという感じかな。鞍上がノリなら変わってきそうな感じはある。結果から言えば中山を知っている田辺のままでよかったかもなあ。この馬は明確にダービー向きなんだよね。皐月賞でペースが上がった時に対応できるかは未知数だがルーラーの仔はあまり中距離的基礎スピードを見せてくる馬は少ない印象。後半の総合力はかなりのものなので、ダービーでスローで前目からの一足となれば圏内での怖さはある。地味なんだけど、今回も馬場が悪そうな内を立ち回っての僅差4着だから、ダノンとか強敵との比較ではともかく馬券的には侮れないね。

5着リビーリング(戸崎)

4番枠からまずまずのスタート、そこから出して行こうとするが外の2頭が速いので諦めて控えて単独の3番手。道中もダノンの後ろでコントロールしながら壁を作って進めていて悪くない入り方で3角。3角で前がペースダウンする中ダノンが馬なりで取り付くのに対してこちらは2列目の内内で我慢を選択。4角でダノンが競ってくれたのでペースアップするがここで動けずにジャンダルムに交わされて直線。序盤で置かれてL1でもジリッと下がっての5着完敗。

人馬ともに特に見所のない競馬だったかな。前には行けたけど、4角以降の加速の流れに全然ついていけなかった。ジャンダルムなんかも前2頭と比較するから地味だったけど、結局前で頑張った1,3,4着馬はここで動けてるんだよね。そこに決定的な差があったと思う。正直前とはサンリヴァルと比較しても差が小さくない負け方で、クラシック戦線でどうこうというのはちょっと難しい。

7着オブセッション(ルメール)

こちら

 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。

 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

 

 

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

 

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

 

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

 

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

 

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※

重賞予想解説者:北条直人

 

↓↓

 

【結果】
——————————–
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
——————————–
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓
うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%

=========================================うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%

=========================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%

=========================================

一般的に三連単は平均10%と言われているので、
平均の約3~4倍、、

 3回に1回は三連単が当たっていました!

 

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】

 

 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。
週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。