競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

チューリップ賞 2018 レース回顧・結果:ラッキーライラック、更に強くなりスキなし完勝

time 2018/03/04

毎週日曜の22:00からツイキャスで東京新聞杯など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018チューリップ賞(GII)レース回顧・結果

阪神芝外1600m良

1:33.4 47.5-45.9 S^2
12.6 – 11.2 – 11.6 – 12.1 – 12.0 – 11.7 – 10.7 – 11.5

阪神はかなりの高速馬場状態で行われ時計もペースが遅かった中でなかなかの好時計。1.6でかなりのスローに突入、ラップ推移的にもL2最速で10.7と仕掛けどころはやはり前哨戦らしく遅かった。直線勝負のウエイトが大きいかな。阪神JFよりも後半の決め手を問われていると思う。トップスピードの質が無いとどうしようもないし、何より前半のポジションが大きかったかな。

1着ラッキーライラック(石橋脩)

5番枠から好スタートを切って先行争いに加わってしまうレベル。そこから控えてしっかりと単独の3番手をとるが折り合いも楽で前を行かせて理想的な競馬。3~4角でも前が離して逃げる中で最内を立ち回りながら後ろの仕掛けを待って2馬身差、直線で外に持ち出す。序盤でもまだ前2頭を相手に様子を見ながら仕掛けるレベルで一気に先頭に立つ。そのまま脚色は衰えさせず、2馬身差の完勝だった。

この馬は意外と軽い馬場の方が良いのかもしれんね。バランス的によりスローになった中でこれだけL2で切れる脚を楽に引きだせているし、ポジションを取れたのも良かったけどここまで圧倒してくるとは、という感じ。JFの時より1段強くなってる。これはもしかしたらオルフェーヴルの成長力というやつかもしれん。それと、もう一つ特筆すべきなのがペースダウンの上手さ。好発をあそこまで切ってしまったのは多分想定外だったと思うし、逃げ争いに絡まれる形で下げた。普通ああいう形でコントロールすると馬の気性にスイッチが入ってしまっても驚けないがそれが無かった。楽に前2頭を行かせて自身は単独の3番手、前に壁を置くわけでもないのに折り合っていた。この感じなら前半のポジションを取っていけるし、これは桜花賞ではさほど影響はないがオークスに向けては非常に大きな材料になったかなと。個人的にはまだ強敵はいると思っているけど、少なくとも適性面で見て桜花賞もオークスもこの馬が中心となるのは間違いないと思う。オークスまで含めて全く不安がない。この時期でパフォーマンスを上げてきたんだから大したもん。

2着マウレア(武豊)

4番枠からまずまずのスタートを切って促していくが二の足が遅いので無理はせずに好位、下がってきたラッキーライラックを前に置いて見るような形で進めていく。3~4角でもラッキーの直後で完璧にロスなく立ち回って3列目で直線。序盤でラッキーが外に出したので一瞬迷ったがラッキーの後ろを待ってそこから追いだしリリーに並びかける。L1ではリリーノーブルとの叩き合いを制して2着を確保した。

3着と2着ではえらい違いで、この馬の場合桜花賞の権利もだが本賞金が900万と足りなかったことを考えるとオークスまで含めて出られるようになったのは大きい。豊としてはいい仕事、という感じかな。ラッキーライラックを目標にして直線勝負で突き放されてL1も優位性を取れなかったように、現状では明らかに見劣る。またオークスまで含めてもラッキーはポジションを取れてペースダウンができてしまったので付け入るスキはなくなってしまったかなと。勝負づけがついた一戦…となる。ただこの馬比較で見ればやっぱりクイーンCはオーバーペースだったと思うしゆったり運んで良さが出た。ポジションをラッキーより前にとっても差されると思うがオークスでは上手く立ち回れば圏内も狙えるというところ。桜花賞はちょっと厳しいと思う。

3着リリーノーブル(川田)

9番枠から五分には出てそこから促しつつポジションを取って好位。ラッキーライラックが下がってきた中でそれを目標に進めていく。道中も少し掛かり気味かなという程度だが、ペースがかなり遅いのである程度仕方なし。3~4角でもラッキーを目標にしながら仕掛けを待って直線で外。序盤で追い出されるがラッキーとの差は広がって2列目。L1でも甘くなってマウレアに差されての3着。

まあ賞金は足りているから余裕もあったんだろうが、それでもここでこれだけの差をラッキーライラックに見せつけられてしまうと流石に…というところはあるね。伸びしろというてんではこの展開で休み明けでマウレアといい勝負ができたなら本番はこちらの方がワンチャンスはあるかも…だがどちらもラッキーライラックとの比較で見れば完敗。要所の反応でもラッキーの方が上だったし仕掛けを待っておいてL1まで差を見せつけられてしまったからね…。

4着サラキア(池添)

10番枠から出遅れて最後方からの競馬。道中促してリカバーするかなと思ったが少し掛かり気味だったこともあったか後方で我慢して3角。3~4角でも後方外から促しながらだがなかなか反応できないまま直線。序盤で中目を突いてそれなりには伸びてくるが少し狭い。L1で2列目との差を詰めてほしかったがイマイチ伸び切れずの4着完敗だった。

出遅れは痛かったけど、流石にラッキーライラックにはそれだけの問題ではない。まあ2,3着との差は今後ゲートを克服することでかなり詰められそうだけど、現時点ではまだちょっと難しいかな。新馬は良かったが流石にこの高速馬場でとなると思ったより反応面でも良くなかったので、まだまだこの辺りを詰めないといけない。まあここで変に権利を取って桜花賞を使うぐらいなら距離を延ばしてほしいと思っていたので忘れな草賞やフローラS辺りを使った方が最終的には良いと思う。ゲートを克服すれば距離延長でちょっと化けるかもと思っているので、オークス路線では警戒しておきたい。今回は相手が悪すぎた。

5着レッドランディーニ(浜中)

6番枠からやや出負けして無理せずに後方でという競馬。道中も後方馬群の中でジッとして3角。3~4角でも後方最内で我慢して最後方近くで直線。序盤でそこから捌いてスペースを取って伸びかけるがジリジリ。L1まで決定的に伸びることはなくなだれ込んでの掲示板確保。

競り合いでサラキアには見劣っているし、前半のポジショニングでもゲート、二の足含めて足りなかったのでまあ順当といえば順当な負け方。後半の脚自体は悪くないので、後は距離延長してポジションを取れるかどうかというところでどこまでこの差を詰めてこられるか、という感じかな。使ってきているのもあるからなあ、サラキアの方が伸びしろも大きそうで、オークスまで延ばしたとしても上位争いするにはももう一段階上げてこないといけない。

6着シグナライズ(ルメール)

8番枠から五分に出たが二の足がイマイチで下がって後方。道中もリリーノーブルの後ろで悪くない位置まで持って行って3角。3~4角でもリリーの後ろをぴったりマークして中団で直線。序盤でそこから追いだされるが反応が鈍くリリーに離されるし後ろのサラキア、レッドに並ばれ見劣る。L1でも甘く完敗の6着。

本当に良い脚はそんなに使えないタイプで、スローで高速馬場で決め手勝負ってなっちゃうとね。前半無理して良いタイプではないと思う(紅梅S)し、かといって溜めても本当に良い脚は一瞬だから難しい。現時点では単純に地力が足りないと思うわ。条件を変えるなりしないとこのレベルでは戦えない。前半も後半も足りないからね。どこかを詰めないと。

■■■■■■■■■■■■■■■
“大魔神”の愛称でお馴染み!

シュヴァルグランがジャパンCを
制してGI5勝目を上げた
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
の【金鯱賞・最終結論】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。